ケンタシノリ @kenta_konomi@pawoo.net

Pinned Toot

『左利きの次郎兵衛』第3話 母ちゃんの子守唄とおねしょ小僧

◎プロット
★シーン1
 次郎兵衛は、手前にある高屋川のほとりに座って握り飯を食べていた。おつるが丹念に作ってくれただけあって、次郎兵衛は左手で持ちながら食べている。
 食べ終わった次郎兵衛は、その場で着物を脱いでふんどし1枚の姿になった。そして、次郎兵衛は着物と刀を右手で大事に抱えながら高屋川を歩きながら渡った。
 対岸まで渡り切った次郎兵衛だったが、そのとき何やら殺気らしきものを感じた。
 三度笠を外すと、そこには目の前からならず者たちが急襲してきた。間一髪でかわした次郎兵衛は、すぐさま鞘から刀を左手で引き抜いた。
 次々と現れたならず者連中に、次郎兵衛は自らの刀で縦横無尽に斬っていった。地面に次々と倒れた屍に、残ったならず者たちは怒りをにじませながら去っていった。
 次郎兵衛は再び着物を身に着けると、右腰に刀を差して再び歩き出した。左手に法泉院が見えると、この先には高屋宿の入口がある。
 しかし、高屋宿は天領と呼ばれる幕府の直轄地である。

Pinned Toot

『柿五郎の妖怪退治~ぼくのかあちゃを助けに行くぞ!』
 柿五郎は5歳になっても、幽霊や妖怪が恐くて便所から逃げ出してしまいます。そして、毎日のようにおねしょやおもらしをやってしまいます。
 そんなある日、柿五郎は魔の山へ入ったまま帰ってこないお母さんを探しに行きましたが…。

pixiv.net/series.php?id=814430
ncode.syosetu.com/n3503dn

Pinned Toot

『ユメルサ~アイドルグループの正体はアナウンサー!?~』
 夢宮和実は、今年入社したばかりの新人女性アナウンサー。ある日、同期の猿川加世と湯沢さゆ子といっしょに入った喫茶店で和実は自分の思いのたけをぶつけた。それは、一旦はあきらめたアイドルにもう一度なりたいというものである。これを聞いた加世とさゆ子は驚いた表情を見せたが、和実の熱心さに2人もいっしょに協力すると約束した。
 すると、これを聞いた喫茶店のマスターが3人でご当地アイドルグループを結成したらどうかと提案してきた。その喫茶店のマスター、実はかつて大手芸能事務所で女性アイドルのマネージャーだったが…。

ncode.syosetu.com/n8812ds/

Pinned Toot

pixivにてオリジナル小説「《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん」をアップしました! 突然の高熱にうなされて寝込んでしまった敬太くんですが……。

《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん 第6章(7)
pixiv.net/novel/show.php?id=92

Pinned Toot

『左利きの次郎兵衛』第2話 宿場町にうごめく闇(その8-7)

「次郎兵衛さん、何も再び旅に出なくても……」
「おつるの気持ちはよく分かる。でも、わしはおつるたちに再び危険な目に遭うのを見たくないのだ」
 別れがつらいのは、次郎兵衛もおつるも同じである。次郎兵衛は、そんなおつるの気持ちに寄り添いながら語りかけた。

 次郎兵衛が板の間から下りようとすると、亀蔵とおつるがお礼を兼ねて声を掛けてきた。
「本当なら、この亀島屋を継がせたかったけど……。別れるのは寂しいけど、次郎兵衛さんの意思を尊重しようか」
「ほんのささやかな気持ちだけど、握り飯を作ったから持っておいで」
 次郎兵衛が受け取ったのは、竹の皮で包まれた握り飯である。これだけあれば、旅の途中での腹の足しになるはずである。
「亀蔵とおつるのこと、絶対に忘れないようにするから」
 次郎兵衛は、2人との別れを惜しむように亀島屋から出てきた。
「それにしても、1枚の紙きれで人生の明暗が分かれるとは……」
 次郎兵衛は世の中の無常さを感じながら、終わりなき旅をするために矢掛宿を後にした。

『左利きの次郎兵衛』第6話 百貫島に潜む海賊連中との最後の戦い(その3-3)

