ケンタシノリ @kenta_konomi@pawoo.net

Pinned Toot

『左利きの次郎兵衛』第3話 母ちゃんの子守唄とおねしょ小僧

◎プロット
★シーン1
 次郎兵衛は、手前にある高屋川のほとりに座って握り飯を食べていた。おつるが丹念に作ってくれただけあって、次郎兵衛は左手で持ちながら食べている。
 食べ終わった次郎兵衛は、その場で着物を脱いでふんどし1枚の姿になった。そして、次郎兵衛は着物と刀を右手で大事に抱えながら高屋川を歩きながら渡った。
 対岸まで渡り切った次郎兵衛だったが、そのとき何やら殺気らしきものを感じた。
 三度笠を外すと、そこには目の前からならず者たちが急襲してきた。間一髪でかわした次郎兵衛は、すぐさま鞘から刀を左手で引き抜いた。
 次々と現れたならず者連中に、次郎兵衛は自らの刀で縦横無尽に斬っていった。地面に次々と倒れた屍に、残ったならず者たちは怒りをにじませながら去っていった。
 次郎兵衛は再び着物を身に着けると、右腰に刀を差して再び歩き出した。左手に法泉院が見えると、この先には高屋宿の入口がある。
 しかし、高屋宿は天領と呼ばれる幕府の直轄地である。

Pinned Toot

『柿五郎の妖怪退治~ぼくのかあちゃを助けに行くぞ!』
 柿五郎は5歳になっても、幽霊や妖怪が恐くて便所から逃げ出してしまいます。そして、毎日のようにおねしょやおもらしをやってしまいます。
 そんなある日、柿五郎は魔の山へ入ったまま帰ってこないお母さんを探しに行きましたが…。

pixiv.net/series.php?id=814430
ncode.syosetu.com/n3503dn

Pinned Toot

『ユメルサ~アイドルグループの正体はアナウンサー!?~』
 夢宮和実は、今年入社したばかりの新人女性アナウンサー。ある日、同期の猿川加世と湯沢さゆ子といっしょに入った喫茶店で和実は自分の思いのたけをぶつけた。それは、一旦はあきらめたアイドルにもう一度なりたいというものである。これを聞いた加世とさゆ子は驚いた表情を見せたが、和実の熱心さに2人もいっしょに協力すると約束した。
 すると、これを聞いた喫茶店のマスターが3人でご当地アイドルグループを結成したらどうかと提案してきた。その喫茶店のマスター、実はかつて大手芸能事務所で女性アイドルのマネージャーだったが…。

ncode.syosetu.com/n8812ds/

Pinned Toot

pixivにてオリジナル小説「《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん」をアップしました! 突然の高熱にうなされて寝込んでしまった敬太くんですが……。

《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん 第6章(7)
pixiv.net/novel/show.php?id=92

Pinned Toot

『左利きの次郎兵衛』第2話 宿場町にうごめく闇(その8-7)

「次郎兵衛さん、何も再び旅に出なくても……」
「おつるの気持ちはよく分かる。でも、わしはおつるたちに再び危険な目に遭うのを見たくないのだ」
 別れがつらいのは、次郎兵衛もおつるも同じである。次郎兵衛は、そんなおつるの気持ちに寄り添いながら語りかけた。

 次郎兵衛が板の間から下りようとすると、亀蔵とおつるがお礼を兼ねて声を掛けてきた。
「本当なら、この亀島屋を継がせたかったけど……。別れるのは寂しいけど、次郎兵衛さんの意思を尊重しようか」
「ほんのささやかな気持ちだけど、握り飯を作ったから持っておいで」
 次郎兵衛が受け取ったのは、竹の皮で包まれた握り飯である。これだけあれば、旅の途中での腹の足しになるはずである。
「亀蔵とおつるのこと、絶対に忘れないようにするから」
 次郎兵衛は、2人との別れを惜しむように亀島屋から出てきた。
「それにしても、1枚の紙きれで人生の明暗が分かれるとは……」
 次郎兵衛は世の中の無常さを感じながら、終わりなき旅をするために矢掛宿を後にした。

pixivにてオリジナル小説の『左利きの次郎兵衛』第5話(その1)をアップしました。今回から、いよいよ第5話がスタートします!
次郎兵衛の左利きから繰り出す痛快なアクションにご期待ください!

