ケンタシノリ @kenta_konomi@pawoo.net

Pinned Toot

『左利きの次郎兵衛』第3話 母ちゃんの子守唄とおねしょ小僧

◎プロット
★シーン1
 次郎兵衛は、手前にある高屋川のほとりに座って握り飯を食べていた。おつるが丹念に作ってくれただけあって、次郎兵衛は左手で持ちながら食べている。
 食べ終わった次郎兵衛は、その場で着物を脱いでふんどし1枚の姿になった。そして、次郎兵衛は着物と刀を右手で大事に抱えながら高屋川を歩きながら渡った。
 対岸まで渡り切った次郎兵衛だったが、そのとき何やら殺気らしきものを感じた。
 三度笠を外すと、そこには目の前からならず者たちが急襲してきた。間一髪でかわした次郎兵衛は、すぐさま鞘から刀を左手で引き抜いた。
 次々と現れたならず者連中に、次郎兵衛は自らの刀で縦横無尽に斬っていった。地面に次々と倒れた屍に、残ったならず者たちは怒りをにじませながら去っていった。
 次郎兵衛は再び着物を身に着けると、右腰に刀を差して再び歩き出した。左手に法泉院が見えると、この先には高屋宿の入口がある。
 しかし、高屋宿は天領と呼ばれる幕府の直轄地である。

Pinned Toot

『柿五郎の妖怪退治~ぼくのかあちゃを助けに行くぞ!』
 柿五郎は5歳になっても、幽霊や妖怪が恐くて便所から逃げ出してしまいます。そして、毎日のようにおねしょやおもらしをやってしまいます。
 そんなある日、柿五郎は魔の山へ入ったまま帰ってこないお母さんを探しに行きましたが…。

pixiv.net/series.php?id=814430
ncode.syosetu.com/n3503dn

Pinned Toot

『ユメルサ~アイドルグループの正体はアナウンサー!?~』
 夢宮和実は、今年入社したばかりの新人女性アナウンサー。ある日、同期の猿川加世と湯沢さゆ子といっしょに入った喫茶店で和実は自分の思いのたけをぶつけた。それは、一旦はあきらめたアイドルにもう一度なりたいというものである。これを聞いた加世とさゆ子は驚いた表情を見せたが、和実の熱心さに2人もいっしょに協力すると約束した。
 すると、これを聞いた喫茶店のマスターが3人でご当地アイドルグループを結成したらどうかと提案してきた。その喫茶店のマスター、実はかつて大手芸能事務所で女性アイドルのマネージャーだったが…。

ncode.syosetu.com/n8812ds/

Pinned Toot

pixivにてオリジナル小説「《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん」をアップしました! 突然の高熱にうなされて寝込んでしまった敬太くんですが……。

《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん 第6章(7)
pixiv.net/novel/show.php?id=92

Pinned Toot

『左利きの次郎兵衛』第2話 宿場町にうごめく闇(その8-7)

「次郎兵衛さん、何も再び旅に出なくても……」
「おつるの気持ちはよく分かる。でも、わしはおつるたちに再び危険な目に遭うのを見たくないのだ」
 別れがつらいのは、次郎兵衛もおつるも同じである。次郎兵衛は、そんなおつるの気持ちに寄り添いながら語りかけた。

 次郎兵衛が板の間から下りようとすると、亀蔵とおつるがお礼を兼ねて声を掛けてきた。
「本当なら、この亀島屋を継がせたかったけど……。別れるのは寂しいけど、次郎兵衛さんの意思を尊重しようか」
「ほんのささやかな気持ちだけど、握り飯を作ったから持っておいで」
 次郎兵衛が受け取ったのは、竹の皮で包まれた握り飯である。これだけあれば、旅の途中での腹の足しになるはずである。
「亀蔵とおつるのこと、絶対に忘れないようにするから」
 次郎兵衛は、2人との別れを惜しむように亀島屋から出てきた。
「それにしても、1枚の紙きれで人生の明暗が分かれるとは……」
 次郎兵衛は世の中の無常さを感じながら、終わりなき旅をするために矢掛宿を後にした。

『左利きの次郎兵衛』第4話 太吉との出会い、そして島に忍び寄る海賊の影(その2-1)