「それにしても、これだけ木々も草むらも繁っていれば……」
 次郎兵衛はその場で一息ついたが、その間も敵のほうは草むらに隠れながら息を潜めている。なぜなら、海賊たちにとって好都合と言える場所は瀬戸内海の島々にほとんど存在しないからである。
 その辺りのことは、次郎兵衛も警戒を怠らない。けれども、次郎兵衛がいる場所は木々が繁っている上に草むらに覆われた山道の途中である。
 次郎兵衛が左足を1歩踏み出そうとしたとき、草むらから海賊たちがいきなり現れては刀でいきなり襲いかかってきた。
 突然の襲撃に、次郎兵衛は不意を突かれそうになったが、敵の動きを見ながら何とかかわすことができた。
「いきなり襲いかかるとは……。どういう意味なんだ」
 次郎兵衛は冷静さを保ちながらも、海賊連中を前に刀を握りながら構えている。

pixivにオリジナル作品『真夜中のこわいお化けと水助くんのおねしょ』その5(最終回)をアップしました! 10才になってもおねしょが治らない水助くんは、お化けが恐くて夜中に便所へ行ってもすぐ逃げ出します。
pixiv.net/novel/show.php?id=10

pixivにオリジナル作品『真夜中のこわいお化けと水助くんのおねしょ』その5(最終回)をアップしました! 10才になってもおねしょが治らない水助くんは、お化けが恐くて夜中に便所へ行ってもすぐ逃げ出します。
pixiv.net/novel/show.php?id=10

『左利きの次郎兵衛』第6話 百貫島に潜む海賊連中との最後の戦い(その3-2)

 そんなとき、次郎兵衛は周囲に敵らしき男たちの気配を感じた。
「この目では見えなくても、あの連中が近づいているのは間違いないようだ」
 次郎兵衛は、草むらに足を取られてうまく体勢を取ることができない。そんな状況の中、敵の動きを見図ると右腰から素早く刀を抜いた。
 すると、海賊連中が草むらの中からいきなり姿を現した。突然の急襲であるが、次郎兵衛は決して動じる様子を見せることはない。
「おれたち海賊がいるのに、こんなところを通るとは……」
 海賊たちは刀を振り下ろそうとするが、その前に次郎兵衛によって次々と斬り倒された。しかし、これで終わったわけではない。
 次郎兵衛の背後からは、静かに忍び寄る敵が刀を抜いて上から振り下ろそうとしている。その様子に気づいた次郎兵衛は、振り向きざまに3人組の海賊を縦横無尽に斬りまくった。
 海賊たちの屍は草むらの中へ沈んだので、次郎兵衛の目から直接見ることはできない。

pixivにオリジナル作品『真夜中のこわいお化けと水助くんのおねしょ』その5(最終回)をアップしました! 10才になってもおねしょが治らない水助くんは、お化けが恐くて夜中に便所へ行ってもすぐ逃げ出します。
pixiv.net/novel/show.php?id=10

pixivにオリジナル作品『真夜中のこわいお化けと水助くんのおねしょ』その4をアップしました! 10才になってもおねしょが治らない水助くんは、お化けが恐くて夜中に便所へ行ってもすぐ逃げ出します。
pixiv.net/novel/show.php?id=10

pixivにてオリジナル小説の『左利きの次郎兵衛』第6話(その2)をアップしました。
次郎兵衛の左利きから繰り出す痛快なアクションにご期待ください!

左利きの次郎兵衛 第6話(その2)
pixiv.net/novel/show.php?id=10

『左利きの次郎兵衛』第6話 百貫島に潜む海賊連中との最後の戦い(その3-1)

 海賊連中を倒した次郎兵衛だが、険しい顔つきはまだ緩めることはできない。口髭の男が言った警告は、百貫島にまだ多くの海賊たちが潜んでいるという意味合いを持つものである。
「周りに敵がいないのか確認しないといけないな」
 次郎兵衛は、自分の周囲を警戒しながら再び歩き出した。百貫島は、断崖に囲まれているので敵の潜伏に都合のいい場所である。
 砂浜の目の先には、木々や草むらが無数に覆われている。次郎兵衛が見る限り、島の頂上まで行く道はここしかない。
「これだけ条件の悪いところだと、悪事を繰り返す海賊たちにとっては好都合だろうな」
 次郎兵衛は、木々や草村をかけ分けながら山道へ入ることにした。しかし、あまりにも多い木々を前に行く手を阻まれることになった。
 それでも、ここで立ち止まるわけにはいかない。
「1歩ずつ歩くのも苦労するとは……。草がわしの膝上まで伸びているし」
 次郎兵衛は、海賊が潜んでいるかどうか確認しようと深い草むらを歩き続けている。

pixivにてオリジナル小説の『左利きの次郎兵衛』第6話(その2)をアップしました。
次郎兵衛の左利きから繰り出す痛快なアクションにご期待ください!

左利きの次郎兵衛 第6話(その2)
pixiv.net/novel/show.php?id=10

pixivにオリジナル作品『真夜中のこわいお化けと水助くんのおねしょ』その4をアップしました! 10才になってもおねしょが治らない水助くんは、お化けが恐くて夜中に便所へ行ってもすぐ逃げ出します。
pixiv.net/novel/show.php?id=10

pixivにてオリジナル小説の『左利きの次郎兵衛』第6話(その2)をアップしました。
次郎兵衛の左利きから繰り出す痛快なアクションにご期待ください!