左利きの次郎兵衛 第5話(その1)
pixiv.net/novel/show.php?id=98

『左利きの次郎兵衛』第5話 瀕死の次郎兵衛を救った島の親子(その2-2)

「そうだなあ……。わしがこの家で寝かせてから丸2日経過しているなあ」
 その言葉に、次郎兵衛は戸惑いを隠せなかった。弓矢で何か所も突き刺されて海に沈んだことを考えると、次郎兵衛が死の淵をさまよっていたことは間違いない。
「それにして、ここは一体どこなのだ……」
 すると、岸兵衛が寝かされている次郎兵衛のところへやってきた。
「ここは、魚島という名前の島なんじゃ」
 次郎兵衛は、走島とは別の島に漂流したことを知って驚きを隠せない。同じ瀬戸内海の島で雰囲気が似ているので、次郎兵衛は戸惑っている。
「弓矢を刺されてそのまま海に落ちたことは知っているけど……」
 次郎兵衛は海賊たちに襲われてから魚島に流れ着くまでのことを思い起こそうとするが、どのくらい流されたかは全く分からない。
 いずれにせよ、こんな自分を親身になって接する岸兵衛たちへの感謝の気持ちを忘れてはならないと心に誓った。

pixivにてオリジナル小説の『左利きの次郎兵衛』第5話(その1)をアップしました。今回から、いよいよ第5話がスタートします!
次郎兵衛の左利きから繰り出す痛快なアクションにご期待ください!

左利きの次郎兵衛 第5話(その1)
pixiv.net/novel/show.php?id=98

pixivにてオリジナル小説「《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん」をアップしました!

《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん 第6章(19)
pixiv.net/novel/show.php?id=98

『左利きの次郎兵衛』第5話 瀕死の次郎兵衛を救った島の親子(その2-1)

「そろそろ包帯を替えるから、ちょっと待っててね」
 おさちが掛け布団をめくると、そこには次郎兵衛がふんどし姿で寝かされていた。両腕と左足に包帯を巻かれたその姿は、かなり痛々しい様子である。
 おさちは包帯を外すと、薬草をすりつぶした薬を次郎兵衛の患部に擦り付けている。
「傷口がしみるかもしれないけど、しばらく辛抱しないと」
「い、いててっ……。いててててててててっ……」
 次郎兵衛は、あまりの激痛に顔をゆがめながらも必死に耐え続けた。海賊たちの本拠を何とか見つけたいと焦るところだが、まずは大ケガを完全に治すことが先決である。
 再び包帯を巻かれた次郎兵衛は、布団の上で仰向けになりながら何かを考えていた。
「それにしても、ここは一体どこだろうか……」
 この漁家で寝かされていた次郎兵衛は、こうつぶやいた。
「わしは、ここに流れ着いてからどのくらい経っているのか……」
 そのつぶやきに、父親らしき男はすぐに口を開いた。

pixivにてオリジナル小説「《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん」をアップしました!

《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん 第6章(19)
pixiv.net/novel/show.php?id=98

pixivにてオリジナル小説の『左利きの次郎兵衛』第5話(その1)をアップしました。今回から、いよいよ第5話がスタートします!
次郎兵衛の左利きから繰り出す痛快なアクションにご期待ください!

左利きの次郎兵衛 第5話(その1)
pixiv.net/novel/show.php?id=98

『左利きの次郎兵衛』第5話 瀕死の次郎兵衛を救った島の親子(その1-6)

 3人の男の子のうち、年上の岩太郎は着物にふんどし姿、幼い2人の仁助と海吉は腹掛け姿である。
 すると、次郎兵衛はゆっくりと起き上がろうとしていた。
「ここでずっと寝ているわけには……。うっ! いてててててっ……」
 ガマンできないほどの激しい痛みに、次郎兵衛はそのまま立ち上がることができない。
「大ケガしている人が、こんなところで無理をしたらダメだ」
「無理をしてケガが治らなかったらどうするの」
 次郎兵衛に少し厳しい言葉を掛けた岸兵衛とおさちだが、それは大ケガを早く治してほしいという2人の親心が込められている。
 そんな2人の気遣いに、次郎兵衛はそのまま布団の中で安静にすることにした。

pixivにてオリジナル小説「《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん」をアップしました!
pawooでは新作の冒頭部分を掲載いたします!

