ケンタシノリ @kenta_konomi@pawoo.net

Pinned toot

『左利きの次郎兵衛』第3話 母ちゃんの子守唄とおねしょ小僧

◎プロット
★シーン1
 次郎兵衛は、手前にある高屋川のほとりに座って握り飯を食べていた。おつるが丹念に作ってくれただけあって、次郎兵衛は左手で持ちながら食べている。
 食べ終わった次郎兵衛は、その場で着物を脱いでふんどし1枚の姿になった。そして、次郎兵衛は着物と刀を右手で大事に抱えながら高屋川を歩きながら渡った。
 対岸まで渡り切った次郎兵衛だったが、そのとき何やら殺気らしきものを感じた。
 三度笠を外すと、そこには目の前からならず者たちが急襲してきた。間一髪でかわした次郎兵衛は、すぐさま鞘から刀を左手で引き抜いた。
 次々と現れたならず者連中に、次郎兵衛は自らの刀で縦横無尽に斬っていった。地面に次々と倒れた屍に、残ったならず者たちは怒りをにじませながら去っていった。
 次郎兵衛は再び着物を身に着けると、右腰に刀を差して再び歩き出した。左手に法泉院が見えると、この先には高屋宿の入口がある。
 しかし、高屋宿は天領と呼ばれる幕府の直轄地である。

Pinned toot

『柿五郎の妖怪退治~ぼくのかあちゃを助けに行くぞ!』
 柿五郎は5歳になっても、幽霊や妖怪が恐くて便所から逃げ出してしまいます。そして、毎日のようにおねしょやおもらしをやってしまいます。
 そんなある日、柿五郎は魔の山へ入ったまま帰ってこないお母さんを探しに行きましたが…。

pixiv.net/series.php?id=814430
ncode.syosetu.com/n3503dn

Pinned toot

『ユメルサ~アイドルグループの正体はアナウンサー!?~』
 夢宮和実は、今年入社したばかりの新人女性アナウンサー。ある日、同期の猿川加世と湯沢さゆ子といっしょに入った喫茶店で和実は自分の思いのたけをぶつけた。それは、一旦はあきらめたアイドルにもう一度なりたいというものである。これを聞いた加世とさゆ子は驚いた表情を見せたが、和実の熱心さに2人もいっしょに協力すると約束した。
 すると、これを聞いた喫茶店のマスターが3人でご当地アイドルグループを結成したらどうかと提案してきた。その喫茶店のマスター、実はかつて大手芸能事務所で女性アイドルのマネージャーだったが…。

ncode.syosetu.com/n8812ds/

Pinned toot

pixivにてオリジナル小説「《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん」をアップしました! 突然の高熱にうなされて寝込んでしまった敬太くんですが……。

《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん 第6章(7)
pixiv.net/novel/show.php?id=92

Pinned toot

『左利きの次郎兵衛』第2話 宿場町にうごめく闇(その8-7)

「次郎兵衛さん、何も再び旅に出なくても……」
「おつるの気持ちはよく分かる。でも、わしはおつるたちに再び危険な目に遭うのを見たくないのだ」
 別れがつらいのは、次郎兵衛もおつるも同じである。次郎兵衛は、そんなおつるの気持ちに寄り添いながら語りかけた。

 次郎兵衛が板の間から下りようとすると、亀蔵とおつるがお礼を兼ねて声を掛けてきた。
「本当なら、この亀島屋を継がせたかったけど……。別れるのは寂しいけど、次郎兵衛さんの意思を尊重しようか」
「ほんのささやかな気持ちだけど、握り飯を作ったから持っておいで」
 次郎兵衛が受け取ったのは、竹の皮で包まれた握り飯である。これだけあれば、旅の途中での腹の足しになるはずである。
「亀蔵とおつるのこと、絶対に忘れないようにするから」
 次郎兵衛は、2人との別れを惜しむように亀島屋から出てきた。
「それにしても、1枚の紙きれで人生の明暗が分かれるとは……」
 次郎兵衛は世の中の無常さを感じながら、終わりなき旅をするために矢掛宿を後にした。

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんは、赤とんぼやげんごろうといった生きものたちを見ようと……。

小助くんの小さなぼうけん『小助くんと秋の生きものたち』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんは、赤とんぼやげんごろうといった生きものたちを見ようと……。

小助くんの小さなぼうけん『小助くんと秋の生きものたち』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんは、赤とんぼやげんごろうといった生きものたちを見ようと……。

小助くんの小さなぼうけん『小助くんと秋の生きものたち』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんは、赤とんぼやげんごろうといった生きものたちを見ようと……。

小助くんの小さなぼうけん『小助くんと秋の生きものたち』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんは、赤とんぼやげんごろうといった生きものたちを見ようと……。

小助くんの小さなぼうけん『小助くんと秋の生きものたち』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんは、赤とんぼやげんごろうといった生きものたちを見ようと……。
pawooでは最新話の冒頭部分を掲載いたします!