 次郎兵衛は太吉の指示を受けながら、島に向かって漕ぎ続けている。
「おじちゃん、おいらの言う通りに漕いでくれよ」
「島へ行く方向は分かるか?」
「おいらはいつも漁に出ているから、それくらい分かるぞ」
 陸地から離れてしばらく漕いでいると、かすかに島らしきものが見えてきた。
「この先にある島が走島なのか?」
「あの島が、おいらの家族が暮らす走島だぞ」
 次郎兵衛は木舟を漕ぎながら、太吉の右腰をじっと見つめている。太吉の右腰につけているものが、どうしても気になるからである。
「太吉、腰につけているのは?」
「おじちゃん、知らないの? これはスカリという網袋だぞ。魚が取れたらここに入れるんだ」
 海を見ることが珍しい次郎兵衛にとって、漁を行っている太吉から学ぶことは多い。いくら大人といえども、海を知り尽くした少年の言葉には説得力があることを思い知らされた。
 やがて、小舟は砂浜に面した波打ち際に到着した。太吉はようやく走島へ戻れたことにホッと一息をついた。

pixivにてオリジナル小説の『左利きの次郎兵衛』第4話(その1)をアップしました。今回から、いよいよ第4話がスタートします!
次郎兵衛の左利きから繰り出す痛快なアクションにご期待ください!

左利きの次郎兵衛 第4話(その1)
pixiv.net/novel/show.php?id=96

『左利きの次郎兵衛』第4話 太吉との出会い、そして島に忍び寄る海賊の影(その1-5)

「おっかあは、生まれたばかりの赤ちゃんの世話や家のことで精一杯なんだ。だから、おいらがおっとうの代わりに漁に出ているんだ」
 まだ子供であるにもかかわらず、太吉は父親のいない一家の重責を負わなければならない立場にある。これを聞いて、次郎兵衛は太吉のためにどんなことができるのか考えていた。
「わしが漕ぐのを手伝うから、この木舟で島のほうへ戻ろうか」
「おじちゃんも一緒にくるの?」
「ああ、そうさ。走島がどこにあるのか指示してくれれば、それに従って漕げばいいわけだし」
 次郎兵衛はその場で着物を脱いでふんどし姿になると、その着物を持って木舟に乗り込んだ。そして、太吉とともに波打ち際から走島へ向かって木舟を漕ぎ出した。

『左利きの次郎兵衛』第4話 太吉との出会い、そして島に忍び寄る海賊の影(その1-4)

 少年の言葉を聞いた次郎兵衛は、波打ち際に打ち上げられた木舟のほうへ行った。
「これを子供1人で乗りこなしていたとは……」
 次郎兵衛が驚くのも無理はない。大人ならともかく、少年が自分の力で木舟を動かすのは非常に大変なことである。
「わしは次郎兵衛という者だ。君の名前は?」
「おいらは太吉という名前さ。でも、どうしてそういうことを聞くの?」
 お互いに自己紹介をした2人だが、太吉は急に改まった態度を見せる次郎兵衛に疑問を抱いていた。
 そんな疑問を払拭したのは、次郎兵衛が発したこの言葉である。
「太吉、父親と一緒に漁をしたりとかしないのか?」
 この言葉に、太吉はうつむきながらこうつぶやいた。
「おっとうは死んじゃったんだ……。漁をしているときに、いきなり海賊に襲われて……」
 父親を失った突然の出来事に、太吉は深い悲しみに包まれた。二度と目を開けることもない父親の屍のそばで、太吉はずっと泣き続けていた。

pixivFANBOXで連載小説「宇宙クルーズ船『The Earth』」第7話を公開しました! 支援者限定ページにて公開しています!
pixiv.net/fanbox/creator/72099

『左利きの次郎兵衛』第4話 太吉との出会い、そして島に忍び寄る海賊の影(その1-3)

 そのとき、後ろから子供らしき声が次郎兵衛の耳に入った。次郎兵衛は、再び砂浜のほうへ向きを変えることにした。
 そこには、10歳くらいのふんどし姿の少年が立ち尽くしていた。少年は、途方に暮れた様子でうつむいている。
 これを見た次郎兵衛は、少年のそばに近づいて声を掛けた。
「何か元気がないようだが、どうしたの?」
「だって……。うううっ……」
 少年は何かを言いかけた途端、思わず泣きべそ姿を次郎兵衛の前で見せてしまった。すると、次郎兵衛はその少年と一緒に砂浜に座ることにした。
「そんなに泣かなくても大丈夫だぞ。わしがちゃんと聞いてあげるから」
「実は……。ここから遠く離れた走島の沖のほうで漁をしようと小舟を漕いでいたけど……」
 少年はたどたどしい口調で自分が置かれている状況を語ったが、その途中で言葉が詰まりかけた。
 しかし、自分がここにいることを次郎兵衛に伝えようと、少年は再び口を開いた。
「でも、途中で潮に流されてここまできてしまったの……」

pixivFANBOXで連載小説「宇宙クルーズ船『The Earth』」第6話を公開しました! 支援者限定ページにて公開しています!
pixiv.net/fanbox/creator/72099

