ケンタシノリ @kenta_konomi@pawoo.net

Pinned Toot

『左利きの次郎兵衛』第3話 母ちゃんの子守唄とおねしょ小僧

◎プロット
★シーン1
 次郎兵衛は、手前にある高屋川のほとりに座って握り飯を食べていた。おつるが丹念に作ってくれただけあって、次郎兵衛は左手で持ちながら食べている。
 食べ終わった次郎兵衛は、その場で着物を脱いでふんどし1枚の姿になった。そして、次郎兵衛は着物と刀を右手で大事に抱えながら高屋川を歩きながら渡った。
 対岸まで渡り切った次郎兵衛だったが、そのとき何やら殺気らしきものを感じた。
 三度笠を外すと、そこには目の前からならず者たちが急襲してきた。間一髪でかわした次郎兵衛は、すぐさま鞘から刀を左手で引き抜いた。
 次々と現れたならず者連中に、次郎兵衛は自らの刀で縦横無尽に斬っていった。地面に次々と倒れた屍に、残ったならず者たちは怒りをにじませながら去っていった。
 次郎兵衛は再び着物を身に着けると、右腰に刀を差して再び歩き出した。左手に法泉院が見えると、この先には高屋宿の入口がある。
 しかし、高屋宿は天領と呼ばれる幕府の直轄地である。

Pinned Toot

『柿五郎の妖怪退治~ぼくのかあちゃを助けに行くぞ!』
 柿五郎は5歳になっても、幽霊や妖怪が恐くて便所から逃げ出してしまいます。そして、毎日のようにおねしょやおもらしをやってしまいます。
 そんなある日、柿五郎は魔の山へ入ったまま帰ってこないお母さんを探しに行きましたが…。

pixiv.net/series.php?id=814430
ncode.syosetu.com/n3503dn

Pinned Toot

『ユメルサ~アイドルグループの正体はアナウンサー!?~』
 夢宮和実は、今年入社したばかりの新人女性アナウンサー。ある日、同期の猿川加世と湯沢さゆ子といっしょに入った喫茶店で和実は自分の思いのたけをぶつけた。それは、一旦はあきらめたアイドルにもう一度なりたいというものである。これを聞いた加世とさゆ子は驚いた表情を見せたが、和実の熱心さに2人もいっしょに協力すると約束した。
 すると、これを聞いた喫茶店のマスターが3人でご当地アイドルグループを結成したらどうかと提案してきた。その喫茶店のマスター、実はかつて大手芸能事務所で女性アイドルのマネージャーだったが…。

ncode.syosetu.com/n8812ds/

Pinned Toot

pixivにてオリジナル小説「《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん」をアップしました! 突然の高熱にうなされて寝込んでしまった敬太くんですが……。

《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん 第6章(7)
pixiv.net/novel/show.php?id=92

Pinned Toot

『左利きの次郎兵衛』第2話 宿場町にうごめく闇(その8-7)

「次郎兵衛さん、何も再び旅に出なくても……」
「おつるの気持ちはよく分かる。でも、わしはおつるたちに再び危険な目に遭うのを見たくないのだ」
 別れがつらいのは、次郎兵衛もおつるも同じである。次郎兵衛は、そんなおつるの気持ちに寄り添いながら語りかけた。

 次郎兵衛が板の間から下りようとすると、亀蔵とおつるがお礼を兼ねて声を掛けてきた。
「本当なら、この亀島屋を継がせたかったけど……。別れるのは寂しいけど、次郎兵衛さんの意思を尊重しようか」
「ほんのささやかな気持ちだけど、握り飯を作ったから持っておいで」
 次郎兵衛が受け取ったのは、竹の皮で包まれた握り飯である。これだけあれば、旅の途中での腹の足しになるはずである。
「亀蔵とおつるのこと、絶対に忘れないようにするから」
 次郎兵衛は、2人との別れを惜しむように亀島屋から出てきた。
「それにしても、1枚の紙きれで人生の明暗が分かれるとは……」
 次郎兵衛は世の中の無常さを感じながら、終わりなき旅をするために矢掛宿を後にした。

夜暗の忍 第5話(その2-1)

 清蔵は、自ら手掛けた鞘を納品しようと武家屋敷へ向かうところである。
「あの深編笠の男、どうやって正体をつかむべきか……」
 今回の偵察対象となる侍らしき男の素顔は、深編笠に覆われて謎に包まれたままである。
「まずは、深編笠の男がどこに現れるのか探りを入れないと」
 神田川に掛かる新橋を渡ると、清蔵は新原から七曲の細い通りへ曲がってから甚内橋へ足を進めている。
 甚内橋を通ってすぐのところに、清蔵の取引相手となる武家屋敷があった。
「ここが梅松正五郎の屋敷か……」
 清蔵は、門番にその旨を伝えてから屋敷の玄関へ向かった。

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんは、お母さんと2人で畑の中にあるスイカをとっています。小助くんが大きなスイカをお母さんのところまでもってくると、こんどは木ぐわで畑をたがやそうと……。

