Kazuhiro HISHINUMA, MSc. is a user on pawoo.net. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse. If you don't, you can sign up here.
Sign up

Kazuhiro HISHINUMA, MSc. @kazh98@pawoo.net

研究室の写真集( arnip.org/photos/ ) を公開するために、JPEG入れたディレクトリを食わせるとそれっぽいアルバムページを生成するツールを自分で作って使っていたのだが、特に隠しているわけでもないのでGitHub でツールのソースコードを公開した。 拙い私用のツールですが、もしよければどうぞ。
github.com/kazh98/risals

高速化に数日悩んでいた演算の実装方法、ふとstackoverflow を眺めたら極めて初歩的な技法で解決可能なことに気付いた。 何事も煮詰まりすぎるのはよろしくない。

論文を読み、「この主張はさすがに変だな(これは研究の余地があるな)」と思う箇所を見つけ気合を入れたが、読み進めると「これは納得だ」と合点が行くパターンだった。
[論文を 読んだら理解が 深まった]

そういう我々の研究室の学部生は、昨日無事、最後の山場こと卒業研究発表会を終えた。 未踏の地を探るが研究な故、紆余曲折こそあったものの、1年半共に過ごした後輩たちが、それぞれに有終の美を飾る姿を見ることができ、一人の先輩として嬉しさがこみ上げた。

この1ヶ月くらい学部生の卒論指導が続いていたので、手続き上送られてきた修士学生の修論原稿にも、ついうっかり癖で添削してしまった。 いけないいけない。

学部生の卒研発表が近づき、詰めの後輩指導をしつつだと細切れの時間しか取れないので、いっその事研究ツールの整備に舵を切ることにした。 普段やろうと思ってもなかなかできないことではあるので、今後の研究作業の効率化を考えると、何だかんだ良い機会かもしれない。

各パッケージを更新する際、その更新作業に用いるパッケージマネージャ自体を最新のものにすることは、極めて重要な注意点であることを改めて痛感した。

conda upgrade conda、を実行してからconda upgrade -all を実行したら、すんなりパッケージ更新が通った。

後輩指導のために作業環境を合わせる必要が出てきたこともあり、良い機会なのでサボっていたAnaconda のアップデートを敢行。 案の定、大量のパッケージ更新と、湧き出る更新エラーに試行錯誤しながら、優雅な週末を過ごしている(現在進行形)。

今取り組んでいる研究の作業が一山を越え、少し安堵している。(とは言え、まだ完了したわけではないが。)

Pawoo、今はMastodon 1.x 系列なのですね。(使っている他のインスタンスは2.x 系列なので、Pawoo も2.x だろうと勝手に思い込んでいた。)

時期も時期なので、ここのところゼミ生の論文を添削することが多く、普通に論文を読む際にもつい癖で添削コメントのように「この記述は不要」「これを書かないと伝わらない」などと書き入れてしまう。 が、案外分かりやすいので、これはこれで良い論文の読み方かもしれない。

線形計画問題をソルバ向けにモデリングする際、今までは(既存の実装を使うまでもないと、)LP ファイルを生成するスクリプトをフルスクラッチしていたが、いざPuLP を触ってみると、確かにこれは使いやすいかもしれない。(当然ではあるが。)

きょうは新年の仕事始めでした。 春の学会への発表要旨を書きつつ、ゼミ生の論文やレジュメを添削していたら、あっという間に一日が終わりました。 正月三が日は普段の疲れが出たのか、少し不調でしたが、仕事を始めると体に適度な緊張感が走ってむしろ調子が良いですね。

理解を深めようと論文を読んだが、どうやら既知の手法で解決できる問題にしか適用できないようで、きょうは理解が深まらなかった。(そういう日もある。)

でしょほめてね、ってりさが言ってた。(ということにする)

いまこふ語やかるなべ語に出会って、それを読み書きできることは、日本語圏に生まれてよかったなって思うけどね。

英語圏のヒトはあの時間分別なことをやって息抜きできたりするのかと思うと色々考えるわかる…