ケンタシノリ @kenta_konomi@pawoo.net

Pinned Toot

『左利きの次郎兵衛』第3話 母ちゃんの子守唄とおねしょ小僧

◎プロット
★シーン1
 次郎兵衛は、手前にある高屋川のほとりに座って握り飯を食べていた。おつるが丹念に作ってくれただけあって、次郎兵衛は左手で持ちながら食べている。
 食べ終わった次郎兵衛は、その場で着物を脱いでふんどし1枚の姿になった。そして、次郎兵衛は着物と刀を右手で大事に抱えながら高屋川を歩きながら渡った。
 対岸まで渡り切った次郎兵衛だったが、そのとき何やら殺気らしきものを感じた。
 三度笠を外すと、そこには目の前からならず者たちが急襲してきた。間一髪でかわした次郎兵衛は、すぐさま鞘から刀を左手で引き抜いた。
 次々と現れたならず者連中に、次郎兵衛は自らの刀で縦横無尽に斬っていった。地面に次々と倒れた屍に、残ったならず者たちは怒りをにじませながら去っていった。
 次郎兵衛は再び着物を身に着けると、右腰に刀を差して再び歩き出した。左手に法泉院が見えると、この先には高屋宿の入口がある。
 しかし、高屋宿は天領と呼ばれる幕府の直轄地である。

Pinned Toot

『柿五郎の妖怪退治~ぼくのかあちゃを助けに行くぞ!』
 柿五郎は5歳になっても、幽霊や妖怪が恐くて便所から逃げ出してしまいます。そして、毎日のようにおねしょやおもらしをやってしまいます。
 そんなある日、柿五郎は魔の山へ入ったまま帰ってこないお母さんを探しに行きましたが…。

pixiv.net/series.php?id=814430
ncode.syosetu.com/n3503dn

Pinned Toot

『ユメルサ~アイドルグループの正体はアナウンサー!?~』
 夢宮和実は、今年入社したばかりの新人女性アナウンサー。ある日、同期の猿川加世と湯沢さゆ子といっしょに入った喫茶店で和実は自分の思いのたけをぶつけた。それは、一旦はあきらめたアイドルにもう一度なりたいというものである。これを聞いた加世とさゆ子は驚いた表情を見せたが、和実の熱心さに2人もいっしょに協力すると約束した。
 すると、これを聞いた喫茶店のマスターが3人でご当地アイドルグループを結成したらどうかと提案してきた。その喫茶店のマスター、実はかつて大手芸能事務所で女性アイドルのマネージャーだったが…。

ncode.syosetu.com/n8812ds/

Pinned Toot

pixivにてオリジナル小説「《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん」をアップしました! 突然の高熱にうなされて寝込んでしまった敬太くんですが……。

《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん 第6章(7)
pixiv.net/novel/show.php?id=92

Pinned Toot

『左利きの次郎兵衛』第2話 宿場町にうごめく闇(その8-7)

「次郎兵衛さん、何も再び旅に出なくても……」
「おつるの気持ちはよく分かる。でも、わしはおつるたちに再び危険な目に遭うのを見たくないのだ」
 別れがつらいのは、次郎兵衛もおつるも同じである。次郎兵衛は、そんなおつるの気持ちに寄り添いながら語りかけた。

 次郎兵衛が板の間から下りようとすると、亀蔵とおつるがお礼を兼ねて声を掛けてきた。
「本当なら、この亀島屋を継がせたかったけど……。別れるのは寂しいけど、次郎兵衛さんの意思を尊重しようか」
「ほんのささやかな気持ちだけど、握り飯を作ったから持っておいで」
 次郎兵衛が受け取ったのは、竹の皮で包まれた握り飯である。これだけあれば、旅の途中での腹の足しになるはずである。
「亀蔵とおつるのこと、絶対に忘れないようにするから」
 次郎兵衛は、2人との別れを惜しむように亀島屋から出てきた。
「それにしても、1枚の紙きれで人生の明暗が分かれるとは……」
 次郎兵衛は世の中の無常さを感じながら、終わりなき旅をするために矢掛宿を後にした。

