佳嶋 @kashima_echo@pawoo.net

「君死にたまふことなかれ」Don't Lay Down Your Life 2017年 佳嶋。本当はみどりの日か、憲法記念日に出そうと思いながらも、過ぎてしまい。GW最後の日に。 &death pawoo.net/media/iOWkn0GkltcL8l

mathtod.onlineに入りたいけれど、数学関係者ではない。しかしそっと、覗きたい。数式や数学理論楽しそうです。

クレマチス「ベロニカズチョイス」満開に咲き。八重でフリンジのある、薄墨に紫の入った花が美しい。

「芯を曝け出す」2017年/佳嶋 曝け出し、そのために傷つきました。奪われました。欠けました。置いてきました。捨てました。それでも、ただ1人、立ちます。孤独に。真っ直ぐ。  pawoo.net/media/H_JpbBppRrMP1P 

いただきました。HAL-CON主催者様方々、ありがとうございます。ハヤカワSFマガジン様での扉絵に、ケン・リュウさんのサイン -con -CON pawoo.net/media/nlVN5u-0mwF8Dt

デザインは見てすぐ柳川さんだなと。品の良い、青が印象の本。紙の香りと手触りが良いです

皆川博子さんの「好き」「想い」が詰まった一冊。でも紹介されてる物語、入手できるのかしら?シュウォッブは最近まとめられてるので在庫あれば手に入ります
pawoo.net/media/oGjWhHqeWKbn6e

ほどよく過疎り、居心地が良い。少数という安心感。

ツノカエルの側に、パイソンスネークがいたのですが、お弁当箱サイズのタッパに、水が2/3入れられ。上に穴があいてる。そこに、みっちりパイソン君がはまっていて。居心地良いのか解らないけれど、蛇は満足げではある。

2時間半ほどガーデンセンターで苗を見て。その後ひたすら爬虫類エリアで「ツノカエル」眺めていました。陶磁器のような、宝石のような、オパールのような。ほんとに美しい生きた宝石。金箔を目元と体に散し、雲母纏いキラキラと。何色にも重なるパステルカラーの色が鮮やかで美しく。うっとり

「漠然とした不安に心がささくれる」佳嶋/2017年 薄らと半眼でありのままを見つめ、受け止めて拒絶する。静となるはずが動。穏やかでない。 pawoo.net/media/kKPIxfykanXKLS

角川文庫「新訳 ジキル博士とハイド氏」 スティーヴンソン/訳:田内 志文 装画を描かせて頂きました。大好きな物語。とても嬉しいです。新訳ですので読みやすく、そして長い物語ではないので、ぜひ読んで欲しいと願っております。古典サイエンスミステリー
pawoo.net/media/PDzpoqS8FXRv_Z