数十分で…°・🐠
色塗ってないし所々おかしい…やっぱりデジタルは苦手だぁ…🐟
pawoo.net/media/JQdqwKBypAPN_1

今日のワンドロのお題侍ですか
申し訳ないが侍については全く知識がない

書きかけてた小説、保存のし忘れで全部パーになった(ブチギレ

FF外の人が僕のトゥートをブーストしても僕の方には通知来ないのかな?なんかそれ超恥ずかしいからちょっと出てこい

フォロバ失礼しました🐟
たまに僕のツイートをいいねして下さっていたので、完全初見って訳ではないですね🌱
基本見る専なのでツイー…もとい普段のトゥート内容はたいしたことないですのでご注意ください🐟

フォローありがとうございます🐟
あっとの付け方分からなくてあれ付けられないけど(?)

やっぱり時間制限あった方が良いもの書けてる気がする
縛られるのは好きだけど、まさか創作面でも縛られるのが好きとは…

語彙力がないから不安すぎる
それにこの鍵マークってフォロワ様限定みたいなのでしょ?付けといた方が良かったかもなぁ…恥ずかしい

タグのやり方が最初分からなくて変なんなったから上げ直した。
これエンターで追加ってあって押したら入力したタグ消えちゃったからさ…訳分からなくなって…

書けたけど500文字以内に収まらなかった。ああオワタ…

桐まひん/杏子
通称杏ちゃん
設定
身長150cm
体重46㎏
普段は死んだ魚の目をしながらボーッとしている
戦闘時は機械的に動き
非効率な動作は全て切り捨て、最高効率の動作のみを選ぶ
闇魔道剣士見習い
期待の新人(?)でもある

基本的には人見知り
無理に近づこうモノなら威嚇する
そして相手の顔を一生忘れない
チャラ男が嫌いなのは明白
懐かれると、隣に居たのが何時の間にか去っていたりする
何を考えているか分からない系女子

漆黒のドレスに、肘まである長手袋、宝石を散りばめたネックレス。
普段編み込んでいる桃色、いや、改めて見るとやや紫色に見える髪を下ろし
半刻前まではブレストプレートに大振りなブロードソードを振り回していて
女性らしさとは縁の無かった彼女の変貌ぶりに私は驚きを隠せなかった。
中身もこのまま、貞淑な貴族の女性に相応しい振る舞いを続けられれば良いのだが
気恥ずかしそうに彼女は私にチラチラと視線を向ける。
「とても綺麗ですよ」
素直にそう漏らすと彼女の顔はカァと紅潮してゆく。
…これは良くない傾向だ。
「馬子にも衣装とは言いますが、本当に見事なものですね。そのドレス」
「一言多いわよ、ばか」
先刻までの女戦士の顔付きに戻る、これでいい。万が一正体が露見しては台無しだ。
その為には戦場と同じ様に平常心を保って貰わねば。
「くれぐれも長居はなされぬ様に。そして、“あの方”をお連れして下さいね」
「はいはい、解ってるわよ」
そう言うと彼女は舞踏会の会場に入っていった。
私は知らず知らずのうち溜息を漏らし、淋しさを覚える。
「平常心が必要なのは、私も同じですね」

ふーやーちゃん無茶苦茶難しいね
つり目の癖に穏やかさがある
それは口角によるモノだと識別できる
髪も特徴的…

Show more
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!