ケンタシノリ @kenta_konomi@pawoo.net

Pinned Toot

『左利きの次郎兵衛』第3話 母ちゃんの子守唄とおねしょ小僧

◎プロット
★シーン1
 次郎兵衛は、手前にある高屋川のほとりに座って握り飯を食べていた。おつるが丹念に作ってくれただけあって、次郎兵衛は左手で持ちながら食べている。
 食べ終わった次郎兵衛は、その場で着物を脱いでふんどし1枚の姿になった。そして、次郎兵衛は着物と刀を右手で大事に抱えながら高屋川を歩きながら渡った。
 対岸まで渡り切った次郎兵衛だったが、そのとき何やら殺気らしきものを感じた。
 三度笠を外すと、そこには目の前からならず者たちが急襲してきた。間一髪でかわした次郎兵衛は、すぐさま鞘から刀を左手で引き抜いた。
 次々と現れたならず者連中に、次郎兵衛は自らの刀で縦横無尽に斬っていった。地面に次々と倒れた屍に、残ったならず者たちは怒りをにじませながら去っていった。
 次郎兵衛は再び着物を身に着けると、右腰に刀を差して再び歩き出した。左手に法泉院が見えると、この先には高屋宿の入口がある。
 しかし、高屋宿は天領と呼ばれる幕府の直轄地である。

Pinned Toot

『柿五郎の妖怪退治~ぼくのかあちゃを助けに行くぞ!』
 柿五郎は5歳になっても、幽霊や妖怪が恐くて便所から逃げ出してしまいます。そして、毎日のようにおねしょやおもらしをやってしまいます。
 そんなある日、柿五郎は魔の山へ入ったまま帰ってこないお母さんを探しに行きましたが…。

pixiv.net/series.php?id=814430
ncode.syosetu.com/n3503dn

Pinned Toot

『ユメルサ~アイドルグループの正体はアナウンサー!?~』
 夢宮和実は、今年入社したばかりの新人女性アナウンサー。ある日、同期の猿川加世と湯沢さゆ子といっしょに入った喫茶店で和実は自分の思いのたけをぶつけた。それは、一旦はあきらめたアイドルにもう一度なりたいというものである。これを聞いた加世とさゆ子は驚いた表情を見せたが、和実の熱心さに2人もいっしょに協力すると約束した。
 すると、これを聞いた喫茶店のマスターが3人でご当地アイドルグループを結成したらどうかと提案してきた。その喫茶店のマスター、実はかつて大手芸能事務所で女性アイドルのマネージャーだったが…。

ncode.syosetu.com/n8812ds/

Pinned Toot

pixivにてオリジナル小説「《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん」をアップしました! 突然の高熱にうなされて寝込んでしまった敬太くんですが……。

《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん 第6章(7)
pixiv.net/novel/show.php?id=92

Pinned Toot

『左利きの次郎兵衛』第2話 宿場町にうごめく闇(その8-7)

「次郎兵衛さん、何も再び旅に出なくても……」
「おつるの気持ちはよく分かる。でも、わしはおつるたちに再び危険な目に遭うのを見たくないのだ」
 別れがつらいのは、次郎兵衛もおつるも同じである。次郎兵衛は、そんなおつるの気持ちに寄り添いながら語りかけた。

 次郎兵衛が板の間から下りようとすると、亀蔵とおつるがお礼を兼ねて声を掛けてきた。
「本当なら、この亀島屋を継がせたかったけど……。別れるのは寂しいけど、次郎兵衛さんの意思を尊重しようか」
「ほんのささやかな気持ちだけど、握り飯を作ったから持っておいで」
 次郎兵衛が受け取ったのは、竹の皮で包まれた握り飯である。これだけあれば、旅の途中での腹の足しになるはずである。
「亀蔵とおつるのこと、絶対に忘れないようにするから」
 次郎兵衛は、2人との別れを惜しむように亀島屋から出てきた。
「それにしても、1枚の紙きれで人生の明暗が分かれるとは……」
 次郎兵衛は世の中の無常さを感じながら、終わりなき旅をするために矢掛宿を後にした。

夜暗の忍 第6話(その6-2)

