Pinned toot

『左利きの次郎兵衛』第3話 母ちゃんの子守唄とおねしょ小僧

◎プロット
★シーン1
 次郎兵衛は、手前にある高屋川のほとりに座って握り飯を食べていた。おつるが丹念に作ってくれただけあって、次郎兵衛は左手で持ちながら食べている。
 食べ終わった次郎兵衛は、その場で着物を脱いでふんどし1枚の姿になった。そして、次郎兵衛は着物と刀を右手で大事に抱えながら高屋川を歩きながら渡った。
 対岸まで渡り切った次郎兵衛だったが、そのとき何やら殺気らしきものを感じた。
 三度笠を外すと、そこには目の前からならず者たちが急襲してきた。間一髪でかわした次郎兵衛は、すぐさま鞘から刀を左手で引き抜いた。
 次々と現れたならず者連中に、次郎兵衛は自らの刀で縦横無尽に斬っていった。地面に次々と倒れた屍に、残ったならず者たちは怒りをにじませながら去っていった。
 次郎兵衛は再び着物を身に着けると、右腰に刀を差して再び歩き出した。左手に法泉院が見えると、この先には高屋宿の入口がある。
 しかし、高屋宿は天領と呼ばれる幕府の直轄地である。

Pinned toot

『柿五郎の妖怪退治~ぼくのかあちゃを助けに行くぞ!』
 柿五郎は5歳になっても、幽霊や妖怪が恐くて便所から逃げ出してしまいます。そして、毎日のようにおねしょやおもらしをやってしまいます。
 そんなある日、柿五郎は魔の山へ入ったまま帰ってこないお母さんを探しに行きましたが…。

pixiv.net/series.php?id=814430
ncode.syosetu.com/n3503dn

Pinned toot

『ユメルサ~アイドルグループの正体はアナウンサー!?~』
 夢宮和実は、今年入社したばかりの新人女性アナウンサー。ある日、同期の猿川加世と湯沢さゆ子といっしょに入った喫茶店で和実は自分の思いのたけをぶつけた。それは、一旦はあきらめたアイドルにもう一度なりたいというものである。これを聞いた加世とさゆ子は驚いた表情を見せたが、和実の熱心さに2人もいっしょに協力すると約束した。
 すると、これを聞いた喫茶店のマスターが3人でご当地アイドルグループを結成したらどうかと提案してきた。その喫茶店のマスター、実はかつて大手芸能事務所で女性アイドルのマネージャーだったが…。

ncode.syosetu.com/n8812ds/

Pinned toot

pixivにてオリジナル小説「《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん」をアップしました! 突然の高熱にうなされて寝込んでしまった敬太くんですが……。

《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん 第6章(7)
pixiv.net/novel/show.php?id=92

Pinned toot

『左利きの次郎兵衛』第2話 宿場町にうごめく闇(その8-7)

「次郎兵衛さん、何も再び旅に出なくても……」
「おつるの気持ちはよく分かる。でも、わしはおつるたちに再び危険な目に遭うのを見たくないのだ」
 別れがつらいのは、次郎兵衛もおつるも同じである。次郎兵衛は、そんなおつるの気持ちに寄り添いながら語りかけた。

 次郎兵衛が板の間から下りようとすると、亀蔵とおつるがお礼を兼ねて声を掛けてきた。
「本当なら、この亀島屋を継がせたかったけど……。別れるのは寂しいけど、次郎兵衛さんの意思を尊重しようか」
「ほんのささやかな気持ちだけど、握り飯を作ったから持っておいで」
 次郎兵衛が受け取ったのは、竹の皮で包まれた握り飯である。これだけあれば、旅の途中での腹の足しになるはずである。
「亀蔵とおつるのこと、絶対に忘れないようにするから」
 次郎兵衛は、2人との別れを惜しむように亀島屋から出てきた。
「それにしても、1枚の紙きれで人生の明暗が分かれるとは……」
 次郎兵衛は世の中の無常さを感じながら、終わりなき旅をするために矢掛宿を後にした。

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 雨がふっても、いつも元気いっぱいの小助くんは池の中へとびこむと……。

小助くんの小さなぼうけん『雨の中の小助くんとカエルたち』
pixiv.net/novel/show.php?id=14

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんが子グマたちとあそんでいるようすをを見ているお母さんは……。

小助くんの小さなぼうけん『お母さんと赤ちゃんの小助くん』
pixiv.net/novel/show.php?id=14

夜暗の忍 第7話(その8-1)