夜暗の忍 第1話(その1-6)

 そこで目に入ったのは、暗中でも目立つ2足の草鞋である。
「あいつ、もうきているのか」
 本来なら不在であるはずの家屋にもかかわらず、男は怪しむ素振りを見せることはない。慣れた足取りで部屋の中へ入ると、その中央に地下へ通ずる階段らしきものを見つけた。
 その階段は、大人の男が1人入れるのが精いっぱいの大きさである。地下の隠し部屋へ降りると、そこには何本ものろうそくが辺りをかすかに照らされている。
 すると、聞き覚えのある声が男の耳に入った。
「清蔵、鞘師の仕事はどうなのか」
「おめえにそんなことは言われたくねえよ。まあ、おれたちにとっても鞘は大事なものだからな」
 清蔵は、京橋南鞘町にて刀剣の鞘を作る職人として日々の仕事に勤しんでいる。分業化が進む鞘作りの中にあって、清蔵は鞘作りから塗りまで自ら手掛ける数少ない存在である。

夜暗の忍 第1話(その1-5)

 日暮れになっても、表通りは町人衆で賑わいを見せている。そこへやってきたのは、人々に群がろうとしない1人の男である。その男は、他の人の誘いにも一切動じずに黙々と足を進めている。
「おい、何度誘っても振り向かないぞ」
「せっかく声を掛けたのに、そのまま黙って通り過ぎるなんて」
 江戸っ子の気質とは違う一匹狼の姿に、町人たちがやっかみを感じるのも無理はない。しかし、その男には2つの顔があることを知る人はいない。
 辺りが暗くなる中を歩き続けると、誰もいないであろう1軒の長屋が目に入った。
「誰もいないな」
 男は周囲を見回してから、長屋の玄関に足を入れた。

夜暗の忍 第1話(その1-4)

「さあさあ、寄ってらっしゃい見てらっしゃい! どえらいことが起こったよ! おなじみ夜暗の忍が、子の刻に両国箱崎へ現れたってもんだ! 何の罪もない商人を手討にした旗本の戸倉盛勝の一団を屋敷にてバッサリ斬り倒した! さあ、詳しいことはこれを読めば分かる! さあさあ、買った買った!」
 菅笠をかぶった瓦版屋は、右手に瓦版を掲げながら、いつもの名調子で聴衆に向かって声を上げている。これを聴いた町人衆はその内容に興味を持ったのか、次々と銭を差し出しては瓦版を受け取った。
 寛政年間に入ったこの時代、老中に就任した松平定信による改革が打ち出された時期である。しかし、この改革は江戸市中の庶民にとっては、改悪と言わざるを得ない内容で非常に評判が悪い。
 それ故に、町人衆の怒りの矛先は幕府のほうへ向けられていた。けれども、一言でも幕府への批判を口にすれば、御用聞きからにらまれることは確実である。
 そんな息苦しい時代に現れた『夜暗の忍』の活躍に、溜飲が下がる思いを持つ庶民は数多い。

夜暗の忍 第1話(その1-3)

「施術は終わりました。これだけ押せばもう大丈夫だろう」
「いつの間にか治まっているとは、木兵衛のツボ押しは噂通りってわけだ。はっはははは!」
 大工職人は、木兵衛の施術の腕に感心しながら豪快な笑い声を上げている。施術前の苦痛に満ちた顔つきだったのがまるで嘘のようである。
「おいらの大工仲間にも、木兵衛のことを伝えておくよ。木兵衛のツボ押しを受けたら、腰の痛みも一発で治るってな」
 江戸っ子ならではのきっぷのよさに、木兵衛は柔和な顔立ちで大工の男の話につき合っている。ささいな話に耳を傾けるのも、ツボ師の仕事を続ける上で大切なことである。
 お代をもらって先客を送り出すと、木兵衛は次の客がやってくるまで仰向けに寝転がって一休みしている。そんな木兵衛は、ツボ師としての顔とは別にもう1つの顔を持っている。しかし、表の仕事とは違って、裏の仕事を知っている人は誰もいない。