「来客の者が正重や宗政といった藩主や重臣と話ができるのは、池のある庭園が見える奥座敷だけだ」
「それじゃあ、徳左衛門はそこにいるということか」
「まだきているかどうかは分からない。殺しの仕事は、標的の3人がそろってからだ」
 忍の男たちは、駿東藩主がいる江戸屋敷の屋根裏の入口に身を隠している。わずかな隙間から表門をじっと見ているのは、野頭屋の徳左衛門がこの屋敷へ入るのかこの目で確認するためである。
 すると、大名屋敷の表門に提灯を持った1人の男がやってきた。その風貌は、まるで太平の世を謳歌しているかのような雰囲気である。
「もしかして、あれが徳左衛門なのか?」
「口入屋をやってるから大儲けしているだろうけど、おれはこういう奴は気に入らねえんだよ」
 2人の忍が表門のほうを密かにのぞき込むと、商人らしき男が表門をくぐって玄関へ向かう様子が見えた。
「奥座敷のある場所へ行くぞ」
 陽は自ら指示を出すと、影とともに音を立てることなく3人が出会う場所の真上へ向かった。

六童丸のおしっことうんこのおもらし

pixivに子供向けイラスト『六童丸のおしっことうんこのおもらし』をアップしました! 10才になってもおねしょとおもらしが治らない六童丸ですが、おもらししちゃっても笑顔をたやすことはありませんね(^^)。
pixiv.net/artworks/79043189

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんは、クマやオオカミの親子と川のおくのほうへ行くと……。

小助くんの小さなぼうけん『みんなで川のおくへたんけん』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 雨の中でも、小助くんは水たまりでどろんこまみれになるのが……。

小助くんの小さなぼうけん『雨の中であそんでもへっちゃらだよ!』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

六童丸のおしっことうんこのおもらし

pixivに子供向けイラスト『六童丸のおしっことうんこのおもらし』をアップしました! 10才になってもおねしょとおもらしが治らない六童丸ですが、おもらししちゃっても笑顔をたやすことはありませんね(^^)。
pixiv.net/artworks/79043189

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんは、クマやオオカミの親子と川のおくのほうへ行くと……。

小助くんの小さなぼうけん『みんなで川のおくへたんけん』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 雨の中でも、小助くんは水たまりでどろんこまみれになるのが……。

小助くんの小さなぼうけん『雨の中であそんでもへっちゃらだよ!』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

六童丸のおしっことうんこのおもらし

 六童丸は、大名の後継ぎ候補の1人である10才の男の子です。ある事情で険しい山の中でお父さんやお母さんとともに暮らしています。この大自然の中で、六童丸はいつも腹掛け1枚だけで元気いっぱいに遊んだり、お相撲や剣術の稽古をしたりして過ごしています。
 そんな六童丸は、10才になっても毎日のようにお布団へのおねしょはもちろんのこと、昼間にもおしっことうんこのおもらしをする癖が治る気配がありません。この日も、六童丸はお父さんの畑の手伝いをしようと戻ってきたときに急におしっことうんこがもれそうになりました。すると、お父さんの見ている前で足を滑らせて尻餅をつくと同時に、おしっことうんこのおもらしをいっぱいしてしまいました。
 それでも、六童丸はおもらししても顔を赤らめながら照れ笑いを見せています。
pixiv.net/artworks/79043189

夜暗の忍 第6話(その6-1)

 藍色の空が広がった逢魔時、寒さに震える町人衆が表通りの賑わいを横目に急いで住処へ戻ろうとしている。
 その表通りから裏通りに通ずる細い道のそばにある長屋の地下部屋では、ろうそくに照らされた元締を前に2人の忍がある決断を下そうとしているところである。
「こちらで始末した岩田裕之進ですが、やはり彼が葉月屋に編笠の男のネタを流していたようです」
「おまけに、こいつは正重の差し金で隠密もやっていたとはなあ……」
 岩田に関することを口にした忍たちに、元締は黙ったままでうなずくばかりである。相手の顔つきを見て、陽と影は元締が何を求めているのかすぐに感じ取った。
「殺しの標的は、駿東藩主・笠田正重、駿東藩御用人・柴山宗政、それと野頭屋の徳左衛門の3人で間違いありませんでしょうか」
「その通りじゃ」
「それで、正重の武家屋敷に徳左衛門が訪れるそうですので」
 幽霊や妖怪など怪しいものが現れるであろう犬の初刻に、2人の忍は殺しの標的となる3人が集まる武家屋敷へ向かおうと風を切りながら疾走している。

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんは、クマやオオカミの親子と川のおくのほうへ行くと……。