『左利きの次郎兵衛』第4話 太吉との出会い、そして島に忍び寄る海賊の影(その1-2)

 すると、次郎兵衛は冷静さを保ちながら左利きで刀を構えた。
「左利きということは、もしかして次郎兵衛なのか?」
「左利きの次郎兵衛とは、このわしのことさ」
 次郎兵衛が左利きであることは、ならず者の間で知られた存在である。もっとも、ならず者たちは次郎兵衛が自分たちにとって邪魔者であることは言うまでもない。
「こんなところで会うとは、おれたちにとって好都合だぜ」
「好都合というのは、こういうことを言うんだよ!」
 ならず者たちは、すかさず次郎兵衛に刀で斬りかかった。しかし、次郎兵衛は研ぎ澄まされた刀さばきでならず者連中を次々と斬りまくった。
 次郎兵衛の周りには、ならず者たちの屍がそこかしこに転がっている。ならず者連中は、この状況に歯が立たないという雰囲気が漂い始めた。
「くそっ! 覚えてやがれよ!」
 残った連中は、言葉を吐き捨てながらその場から去ることになった。次郎兵衛は鞘に刀を入れると、砂浜から離れて鞆の浦へ向かおうとした。

『左利きの次郎兵衛』第4話 太吉との出会い、そして島に忍び寄る海賊の影(その1-1)

 ここは、沼隈半島の南端にある鞆の浦へ向かう道である。その道を歩いているのは、終わりなき旅を続けている旅人姿の男である。
 左を振り向けば、そこは瀬戸内海とその島々が見渡すことができる砂浜がある。
「広い海が見えるところを歩くのは、いつ以来だろうか」
 次郎兵衛は、久しぶりに見る海の風景に立ち止まることにした。そうは言っても、ならず者から命を狙われている立場であることを決して忘れてはいない。
 次郎兵衛は周囲を警戒しつつも、海が見える松の木のそばで一休みすることにした。砂浜では、ふんどし姿や腹掛け姿の子供たちが何人も泳いだり遊んだりしている。
 その様子を眺めていた次郎兵衛であるが、後ろからはならず者たちが命を狙おうと刀を抜いてきた。
 どんな状況であっても、次郎兵衛は冷静そのものである。次郎兵衛は、振り向きざまに背後からの敵をバッサリと斬り倒した。
 これを見たならず者たちは、5人がかりで次郎兵衛に襲いかかってきた。

『左利きの次郎兵衛』第4話 走島で見つけた母子の愛情

◎プロット
★シーン17
 次郎兵衛にとって、これは今までの戦いとは様相が異なるものである。太吉たちに再び会うことなく、そのままあの世へ行ってしまう可能性も否定できない。
 しかし、海賊たちによる略奪や殺害は走島だけでなく、瀬戸内海の島々にも及んでいるそうである。平穏な生活を望む島民のためにも、次郎兵衛は命を懸けて戦うと心に誓った。
 次郎兵衛は、おみさと太吉に再びこの島へ戻ると約束すると自らの小舟に乗って波打ち際から漕ぎ出して行った。

『左利きの次郎兵衛』第4話 走島で見つけた母子の愛情

◎プロット
★シーン16
 これを見た次郎兵衛は、敵の乗った小舟に乗り込んでは即座に2人を斬っていった。
 波打ち際から去ろうとする海賊たちを追って、次郎兵衛は小舟で向かうことにした。
 しかし、海を知り尽くしている海賊たちに次郎兵衛が追いつけるはずがなかった。
 次郎兵衛は、今回の件について義直に報告した。略奪行為を繰り返す海賊たちの島への上陸を阻止したことに、義直は手放しで絶賛した。
 しかし、海賊たちを完全に倒すことができなかったことが次郎兵衛にとって心残りとなった。
 再びおみさの家へ戻った次郎兵絵は、突然姿を消したことを詫びた。すると、おみさは次郎兵衛にやさしい言葉を掛けた。それは、よほどのことがない限り次郎兵衛が早朝に家を出ることがないからである。
 そして、次郎兵衛は海賊たちの本拠へ単身で乗り込む旨をおみさたちに伝えた。あまりの危険なことに、おみさと太吉は絶対にやめてほしいと涙を流しながら懇願した。それでも、次郎兵衛は自分の意思を変えることはなかった。