 その頃、表通りでは瓦版を売る男の人が何かを読み上げている。周りには、老若男女問わず多くの人々が野次馬のように集まってきた。

夜暗の忍 第1話(その1-2)

 施術が終わると、腹掛け1枚の男の子はその上から着物を着用しようとしている。そばには、男の子の母親らしき女の人が座っている。
「すいませんけど……。お代はこれだけでよろしいでしょうか?」
「小さいぼうやだし、12文でいいよ。ここは、お金に余裕がなくても、病を癒すための施術を行うのがわしの役目ですから」
 木兵衛に施術を頼む場合のお代は、大人が24文、子供が12文である。高額なお代が求められる町医者と比較すると、その良心的なお代は長屋の住民にとって有難いものである。
「寝小便が治ったら、またくるからね」
 男の子が愛くるしい笑顔でそう言うと、母親と手をつないで長屋から路地のほうへ出た。それと入れ替わるように、急激な腰痛に耐えかねた大工職人の男がやってきた。
「大腸愈のツボを押しますから、しばらくの間辛抱してください」
「いててっ、いててててててっ……」
 ツボの押し方は、施術を受ける人によって異なる。大人であれば強めに、子供であればやさしくツボを押さえるのが木兵衛の施術の基本である。

夜暗の忍 第1話(その1-1)

 春の日差しが差し込み、女たちがたらいで洗濯する中を子供たちが遊びはしゃいでいる。
「早くこっちへ行こうぜ!」「ちょっと待ってよ!」
 女たちは洗濯の合間に、子供たちの掛け声に耳を傾けている。
 これは、桶職人が多く住む長屋が立ち並ぶ京橋桶町における日常の風景である。職人が作り出す桶は、人間が生を受けてからあの世へ逝くまで、江戸市中でのあらゆる用途に使われる。
 そんな一角にあるのが、ツボ師の木兵衛が治療を行う小さな長屋があった。木兵衛の誠実な施術と親しみのある話術は、施術による治癒効果と合わせて町人衆の評判を呼んでいる。
 この日も、板の間では1人の男の子がうつ伏せの状態で木兵衛の施術を受けている所である。
「腰のツボを押しているけど、痛くないかな?」
「うん、全然痛くないよ」
 木兵衛が押しているツボは、腰にある腎愈である。腎愈は、寝小便に効果のあるツボの1つである。
「ぼくの寝小便、本当に治るの?」
「わしの施術とぼうやの強い気持ちがあれば治るからね」

pixivにてオリジナル小説「《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん」をアップしました! 今回のお話で第6章が完結することになりました!

《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん 第6章(26)
pixiv.net/novel/show.php?id=10

pixivにてオリジナル小説「《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん」をアップしました! 今回のお話で第6章が完結することになりました!

《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん 第6章(26)
pixiv.net/novel/show.php?id=10

pixivにてオリジナル小説「《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん」をアップしました! 今回のお話で第6章が完結することになりました!
pawooでは新作の冒頭部分を掲載いたします!

《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん 第6章(26)

 悪い獣人たちを敬太が撃退したおかげで、村人たちはいつものにぎやかさを取り戻しています。
 盛兵衛とおひさの家の近くにある原っぱでは、村の子供たちが集まって相撲大会を行っています。土俵の上では、岩五郎と勘太がふんどし姿で見合っています。
「はっけよい、のこった!」
 岩五郎は勘太のふんどしをつかむと、土俵の外へ出そうと寄り切ろうとします。一方、勘太のほうは足が土俵から出ないように必死に歯を食いしばっています。
「これでどうだ! おりゃあっ!」
「わわわっ! 土俵の外へ出てしまった」