《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん 第6章(19)

 敬太たちが家へ戻って引戸の手前へやってくると、盛兵衛とおひさが切羽詰まった表情で出てきました。
「おっとう! おっかあ! 遅くなってごめんなさい!」
「敬太くん! 無事に帰ってくれて本当によかった……。こんなに夜遅くになるまで帰ってこないから心配してたのよ」
 盛兵衛たちは、こんな暗い中で大雨が降っても帰ってこない敬太とワンべえを探しに行くところでした。敬太たちの姿を見て、盛兵衛もおひさもうれしさを隠せません。
 すると、盛兵衛は敬太の後ろにいる獣人の夫婦を怪訝そうに見つめています。小さい子供ならともかく、大人の獣人はとても恐ろしくて人間たちに襲いかかってくる存在だからです。

続きが見たい方はこちらをチェック!
pixiv.net/novel/show.php?id=98

『左利きの次郎兵衛』第5話 瀕死の次郎兵衛を救った島の親子(その1-5)

 この漁家で寝かされていた次郎兵衛は、こうつぶやいた。
「わしは、ここに流れ着いてからどのくらい経っているのか……」
 そのつぶやきに、父親らしき男はすぐに口を開いた。
「そうだなあ……。わしがこの家で寝かせてから丸2日経過しているなあ」
 その言葉に、次郎兵衛は戸惑いを隠せなかった。弓矢で何か所も突き刺されて海に沈んだことを考えると、次郎兵衛が死の淵をさまよっていたことは間違いない。
「それにして、ここは一体どこなのだ……」
 こんな知らないところに流れ着いた理由は次郎兵衛も分からない。しかし、ここにいる家族は悪い人たちではないようである。
「こんなわしを助けてくれるとは、感謝してもしきれない」
 次郎兵衛の謙虚さに、父親らしき男は、自分の家族のことを話し始めた。
「わしの名前は岸兵衛というものじゃ。隣にいるのが女房のおさちで、おまえさんの周りにいるのが岩太郎、仁助、そして海吉の3人の男の子じゃ」

pixivFANBOXで連載小説「宇宙クルーズ船『The Earth』」第27話を公開しました! 支援者限定ページにて公開しています!
pixiv.net/fanbox/creator/72099

『左利きの次郎兵衛』第5話 瀕死の次郎兵衛を救った島の親子(その1-4)

 海の中へ落ちた次郎兵衛は、かすかに聞こえる海賊たちの笑い声が耳に入った。何とか木舟に戻りたいという思いとは裏腹に、次郎兵衛の意識は次第に薄れていった。

 どのくらいの時間が経過したのだろうか。
 意識を失ったはずの次郎兵衛が気づいたとき、目の前には見慣れない風景がかすかに見えてきた。
「わしは、そのまま意識がなくなって海の中に沈んでしまったはずでは……」
 次郎兵衛が意識を取り戻すと、そこには見慣れない親子がいることに気づいた。
「ようやく気がついてくれたのか……」
「もしかして、このわしを助けてくれたのは……」
 次郎兵衛は、枕元にいる父親らしきものに小声を掛けた。すると、その父親は次郎兵衛を助けたときのことを話し始めた。
「わしがいつも通りに漁へ出かけようとしたとき、砂浜におまえさんが流れ着いたのを見つけたのじゃ」
 父親はとりあえず家へ運ぶと、次郎兵衛を寝かせて意識が戻るのを待っていたそうである。

『左利きの次郎兵衛』第5話 瀕死の次郎兵衛を救った島の親子(その1-3)

 海賊たちが放った矢は、必死にかわし続けた次郎兵衛の手足に次々と命中した。
「いてて……。これしきのことで逃げるわけには……」
 次郎兵衛は刺さった矢を手で抜くと、傷口から血が流れながらも敵の攻撃をどうにかしてかわそうと刀を握っている。
 その様子を、海賊連中は不気味な笑みを浮かべながらつぶやいた。
「このまま心の臓に向かって矢を放てば、おれたちに泥を塗ったあの男を始末することができるぜ」
 海賊たちは、動きの鈍くなった次郎兵衛へ一斉に矢を放った。何とかして自らの刀で斬り落とそうと次郎兵衛が試みた、そのときのことである。
「うっ! いててて……」
 左腕に敵が放った矢が3本も刺さると、次郎兵衛は誤って木舟から海中へ落ちてしまった。海賊たちは、再び次郎兵衛が海面から上がるのを見計らって弓矢を構えていた。
 しかし、次郎兵衛は海中に沈んだまま一向に海面へ上がってこない。
「あれだけおれたちを苦しめた三度笠の男がお陀仏になるとはなあ、ぐはははは!」

pixivFANBOXで連載小説「宇宙クルーズ船『The Earth』」第26話を公開しました! 支援者限定ページにて公開しています!
pixiv.net/fanbox/creator/72099

『左利きの次郎兵衛』第5話 瀕死の次郎兵衛を救った島の親子(その1-2)