小助くんの小さなぼうけん『スイカ畑でのお手つだい』
pixiv.net/novel/show.php?id=11

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! リスの兄弟が木の上にいるのを見つけた小助くんは、大きな木にしがみついてのぼろうとしますが……。

小助くんの小さなぼうけん『スイカ畑でのお手つだい』
pixiv.net/novel/show.php?id=11

夜暗の忍 第5話(その1-6)

「あの男の正体をつかまないことには始まらないし」
 2人が口にした方針に、元締は忍たちに伝えるべき事柄を発した。
「お前らがどう行動するかはとやかく言わない。くれぐれも、忍の掟を破るようなことをしてはならんぞ」
 元締の言葉を聞いて、2人の忍は生半可な気持ちでやれるほど裏の仕事は甘くないと改めて感じることとなった。

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! リスの兄弟が木の上にいるのを見つけた小助くんは、大きな木にしがみついてのぼろうとしますが……。
pawooでは最新話の冒頭部分を掲載いたします!

小助くんの小さなぼうけん『スイカ畑でのお手つだい』

 夏の暑い日ざしにてらされる中、小助はお母さんといっしょにスイカをとりに畑へ行っています。畑には、大きなはっぱにおおわれたスイカがたくさんみのっています。
「かあちゃ! かあちゃ! やりたい! やりたい!」
 お母さんがスイカをとっているのを見て、小助も自分でやりたいとはっぱの中にあるスイカに手をのばしました。
「よいしょ、よいしょ」
 小助はスイカを取ると、あまりのおもさに自分の体でうけとめようとします。そのようすに、お母さんは小助にやさしく声をかけようとします。
「小助くん、大じょうぶかな?」

続きが見たい方はこちらをチェック!
pixiv.net/novel/show.php?id=11

pixivに新作イラスト『おねしょしちゃった小助くん』をアップしました! 人間のお母さんのおっぱいのみならず、クマやオオカミのおっぱいをのんでいる小助くんは、きょうもおふとんにげんきなおねしょをやってしまいました(^^)。
pixiv.net/member_illust.php?mo

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! リスの兄弟が木の上にいるのを見つけた小助くんは、大きな木にしがみついてのぼろうとしますが……。

小助くんの小さなぼうけん『森の中の先生』
pixiv.net/novel/show.php?id=11

夜暗の忍 第5話(その1-5)

 忍たちが互いに向かい合うように話していると、元締が2人の前に現れた。
「深編笠の男と旗本屋敷での博打か……。何かと物騒なことが立て続けに起こるとはなあ」
 元締が発する濁声は、まるで江戸市中の暗部をえぐり出すかのような声の出し方である。2人の忍は、それがどういう意味かすぐに感じ取った。
「まさか、2つの件が密接に関連しているとか……」
「深編笠の男が、あの博打にも関わっているとでも……」
 そんな2人の推測に、元締が再び口を開いた。
「2つの事柄がどのように関わっているかは、わしもまだ分からない。だが、定信に近い人物がこれらの件に関わっているとすれば……」
 元締の言葉を耳にした忍の男たちは、2つの件から優先すべきものを先に進めることに決めた。
「まずは、深編笠の男がだれなのか調べたいけど」

pixivに新作イラスト『おねしょしちゃった小助くん』をアップしました! 人間のお母さんのおっぱいのみならず、クマやオオカミのおっぱいをのんでいる小助くんは、きょうもおふとんにげんきなおねしょをやってしまいました(^^)。
pixiv.net/member_illust.php?mo

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! リスの兄弟が木の上にいるのを見つけた小助くんは、大きな木にしがみついてのぼろうとしますが……。

小助くんの小さなぼうけん『森の中の先生』
pixiv.net/novel/show.php?id=11

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! リスの兄弟が木の上にいるのを見つけた小助くんは、大きな木にしがみついてのぼろうとしますが……。
pawooでは最新話の冒頭部分を掲載いたします!

小助くんの小さなぼうけん『木のぼりのれんしゅう』

 いつものように森の中へやってきた小助は、よちよち歩きでサルがまっている大きな木へ向かってすすんでいます。
「サルさん! サルさん!」
「小助か、お前がくるのをまっていたぞ」
 サルは、小助にとって木のぼりを教えてくれる先生です。小助は、高いところまでのぼろうと大きな木にしがみつきました。
「よいしょ、よいしょ、よいしょ」
 小助は。手足をつかいながらゆっくりとのぼっていきます。その時、お母さんは近くの木にかくれながら小助のようすを見ています。
「小助くん、あんなに高いところからおちたら……」

続きが見たい方はこちらをチェック!
pixiv.net/novel/show.php?id=11

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! リスの兄弟が木の上にいるのを見つけた小助くんは、大きな木にしがみついてのぼろうとしますが……。

小助くんの小さなぼうけん『木のぼりのれんしゅう』
pixiv.net/novel/show.php?id=11

pixivに新作イラスト『おねしょしちゃった小助くん』をアップしました! 人間のお母さんのおっぱいのみならず、クマやオオカミのおっぱいをのんでいる小助くんは、きょうもおふとんにげんきなおねしょをやってしまいました(^^)。
pixiv.net/member_illust.php?mo

夜暗の忍 第5話(その1-4)