続きが見たい方はこちらをチェック!
pixiv.net/novel/show.php?id=10

pixivにてオリジナル小説の『左利きの次郎兵衛』後日録(後編)をアップしました。海賊の頭領を斬り倒した次郎兵衛が、おひさや太吉が待っている走島へ戻ったその後を描いています。本編完結後の『その後の次郎兵衛』をぜひお楽しみください。
=========================
おかげさまで、約1年間続いた『左利きの次郎兵衛』を無事に完結することができました。ここまで続けてきたのも、作品を応援してくれる皆さんのおかげです。今まで応援してくれて本当にありがとうございました!
=========================

左利きの次郎兵衛 後日録(後編)
pixiv.net/novel/show.php?id=10

算数神ジョー(pixivに掲載、作者:山中あきら)
pixiv.net/member_illust.php?mo

 小学生にとって、ため息をついてしまうのがテストの点数である。特に、0点を取ったときには先生のみならず、親からカミナリを落とされるのは確実だからなおさらである。
 この作品でも、算数のテストで0点を取った5人の児童が空気の読めない言葉をつぶやいていることに先生も怒り心頭である。あまりの超絶おバカぶりに、先生は黒板にトビラの絵を書いてから5枚の0点のテストでその周りを囲んだ。
 すると、そのトビラから現れたのは、算数の神様であるジョーことカゲン・ジョージョである。ジョーは、全員が100点になるまで外には出さないと児童たちの前で宣言した。
 そこで繰り広げるジョーと児童たちのバトルがまた面白い。児童漫画で定番のおしっこ&うんこネタや、児童たちのおバカ丸出しの珍回答にジョーの怒りが爆発したりとギャグの連続に子供たちのハートをわしづかみにしている。
 よくありがちな学習漫画とは違う、算数を題材にしながらもおバカぶりが満載の小学生が楽しめるドタバタギャグ漫画である。

「ヒマワリねっと文庫」のツイッター及びブログにて紹介した、児童向けネット小説・ネット漫画の中から選んだマンスリー賞及び特別賞作品の紹介と感想を記していきます。今日2本目は、児童漫画部門10月期特別賞の「算数神ジョー」を紹介します。

生徒会長はゴーストライター(カクヨムに掲載、作者:七海まち)
kakuyomu.jp/works/117735405488

 この作品のタイトルを見ると、少し前に起きたある作曲家にまつわるゴーストライター騒動を思い出す人もいるだろう。しかし、今回は生徒会副会長の少女と生徒会長の少年との関係を描いたものである。
 生徒会副会長の紗月は、掲示板に貼られた生徒会顧問の松谷先生からの呼び出しが記された紙を見てぼう然となっている。
 呼び出し場所の予備室へ入ると、そこには松谷先生ではなく、生徒会長のハルカが机に腰かけていた。あの呼び出しは、ハルカが松谷先生の筆跡をまねて書いたものである。
 松谷先生が生徒を呼び出すときは放送を使うというハルカの言葉に、紗月は自分がだまされたことへの悔しさをにじませている。そんな紗月の前にハルカが突き出したのは、紗月が担当している生徒会通信である。どうみても紗月が書いた字のように見えるが、これを書いたのは……。
 ハルカの筆跡模写術に加えて、暗号や推理といったミステリーの要素を取り入れた恋愛ものとしても十分に楽しめる作品といえよう。

「ヒマワリねっと文庫」のツイッター及びブログにて紹介した、児童向けネット小説・ネット漫画の中から選んだマンスリー賞及び特別賞作品の紹介と感想を記していきます。今日1本目は、児童文学部門10月期特別賞の「生徒会長はゴーストライター」を紹介します。