 忍たちは互いに顔を合わせると、刀を正面に構えながら相手に向かって駆け出した。
「覚悟!」
 陽と影は、二手に分かれて若侍たちへ刀を向けた。若侍は自らの刀をすぐさま振り下ろすも、2人の忍は間髪を入れることなく縦横無尽に斬りまくった。
 影は相手の敵を正面から次々と斬っているが、後方から斬りつけようとする若侍がいることにまだ気づいていない。
「影! 危ない!」
 仲間の危機に、陽は装束から取り出した手裏剣2枚をすぐさま投げつけた。その手裏剣は、影の後方で刀を振り下ろそうとした若侍の構えた手に刺さった。
「うっ!」
 手裏剣が刺さった相手がひるんだのを見て、影は振り向きざまに自らの刀で斬り裂いた。

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 雨がふっても、いつも元気いっぱいの小助くんは池の中へとびこむと……。

小助くんの小さなぼうけん『雨の中の小助くんとカエルたち』
pixiv.net/novel/show.php?id=14

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんが子グマたちとあそんでいるようすをを見ているお母さんは……。
pawooでは最新話の冒頭部分を掲載いたします!

小助くんの小さなぼうけん『お母さんと赤ちゃんの小助くん』

 小助はいつものように森の中へやってくると、子グマたちとおすもうごっこをしたりしながらじゃれ合っています。
「よいしょ! よいしょ!」
「わっ! うわわっ!」
 子グマは2ひきがかりでおすもうにいどみましたが、あまりにも強い小助の力にあっけなくしりもちをついてしまいました。
「もうちょっと手かげんしてよ!」
「おちゅもう! おちゅもう!」
 おすもうが大すきな小助の元気さに、子グマたちはたじたじです。そんな子どもたちのところへやってきたのは、クマのお母さんです。

続きが見たい方はこちらをチェック!
pixiv.net/novel/show.php?id=14

記憶の中の犯罪(カクヨムに掲載、作者:樺丈資)
kakuyomu.jp/works/117735405492

 何気ない日常が、ある日を境に大きく変わる設定のミステリー作品を時折見かけることがある。主人公の心理的状況や、それにかかわる人々との人間ドラマが描きやすいからだろう。
 今回登場する主人公・安岡良三は、転職してから約1ヶ月が経過したサラリーマンである。彼が昼休みに行くのは、会社近くの行きつけのイタリアンレストランである。
 店内に入った安岡は、パスタとワインを注文するとしばらく待つことにした。そんな時、胸ポケットの携帯電話が鳴っていることに気づいた。
 安岡はその携帯電話を取り出して画面を見ると、知らない電話番号が目に入った。受信ボタンを押すと、飯沼賢治と名乗る男の声が耳に入ってきた。自分の携帯番号を知っていることに安岡が戸惑っていると、飯沼は放火殺人容疑で警察から事情聴取を受けていると口にした。そして、飯沼は安岡を道連れにしようと警察に名前を告げてしまい……。
 ある男との出会いから重大な犯罪に巻き込まれた主人公の状況を描いたミステリー作品である。

「ヒマワリねっと文庫」のツイッター及びブログにて紹介した、児童向けネット小説・ノンジャンルネット小説の中から選んだマンスリー賞及び特別賞作品の紹介と感想を記していきます。今日2本目は、ノンジャンル部門11月期特別賞の「記憶の中の犯罪」を紹介します。

神様のぼうえんきょう(エブリスタに掲載、作者:安積みかん)
estar.jp/novels/25733703

 子供たちにとって、見たことのない世界はワクワクするものである。初めて見る世界に興味を持つことは、子供たちの知的好奇心を伸ばすことに効果的と言えよう。
 今回の作品に登場する主人公は、神様見習いで仲良し兄妹のププくんとポポちゃんの2人である。雲の上に住んでいる2人のおうちの庭には、雲の下の世界が見える大きな望遠鏡がある。
 ププくんがその望遠鏡をのぞくと、いそがしそうに歩く人間の頭に大きな雨のつぶが当たっているのを目にした。たちまちびしょ濡れになった人間たちを見て、ププくんはお父さんに雨を止めてほしいとお願いした。でも、神様のお父さんは『できないよ』と首を横に振るばかりである。
 どうしてなのかというププくんの疑問に、お父さんはやさしく接しながら答えることにした。そして、お父さんは、自分の子供であるププくんとポポちゃんを抱きしめながら言った言葉とは……。
 子供たち2人のあらゆる知的好奇心と、やさしく接するお父さんとの関係に思わずほっこりとさせる作品である。

「ヒマワリねっと文庫」のツイッター及びブログにて紹介した、児童向けネット小説・ノンジャンルネット小説の中から選んだマンスリー賞及び特別賞作品の紹介と感想を記していきます。今日1本目は、児童文学部門11月期特別賞の「神様のぼうえんきょう」を紹介します。

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 雨がふっても、いつも元気いっぱいの小助くんは池の中へとびこむと……。

