Kazuhiro HISHINUMA, MSc. @kazh98@pawoo.net

The paper "Fixed point quasiconvex subgradient method" authored by me and Professor Hideaki Iiduka has been accepted for publication in the European Journal of Operational Research.
The paper proposes an algorithm for solving nonsmooth quasiconvex optimization problems over the fixed point sets of firmly nonexpansive mappings.
We look forward to your comments.

sciencedirect.com/science/arti

【明治大学理工学部情報科学科】飯塚秀明専任教授が 「公益社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会研究賞」を受賞しました
twitter.com/Meiji_Univ_PR/stat

I'm very glad to hear about the acceptance of our paper.

Our research paper entitled ``Fixed point quasiconvex subgradient method'' has been accepted for publication in the European Journal of Operational Research. We would like to express our gratitude to all people who contributed to improving our research, including the editor, reviewers, many professors who gave valuable advice to us in the research conferences, and my supervisor, Professor Hideaki Iiduka. I hope that our paper contributes to the development of operational research.

I enjoyed many valuable research discussions at NACA-ICOTA2019! I'd like to express my gratitude for giving me a lot of comments to improve our research. I'm looking forward to seeing you again. Thank you.

I've now arrived at Hakodate. Today, I'm planning to discuss our research with my supervisor Prof. Iiduka and to prepare our research talk for NACA-ICOTA2019.

I'll be as a staff at the conference NACA-ICOTA2019.
If you need any assistance, please ask me.
(I'll wear a staff badge and a kimono at the conference. So, I think you can find me easily!!!)

We talk about our research at the joint conference NACA-ICOTA2019 held at Hakodate, Japan on Aug. 27th. The presentation topic is about the rates of convergence of the fixed point quasiconvex subgradient method which we proposed at the conference NAO2018. We are looking forward to discussing our research with you!
wgnaca.org/naca-icota2019/

特に激しい運動をしたわけでもなく、ただいつもどおりに研究をしていただけなのだが、なぜか全身筋肉痛になっています。 なぜだ。

きょうは研究室が寒いですね。(金曜日は授業などが重なって人が少ないので)

Why can we use Google Colaboratory for free?

フォロワーさんに、私と同じく学振特別研究員または官公職に就かれている方も多く居ると思いますが、年次書類の新元号対応は如何しているのでしょうか? (私は正確性を期すため、平成32年を令和2年に書き換える作業に追われています。 平成32年のままでも良い気はしますが。。。)

先週末に証明ができたと思っていた命題、きょう大学に来て見返したら証明に見落としがあり間違っていた。 間違えに気付けたことを幸運と思うか、いや、でも間違えていたことはやはり凹みますね。

昨日から頭を悩ませていた命題、自力で導出するのを諦め文献調査をしていたら、私の苦手な定理から簡単に導かれるものだった。 うむ、やはり苦手は残すと後に効くね。 勉強しよう。

Python プログラムで単純だが非常に時間のかかる計算がいくつかあり、これを逐次的に動かすと時間ばかり浪費してしまうが、かといって同時に動かすのも面倒で、、、と思っていたら、joblib というものがあるらしい。 これを使うとfor 文内相当の処理を並列に実行できるようで、「探していたものはこれだ!」と早速使ってみると、爆速。 これは良いことを知った。

数年前に行った研究について、少し追加で検証したい部分が出てきたので、過去の実験プログラムを掘り出してきたのだが、うっ、MPI、、、若さというのは怖いものだね。(いまの自分にはMPI で並列計算をガリガリ書く元気はないよ、必要ならやるケドね。)

論文を
読んだら理解が
   深まった

あっちを打ったらこっちが出てくるといった具合に、うむ、議論が暗礁に乗り上げてしまった。 こういうときは、もう少し、肩の力を抜くべきですね。 「イタズラするくらいの気持ちでやらなきゃ、面白くないでしょ?」という高校生の頃の自分の口癖が、ふと頭に浮かんだ。

今年も残すところあと5時間を切りました。この一年間、多くの皆さんにお支え頂いたこと、この場を借りて感謝申し上げます。
年末のご挨拶ついでに、現職の任期が切れる2020年4月以降のお仕事を探しています。非研究職でも、私の力がお役に立てるなら大歓迎ですので、ご興味がおありの方はお気軽にお声をおかけ下さい:-)
linkedin.com/in/kazh98/