小助くんの小さなぼうけん『小助くんと秋の生きものたち』

 小助は、今日もお母さんと2人でイモほりをしています。大きなイモをほり出すと、小助はいつものようにかわいい声を上げています。
「かあちゃ! かあちゃ! おイモ! おイモ!」
「ふふふ、大すきなおイモをはり出したんだね」
「うん! うん!」
 小助は、ほり出したばかりの大きなイモをもちながらピョンピョンとびはねています。そんな時、小助らしい元気でかわいい音が鳴りひびきました。
「プウッ! プウッ! プウウウウウ~ッ!」
「あっ! 小助くん、でっかいおならが出ちゃったね」
「てへへ、出ちゃった」

続きが見たい方はこちらをチェック!
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんは、お母さんといっしょに森の中できのこをさがしていると……。

小助くんの小さなぼうけん『小助くんとお母さんのきのこさがし』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんは、お母さんといっしょに森の中できのこをさがしていると……。

小助くんの小さなぼうけん『小助くんとお母さんのきのこさがし』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんは、お母さんといっしょに森の中できのこをさがしていると……。

小助くんの小さなぼうけん『小助くんとお母さんのきのこさがし』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんは、お母さんといっしょに森の中できのこをさがしていると……。

小助くんの小さなぼうけん『小助くんとお母さんのきのこさがし』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんは、お母さんといっしょに森の中できのこをさがしていると……。

小助くんの小さなぼうけん『小助くんとお母さんのきのこさがし』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんは、お母さんといっしょに森の中できのこをさがしていると……。

小助くんの小さなぼうけん『小助くんとお母さんのきのこさがし』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんが大きなかきの木を見つけると、だいだい色のかきのみを……。

小助くんの小さなぼうけん『だいだい色のかきのみとお母さんグマのおっぱい』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんは、お母さんといっしょに森の中できのこをさがしていると……。
pawooでは最新話の冒頭部分を掲載いたします!

小助くんの小さなぼうけん『小助くんとお母さんのきのこさがし』

 小助は、お母さんといっしょに森の中をおくへ向かって歩いています。せなかにかごをかついでいる小助は、いつもどおりの元気な声を上げています。
「かあちゃ! きのこ! きのこ!」
「そんなにあわてなくても大じょうぶだから」
 大きな木のそばへきた小助が見つけたのは、おいしそうに見えるきのこです。でも、お母さんはそのきのこを見ながら首をかしげています。
「このきのこは食べたらダメ!」
「どうちて(どうして)! どうちて!」
「これはどくきのこだから、ぜったいに食べたらいけないよ」

続きが見たい方はこちらをチェック!
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんが大きなかきの木を見つけると、だいだい色のかきのみを……。

小助くんの小さなぼうけん『だいだい色のかきのみとお母さんグマのおっぱい』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんが大きなかきの木を見つけると、だいだい色のかきのみを……。

小助くんの小さなぼうけん『だいだい色のかきのみとお母さんグマのおっぱい』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

見ちゃダメ!

 父親捜しの旅を続ける里吉ですが、この日も泊まった村の小さい農家でおねしょをしてしまいました。治る気配のないおねしょの癖に、里吉は顔を赤らめています。
 そこへやってきたのは、この村に住んでいる子供たちです。子供たちは、里吉がしちゃったおねしょ布団を見逃すはずがありません。
「わ~い! おねしょやったな!」
「まだおねしょするの?」
「わわわっ! 見ちゃダメ!」
 里吉はあわてて手で隠そうとしますが、結局は子供たちに恥ずかしい証拠を見られてしまいました。

pixiv.net/artworks/81352220

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんが大きなかきの木を見つけると、だいだい色のかきのみを……。

小助くんの小さなぼうけん『だいだい色のかきのみとお母さんグマのおっぱい』
pixiv.net/novel/show.php?id=12

見ちゃダメ!

 父親捜しの旅を続ける里吉ですが、この日も泊まった村の小さい農家でおねしょをしてしまいました。治る気配のないおねしょの癖に、里吉は顔を赤らめています。
 そこへやってきたのは、この村に住んでいる子供たちです。子供たちは、里吉がしちゃったおねしょ布団を見逃すはずがありません。
「わ~い! おねしょやったな!」
「まだおねしょするの?」
「わわわっ! 見ちゃダメ!」
 里吉はあわてて手で隠そうとしますが、結局は子供たちに恥ずかしい証拠を見られてしまいました。

pixiv.net/artworks/81352220

子供向け作品『小助くんの小さなぼうけん』の新作をアップしました! 小助くんが大きなかきの木を見つけると、だいだい色のかきのみを……。

小助くんの小さなぼうけん『だいだい色のかきのみとお母さんグマのおっぱい』
pixiv.net/novel/show.php?id=12