左利きの次郎兵衛 第6話(その2)
pixiv.net/novel/show.php?id=10

pixivFANBOXで連載小説「宇宙クルーズ船『The Earth』」第39話を公開しました! 第1話から全て無料でまとめて読むことができます!
pixiv.net/fanbox/creator/72099

pixivにオリジナル作品『真夜中のこわいお化けと水助くんのおねしょ』その4をアップしました! 10才になってもおねしょが治らない水助くんは、お化けが恐くて夜中に便所へ行ってもすぐ逃げ出します。
pixiv.net/novel/show.php?id=10

『左利きの次郎兵衛』第6話 百貫島に潜む海賊連中との最後の戦い(その2-5)

 双方とも相手の隙を見つけようとするが、刀同士がぶつかり合って膠着状態に陥っている。
 一進一退の状態が続く中、次郎兵衛は口髭の男の動きに隙があることを見抜いた。そして、次郎兵衛は左利きから繰り出した刀で相手をバッサリと斬っていった。
「おまえさんよ、脇が甘いことに気づかなかったようだな」
「貴様……。ここにはわしの頭領がいることを忘れては……」
 口髭の男はその場で倒れると、次郎兵衛に警句を発しようと口を開いた。それは、次郎兵衛を生きて帰らせないという海賊連中の総意が込められている。
 男は必死に口を開けようとしたが、最後まで言うことなくその場で息絶えることになった。次郎兵衛は、その男の屍を見て手を合わせている。
「もし、海賊連中に出会わなかったら、普段通りに漁を行っていたはずなのだが」
 次郎兵衛に襲いかかった敵の連中だが、元々は島々で暮らす漁民であったはずである。その漁民が、海賊として別の漁民を襲うということに次郎兵衛は自問自答している。

pixivFANBOXで連載小説「宇宙クルーズ船『The Earth』」第38話を公開しました! 第1話から全て無料でまとめて読むことができます!
pixiv.net/fanbox/creator/72099

『左利きの次郎兵衛』第6話 百貫島に潜む海賊連中との最後の戦い(その2-4)

 しかし、ここで口髭の男は次郎兵衛を斬ろうといきなり刀を振り下ろした。これを見た次郎兵衛は、相手の動きに反応しながら、自らの刀で相手の刀を食い止めた。
「よくも、おれたちの島に土足で入りやがって……」
「やはり、この島は海賊連中が潜伏しているのか」
 次郎兵衛が潜伏場所と睨んでいたこの島は、口髭の男が発した言葉によって確信へと変わった。口髭の男は、次郎兵衛を鋭い目で見つめながら発言を続けた。
「おれたちはなあ、この百貫島を本拠に瀬戸内海全域を暴れ回っているんで……」
 自分たちの思うままに瀬戸内海の島々を次々と襲う敵の手法は、次郎兵衛にとって到底許すことができないものである。

pixivにオリジナル作品『真夜中のこわいお化けと水助くんのおねしょ』その3をアップしました! 10才になってもおねしょが治らない水助くんは、お化けが恐くて夜中に便所へ行ってもすぐ逃げ出します。
pixiv.net/novel/show.php?id=10

pixivにオリジナル作品『真夜中のこわいお化けと水助くんのおねしょ』その3をアップしました! 10才になってもおねしょが治らない水助くんは、お化けが恐くて夜中に便所へ行ってもすぐ逃げ出します。
pixiv.net/novel/show.php?id=10

『左利きの次郎兵衛』第6話 百貫島に潜む海賊連中との最後の戦い(その2-3)

 次郎兵衛の言葉は、明らかに力が劣る相手を端的に表すものである。しかし、その言葉は海賊連中の怒りに火をつけることになった。
「貴様! おれたちの前で好き勝手言いやがって……。早く斬れ! 斬ってしまえ!」
 口髭の男が怒りに任せて発するのを見て、海賊たちは集団で襲いかかろうとした。
「ようやく本気を出してきたか……」
 次郎兵衛は、一斉にやってきた敵を相手に刀を握りしめた。そして、海賊たちを縦横無尽の立ち回りで斬りまくった。
 砂浜の上には、次々と斬られて命が絶えた海賊たちの屍が転がっている。そんな中でも、残った海賊たちは次郎兵衛を始末しようと躍起になっている。
 次郎兵衛は決して表情を変えることなく、敵の動きを読みながら次々と斬り倒した。
 木舟から出てきた海賊連中で、まだ残っているのは口髭の男ただ1人である。次郎兵衛が左手で持った刀を突き出すと、口髭の男は後ずさりしながら波打ち際まで下がった。

pixivにオリジナル作品『真夜中のこわいお化けと水助くんのおねしょ』その3をアップしました! 10才になってもおねしょが治らない水助くんは、お化けが恐くて夜中に便所へ行ってもすぐ逃げ出します。
pixiv.net/novel/show.php?id=10