『左利きの次郎兵衛』第4話 走島で見つけた母子の愛情

◎プロット
★シーン15
 海賊連中は、外見から見ても素行の悪さが際立って目立っている。この島を治めている義直も困り果てるほどの荒くれ集団である。
 それを裏づけるように、海賊たちは島から金目の物を奪うのを目的としている。そして、抵抗しようものなら、物品の破壊や殺戮も厭わない冷酷さを持っている。
 次郎兵衛は、海賊たちの思い通りにさせてはならないと砂浜へ出てきた。海賊たちは、たった1人で対峙する次郎兵衛に次々と武器を取り出した。敵が手にしているのは刀だけでなく、短刀や槍など様々である。
 太陽が昇る中、次郎兵衛は敵に臆することなく左手で刀を抜いた。海賊たちが一斉に襲いかかると、次郎兵衛は敵の動きに合わせて次々と斬り倒した。
 敵の多さに手こずることもあったが、それでも次郎兵衛は縦横無尽の刀さばきで斬りまくっている。
 砂浜の上には、動けなくなった海賊たちの屍が転がっている。刀を突き出して近づく次郎兵衛に、残った10人足らずの海賊たちはそのまま小舟に乗ろうとした。

pixivFANBOXで連載小説「宇宙クルーズ船『The Earth』」公開中です! 第1話は無料公開、第2話以降は支援者限定ページにて公開しています!
第1話(無料公開) pixiv.net/fanbox/creator/72099
第2話 pixiv.net/fanbox/creator/72099
第3話 pixiv.net/fanbox/creator/72099
第4話 pixiv.net/fanbox/creator/72099
第5話 pixiv.net/fanbox/creator/72099

『左利きの次郎兵衛』第4話 走島で見つけた母子の愛情

◎プロット
★シーン14
 おみさの言葉に、次郎兵衛は布団に入って寝ようとしてもなかなか眠ることができない。
 島に上陸しては我が物顔で殺戮と破壊を行う海賊連中、弓矢で次郎兵衛たちをいきなり襲ってきた小舟の男たち……。
 次郎兵衛は、これまでで最も手強い相手と相対することになると確信した。
 その確信を裏づけるように、夜明け前の沖合には小舟の船団が10艘編成で近づいてきている。
 敵の影が近づく様子は、次郎兵衛にもひしひしと感じていた。引戸が閉まっていて外が見えなくても、今まで培ってきた感覚がそのまま呼び起こされている。
 次郎兵衛は刀が入った鞘を右腰に差すと、おみさたちが寝ているのを確認してから引戸をそっと開けた。
 外へ出ると、夜が明けて太陽が東のほうから昇っていた。しかし、次郎兵衛にはそれに見とれている余裕などない。
 次郎兵衛は身を潜めながら砂浜のほうを見ると、そこには海賊が30人ほどの集団で小舟から下りてくるのを目撃した。

pixivFANBOXで連載小説「宇宙クルーズ船『The Earth』」第5話を公開しました! 支援者限定ページにて公開しています!
pixiv.net/fanbox/creator/72099

pixivFANBOXで連載小説「宇宙クルーズ船『The Earth』」第4話を公開しました! 支援者限定ページにて公開しています!
pixiv.net/fanbox/creator/72099

pixivにてオリジナル小説「《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん」をアップしました! 敬太くんと双子の獣人が壮絶なバトルを繰り広げます!

《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん 第6章(14)
pixiv.net/novel/show.php?id=95

『左利きの次郎兵衛』第4話 走島で見つけた母子の愛情

◎プロット
★シーン13
 次の日も、次郎兵衛は敵が使っていた小舟を漕ぎながら沖へ向かっていた。いつもならここで漁にいそしむところだが、今日はそれが目的ではない。
 次郎兵衛は、ふんどし姿で海の周りを見回した。ここにいる以上、いつ海賊が現れてもおかしくないからである。
 しかし、一向に海賊が現れる気配がないことに次郎兵衛は首を傾げている。いずれにせよ、次郎兵衛は海賊をこの島に入らせないようにするにはどうするべきかを改めて考えている。
 それは、薪割りをしているときも同様である。太吉たちに声を掛けられても、次郎兵衛は無言で薪割りを続けている。
 次郎兵衛の様子が気になったおみさは、晩ご飯の火おこしをしている次郎兵衛に声を掛けた。すると、次郎兵衛は海賊のことがどうしても気になる旨を伝えた。
 そのことを晩ご飯のときに聞くと、おみさから1年前のことを話し出した。それは、走島の砂浜から海賊が10人ぐらいの集団で家々を襲っては、殺戮や破壊を繰り返したというものである。

pixivにてオリジナル小説「《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん」をアップしました! 敬太くんと双子の獣人が壮絶なバトルを繰り広げます!

《獣人のこども》おねしょ敬太くんの大ぼうけん 第6章(14)
pixiv.net/novel/show.php?id=95