 日が暮れて暗闇に入ろうとする戌の初刻、主なき長屋の地下部屋にはいつの通りに陽と影が顔を合わせている。
 その場で、影は深編笠の男による辻斬りについて話を切り出した。
「深編笠の男の話か。それだったら、既に読み売りでもこの件が取り上げられているから、町人たちの間でも知られているぞ」
「やはりそうか」
 わずか1週間で4人もの犠牲者を出していれば、江戸市中で暮らす町人衆が不安に駆られるのも無理はない。深編笠の男が現れてから、表通りの賑わいも鳴りを潜めているという有様である。
 今度は、陽が耳にした話を影に伝えようと口を開いた。
「これはまだ噂の段階だが、ある旗本屋敷で大きな規模の博打場が開かれているという話が耳に入ってなあ」
「旗本屋敷か……。町奉行の管轄でないのをいいことに平気で博打にうつつを抜かすとは……」

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! リスの兄弟が木の上にいるのを見つけた小助くんは、大きな木にしがみついてのぼろうとしますが……。

小助くんの小さなぼうけん『木のぼりのれんしゅう』
pixiv.net/novel/show.php?id=11

夜暗の忍 第5話(その1-3)

 普段は他の人と関わることのない清蔵も、この日ばかりは志半ばで逝った文吉の冥福を祈ろうと焼香を行っている。
「若くしてこの世を去るとは……。本当にやりきれない思いだ」
 清蔵は、文吉が深編笠の男に斬られた時の様子が今でも脳裏に残っている。焼香を終えた清蔵は、僧侶と遺族に一礼してから長屋から出ようと引戸に手を掛けた。
 そんな時、葬儀に参列している鞘職人の男が清蔵に声を掛けてきた。
「文吉を殺した奴って、深編笠の男では……」
「確かにそうだが……。まさか、他の場所でもなのか?」
「それがねえ、ここ数日の間に3人が殺されたんだけど、いずれも深編笠の男が関わっているみたいだ」
 清蔵は男の話を聞くうちに、これはただ事ではないと感じ取った。なぜなら、文吉を襲った深編笠の男の正体がいまだに分からないからである。

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! リスの兄弟が木の上にいるのを見つけた小助くんは、大きな木にしがみついてのぼろうとしますが……。
pawooでは最新話の冒頭部分を掲載いたします!

小助くんの小さなぼうけん『木のぼりのれんしゅう』

 森の中でクマやオオカミといっしょに遊んでからというもの、小助は森へ行くのがいつも楽しみになってきました。
 こわいもの知らずの小助は、今日も森であそぼうとよちよち歩きで進んでいきます。小助は2本足で歩こうとがんばりますが、とちゅうでおしりをついたりしてなかなかうまく歩けません。
 それでも、小助はなかないですぐに立つと少しずつ森のほうへ近づいています。お母さんは、自分の足で歩こうとする小助のようすを後ろから見まもっています。
「こないだまで4本足で歩いていたのが、いつの間にか2本足で歩けるようになるとは」

続きが見たい方はこちらをチェック!
pixiv.net/novel/show.php?id=11

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 森のおくへすすんだ小助の前には、オオカミのむれがあらわれました。こわいもの知らずの小助くんは……。

小助くんの小さなぼうけん『オオカミのむれと小助くん』
pixiv.net/novel/show.php?id=11

夜暗の忍 第5話(その1-2)

 清蔵は、細い路地に倒れ込んだ男のところへ駆け寄った。その男は、同じ南鞘町で近くに住む文吉という鞘職人である。
「文吉! 誰に斬られたんだ!」
「深編笠を被った……男がいきなり……」
 深い刀傷を負った文吉は、相手の男の名前を言う前に息を引き取った。清蔵は、若くして屍となった男の姿に厳しい表情で立ち尽くしていた。
 その翌日、裏通りに面した文吉の長屋の前には『忌中』の張り紙が出された。
 長屋では、同居人であろう女が白い布を顔にかけられた文吉の死体に寄り添うように泣き続けている。焼香を行う南鞘町の住人たちも、涙声を上げる女房の姿を見ながら悲しみに暮れている。

夜暗の忍 第5話(その1-1)

 数多くの鞘師が集まる京橋南鞘町。秋の夕焼け空に舞う赤とんぼの姿を横目に、子供たちが裏通りの路地を走り駆けている。
「ふうっ、これで明日納品する分の鞘ができ上がったぞ」
 清蔵は、外出用で漆塗りの拵と保管用の白鞘が同数あるのを確認している。武家屋敷を持つ大名や旗本を相手にするだけに、鞘師として粗相のないように注意を払わなければならない。
 厳しい仕事であるが、相手からその腕を認められることは、鞘師としての職人冥利に尽きるものがある。
「そろそろ表通りの蕎麦屋へ行くとするか」
 長屋から外へ出て空を見上げると、そこには美しい茜空が広がっている。清蔵は、急ぎ足で表通りへ通ずる細い道に足を踏み入れた。
「暗くならないうちに行かないと……」
 そのとき、鞘職人の男が、武士らしき謎の男に正面から斬られたのを清蔵が目撃した。