「おっと、ここから先に行かせるわけにはいかないな」
「どういうことだ」
「おめえを血まみれにして、地獄へ落とすことがおれたちの目的だぜ」
 十数人はいると思われる海賊連中は、次郎兵衛をその場で始末しようと弓矢を構えている。そんな状況でも、次郎兵衛は冷静な顔つきであることに変わりはない。
 すると、海賊連中は次郎兵衛に向かって一斉に矢を飛ばしてきた。これを見た次郎兵衛は、すかさず刀を抜いては敵の放った矢を斬り落とした。
「殺せ! 殺せ! 三度笠の男を殺せ!」
 海賊たちにとって、目の前にいる次郎兵衛は邪魔な存在でしかない。殺気に満ちた目つきは、海賊たちが今までとは違うと如実に示すものである。
 次郎兵衛は手慣れた刀さばきで矢を叩き落としているが、敵のほうも弓矢による攻撃をやめる気配がない。
「海賊連中の攻撃が、こんなにしぶといとは……」
 必死に矢を落とす次郎兵衛であるが、ほんのごくわずかの隙を海賊たちは見逃すはずがなかった。

pixivFANBOXで連載小説「宇宙クルーズ船『The Earth』」第25話を公開しました! 支援者限定ページにて公開しています!
pixiv.net/fanbox/creator/72099

『左利きの次郎兵衛』第5話 瀕死の次郎兵衛を救った島の親子(その1-1)

 走島を離れた次郎兵衛は、沖合に向かって木舟を漕ぎ続けている。
「海賊連中の本拠と言っても、一体どこへ潜んでいるのだろうか……」
 海賊たちの強みは、瀬戸内海の島々を知り尽くしているところである。遠距離攻撃と接近戦を使い分けることができるのも、海賊たちの厄介なところである。
 その辺りは、次郎兵衛もこれまで敵と戦った経験から実証済みである。だからと言って、次郎兵衛は決して気を緩めることはない。
 木舟の向きを変えると、次郎兵衛は広い海の上を1人で漕ぎ続けている。
「無数にある小さい島々を調べれば、海賊連中がどこに潜んでいるのか分かるというものだ」
 次郎兵衛は、誰も住んでいない無人島に海賊たちの本拠があるのではと心の中で考えている。しかし、そこへたどり着く前に次郎兵衛は早くも試練に立たされることになった。
 次郎兵衛が漕いでいた木舟の周りに、突如として海賊連中の乗った木舟が海上で取り囲んできたのである。

『左利きの次郎兵衛』第5話 瀕死の次郎兵衛を救った島の親子

◎プロット
★シーン9
 そして、次郎兵衛は海賊連中がこの島から木舟で去っていくのを目撃した。自分の居場所が敵に知られたのではと感じた次郎兵衛は、これ以上島の住民を巻き込みたくないという気持ちがある。
 次郎兵衛は、意を決して海賊たちの本拠へ行くことを岸兵衛とおさちに伝えた。最初は反対していた2人も、次郎兵衛が頭を下げながらお願いしている様子にそこへ行くことを許すことにした。
 再び会うことを約束すると、海岸に置き去りにされた敵の木舟に乗り込んだ。そして、次郎兵衛は海賊たちの本拠に向かって漕ぎ続けている。

@CreativeBooster いつもトゥートをブースト&お気に入りに入れてありがとうございます! これからも応援よろしくお願いします!

『左利きの次郎兵衛』第5話 瀕死の次郎兵衛を救った島の親子

◎プロット
★シーン8
 やがて、次郎兵衛は普段通りに動けるようになると、その恩返しとして岸兵衛や岩太郎とともに漁の仕事にも出かけるようになった。
 次郎兵衛は太吉仕込みの投げ漁を行うと、しばらくして挙げた網の中に数多くの魚がかかっていた。こうして、3人で協力したおかげで海の恵みを家へ持ち帰ることができた。
 もちろん、次郎兵衛が行うのは漁の仕事だけではない。おねしょをやってしまった仁助や海吉をやさしく励ますのも、次郎兵衛の役割である。
 次郎兵衛は、庭の物干しに2人の子供が描いたおねしょ布団を干している。そのとき、次郎兵衛は何やら殺気らしきものを感じた。
 すぐ近くにある木のほうへ近づくと、いきなり次郎兵衛に向かって弓矢が次々と放たれた。しかし、次郎兵衛は素早い刀さばきで弓矢を斬り落とした。
 そして、目の前に現れた海賊2人をその場で斬り倒した。海賊たちを倒した次郎兵衛だったが、それは同時に海賊がこの魚島にも迫ってきたという現実を突きつけるものである。