小助くんの小さなぼうけん『みんなで川のおくへたんけん』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 雨の中でも、小助くんは水たまりでどろんこまみれになるのが……。

小助くんの小さなぼうけん『雨の中であそんでもへっちゃらだよ!』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

夜暗の忍 第6話(その5-6)

「探せ探せ! 狼藉者を探し出して斬ってしまえ!」
「ははあ、承知つかまつりました!」
 宗政に命を下した正重は、自分の家臣を守れなかった無念さと容姿の分からない狼藉者への怒りが交錯している。握りしめた拳は、正重の偽らざる思いがそのままにじみ出ている。

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんは、クマやオオカミの親子と川のおくのほうへ行くと……。

小助くんの小さなぼうけん『みんなで川のおくへたんけん』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 雨の中でも、小助くんは水たまりでどろんこまみれになるのが……。

小助くんの小さなぼうけん『雨の中であそんでもへっちゃらだよ!』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

夜暗の忍 第6話(その5-5)

 そんな頃、正重は藩の屋敷にある表御殿でろうそくに照らされながら政務を行っていた。静寂の中で書物に目を通していると、御用人の宗政があわてた様子で室内へ入ってきた。
「た、大変です! 庭先のほうに……」
「どうした! こんな夜中に騒々しいぞ」
「正重殿! それどころではございませんぞ! 庭先にあの方の死体が……」
 宗政が発した言葉の意味に気づいた正重は、鞘に入った刀を左腰に差して屋敷の庭先へ足を踏み入れた。そこで見たのは、すでに息絶えた装束を身に着けた男の変わり果てた姿である。
「ま、まさか……。こんな姿で最期を迎えるとは……」
 正重は、宗政とともに信頼を寄せていた岩田裕之進の死を受け止めることができなかった。なぜなら、岩田がどんな奴に斬られたのか目星をつけることが可能だからである。
「おそらく、これは伊賀者に斬られたとしか考えられないな」
 正重は、自分の腹心の屍を前にしながら怒りに震えている。けれども、その怒りをぶつけるべき相手はまだ分からない。

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 雨の中でも、小助くんは水たまりでどろんこまみれになるのが……。

小助くんの小さなぼうけん『雨の中であそんでもへっちゃらだよ!』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんは、クマやオオカミの親子と川のおくのほうへ行くと……。
pawooでは最新話の冒頭部分を掲載いたします!

小助くんの小さなぼうけん『みんなで川のおくへたんけん』

 いつものように森の中へやってきた小助は、子グマとちびっこオオカミをつれて草むらの中をとおっています。小助たちが楽しみにしているのは、川の中へ入ってみんなであそぶことです。
「わ~い! 川であちょぶぞ(あそぶぞ)!」
 小助は草むらから出ると、そのいきおいで川のほとりから水中にむかってかけ出していきます。その後をついていくように、子グマやちびっこオオカミもつぎつぎと川へ入りました。
「あんまりふかいところへ行ったらダメよ!」

続きが見たい方はこちらをチェック!
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 雨の中でも、小助くんは水たまりでどろんこまみれになるのが……。

小助くんの小さなぼうけん『雨の中であそんでもへっちゃらだよ!』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! ある夏の日、小助くんはいつものようにおふとんへのおねしょをやってしまいました。どうやら、ゆめの中でこわいばけものの顔におしっこをめいちゅうさせてしまったようです。

小助くんの小さなぼうけん『おねしょしちゃった』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

夜暗の忍 第6話(その5-4)

「そうさ……。このおれが流したのさ……」
 意識がもうろうとする中、岩田は口を開けて自らの言葉を伝えようと必死になっている。
「ついでに……言っておくが、編笠を頭に……被った……男に指示を……出していたのは……このおれだ……」
 忍たちの前で言うべきことを言い切った瞬間、岩田はその場で息絶えることとなった。
 2人の忍は、短い生涯を終えた岩田の屍を前にしながら小声でこうつぶやいた。
「どうりでおかしいと思ったぜ。藩の提灯記事を何度も読み売り屋に持ち込むことなど考えにくいからな」
「これで、岩田の指示のもとに編笠の男が動いていたということか。駿東藩と野頭屋が結託して、新たな借金ができなくなった旗本や御家人に殺しの仕事を斡旋するとは……」
 陽と影は、駿東藩の家臣から気づかれないようにその場を後にすることにした。