激アツ!定戦マスターズ(pixivに掲載、作者:オノ)
pixiv.net/member_illust.php?mo
 
 いつの時代も、子供たちの間ではいろんな遊びが流行するものである。古くはメンコやお手玉がそうだし、チョロQやミニ四駆のブームもまたしかりである。もちろん、自分たちだけでオリジナルの遊びを作り出すのも子供たちの楽しみである。
 この作品で取り上げる遊びは『定戦』と呼ばれる新感覚のバトルゲームである。これは、定規をペンの力で押し出して相手の定規を机の下へ落とすというものである。
 その定戦で毎回負け知らずなのが、主人公の小学6年生・賭事強男である。強男は、相棒の定規・グレートドラゴンを有して連戦連勝を続けている。
 そんな強男の前に現れたのは、隣町から転校してきた定戦のスペシャリスト・乗取勝造である。2人は、どっちが強いのか定戦でバトルすることになった。
 すると、強男と勝造の額が光っていることに同級生が気づいた。それは、2人が選ばれし定戦マスターである証拠といえるものである。
 強男と勝造による白熱した定戦バトルに、子供たちも思わず見入ってしまいそうな作品である。

「ヒマワリねっと文庫」のツイッター及びブログにて紹介した、児童向けネット小説・ネット漫画の中から選んだマンスリー賞及び特別賞作品の紹介と感想を記していきます。今日2本目は、児童漫画部門10月期マンスリー賞の「激アツ!定戦マスターズ」を紹介します。

飛べないニトと天空樹(カクヨムに掲載、作者:日向乙花)
kakuyomu.jp/works/117735405488

 一人前の大人になるというのは本人にしか分からない。そのためには、乗り越えなければならない様々な困難が待ち構えていることは間違いないだろう。
 この作品で、小高い丘から青空を見上げる少年こそが、主人公のニトである。
 ニトの背中には、白くて小さい翼がついている。しかし、ニトは小さい時の事故で、翼をはばたかせてもなかなか飛ぶことができない。そのことで、ニトはいつもクラスメイトにからかわれてばかりである。
 そんなニトが見ている視線の先には、大きくそびえたつ天空樹がある。この世界では、子供たちが天空樹の上まで飛びきる試練を乗り越えれば成人と認められる。
 けれども、ニトは小さい時のトラウマでまともに飛ぶことができない。そんなニトの元にやってきたのは、青い目をした少女・アミである。ニトはアミの励ましを受けながら、ゴールド・ウイングを目指して特訓をすることに……。
 特訓を続けるニトの成長を通して、努力の大切さを子供たちに伝えることができる作品である。

「ヒマワリねっと文庫」のツイッター及びブログにて紹介した、児童向けネット小説・ネット漫画の中から選んだマンスリー賞及び特別賞作品の紹介と感想を記していきます。今日1本目は、児童文学部門10月期マンスリー賞の「飛べないニトと天空樹」を紹介します。

pixivにてオリジナル小説の『左利きの次郎兵衛』後日録(後編)をアップしました。海賊の頭領を斬り倒した次郎兵衛が、おひさや太吉が待っている走島へ戻ったその後を描いています。本編完結後の『その後の次郎兵衛』をぜひお楽しみください。
=========================
おかげさまで、約1年間続いた『左利きの次郎兵衛』を無事に完結することができました。ここまで続けてきたのも、作品を応援してくれる皆さんのおかげです。今まで応援してくれて本当にありがとうございました!
=========================

左利きの次郎兵衛 後日録(後編)
pixiv.net/novel/show.php?id=10

pixivにてオリジナル小説の『左利きの次郎兵衛』後日録(後編)をアップしました。海賊の頭領を斬り倒した次郎兵衛が、おひさや太吉が待っている走島へ戻ったその後を描いています。本編完結後の『その後の次郎兵衛』をぜひお楽しみください。
=========================
おかげさまで、約1年間続いた『左利きの次郎兵衛』を無事に完結することができました。ここまで続けてきたのも、作品を応援してくれる皆さんのおかげです。今まで応援してくれて本当にありがとうございました!
=========================

左利きの次郎兵衛 後日録(後編)
pixiv.net/novel/show.php?id=10