小助くんの小さなぼうけん『雨の中の小助くんとカエルたち』
pixiv.net/novel/show.php?id=14

記憶(カクヨムに掲載、作者:春嵐)
kakuyomu.jp/works/117735405494

 自分が記憶をなくした時、いつも目にする風景が日常であっても、自分にとっては非日常に見えてしまう。
 今回の作品は、主人公の女性がアスファルトの地面の上で気がついたところから始まる。水たまりに写る自分の顔は見覚えのない顔だし、着ている服も自分の服ではないような感じがしている。そして、肝心の記憶は全く思い出すことができない。
 女性はその場から立ち上がってゆっくりと歩き出すと、目の前にビル街が高くそびえ立っている。後ろのポケットを探ってみると、財布が入っていることに気づいた。
 財布から取り出した運転免許証を見ると、知らない男の顔が無表情で写っていた。そんな時、電光掲示板に大きく映し出された犯人の顔を見て女性は運転免許証をもう一度見た。そこにある男の写真は、さっき映った犯人の顔とそっくりである。
 女性は、自分が倒れていた場所へ戻った。そこには、自分以外にもう1人の男が倒れており……。
 記憶をなくした女性と恋人相手の彼との再会と本当の目的に最後まで注目の作品である。

「ヒマワリねっと文庫」のツイッター及びブログにて紹介した、児童向けネット小説・ノンジャンルネット小説の中から選んだマンスリー賞及び特別賞作品の紹介と感想を記していきます。今日2本目は、ノンジャンル部門11月期マンスリー賞の「記憶」を紹介します。

素敵な落としもの(エブリスタに掲載、作者:東里胡)
estar.jp/novels/25738383

 冬の寒い中であっても、子供たちが駆け回る姿は微笑ましいものがある。子供たちが見るものは、何気ないことであっても不思議に思うことが少なくない。
 今回の作品の主人公・クリスは、いつものように新聞配達をするために公園を囲むように建つアパートを通りかかった。クリスマスの次の日ということもあり、町にはいろんなものが落ちていた。
 クリスは、今日の朝まで降り積もった雪の上に赤いサンタの帽子が落ちていることに気づいた。その帽子を拾い上げると、クリスは公園のほうへ顔を振り向いた。
 公園のベンチへ目を向けると、そこに雪だるまが座っていることに気づいた。デコボコした不格好なその雪だるまに、クリスは赤い帽子を頭にかぶせた。
 一方、朝まで飲み明かした大親友のアントニーとニックは2人でアパートへ帰ろうとすると、公園のベンチにいる赤い帽子の雪だるまを目にした。2人がその雪だるまに駆け寄ると……。
 公園のベンチに座る雪だるまと、そこへやってくる人間たちの姿を温かく描いた作品である。

「ヒマワリねっと文庫」のツイッター及びブログにて紹介した、児童向けネット小説・ノンジャンルネット小説の中から選んだマンスリー賞及び特別賞作品の紹介と感想を記していきます。今日1本目は、児童文学部門11月期マンスリー賞の「素敵な落としもの」を紹介します。

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 雨がふっても、いつも元気いっぱいの小助くんは池の中へとびこむと……。

小助くんの小さなぼうけん『雨の中の小助くんとカエルたち』
pixiv.net/novel/show.php?id=14

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 雨がふっても、いつも元気いっぱいの小助くんは池の中へとびこむと……。

小助くんの小さなぼうけん『雨の中の小助くんとカエルたち』
pixiv.net/novel/show.php?id=14

夜暗の忍 第7話(その7-8)

 己の野望を思わぬ形で口に出した倉崎だが、それは忍たちに誰が殺しの標的なのかを与えているようなものである。2人の忍は、倉崎が発した言葉にすぐさま反応した。
「同心・倉崎藤之助、旗本・室原光政、お命頂戴つかまつる!」
 忍の男たちは標的となる相手に口にすると、背中に差している刀を引き抜いた。苛立ちを隠せない倉崎は、旗本の室原とともに怒りに満ちた声を上げようと必死である。
「こいつらは忍を騙った狼藉者だ! 斬れ斬れ! 斬ってしまえ!」
 屋敷の当主の命を受けて、若侍たちが彼らの元に集結した。2人組の忍を相手に、侍たちは左腰に差している刀を一斉に抜いた。

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 雨がふっても、いつも元気いっぱいの小助くんは池の中へとびこむと……。

小助くんの小さなぼうけん『雨の中の小助くんとカエルたち』
pixiv.net/novel/show.php?id=14

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 雨がふっても、いつも元気いっぱいの小助くんは池の中へとびこむと……。

小助くんの小さなぼうけん『雨の中の小助くんとカエルたち』
pixiv.net/novel/show.php?id=14

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんは、子犬のお父さんとお母さんをさがしに向かっていると……。

小助くんの小さなぼうけん『小助くんと犬の家ぞく』
pixiv.net/novel/show.php?id=14

Show more
Pawoo

Pawoo(パウー)はラッセルが運営するMastodonのインスタンス(サーバー)です。 「創作活動や自由なコミュニケーションを楽しめる場」として、どなたにも幅広く使っていただけます。