Mr.gomi is a user on pawoo.net. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse. If you don't, you can sign up here.
Sign up

Mr.gomi @kaseizin_hanuwa@pawoo.net

Mr.gomi boosted
Mr.gomi boosted
Mr.gomi boosted
Mr.gomi boosted
Mr.gomi boosted
Mr.gomi boosted

  
完成致しました
今回ホワイトは色が浮きそうだったので、使わなかったです

色鉛筆、持っている色ぜんぶ使おうとするからとんでもない色合いになる。

Mr.gomi boosted
Mr.gomi boosted

 人間は極上の楽器だ。
 耳をつんざくような叫びを聞くと、脳がじんと痺れたようになる。恍惚としたあの感覚を覚えてしまったら後戻りはできない。
 この仕事について五年、数え切れない悲鳴を奏でてきた。他ならぬ自分の手で生まれた叫びの、なんと艶やかなことか。
 女の悲鳴はフルートに似ている。高く、いつまでもすっきりとした余韻を残して楽しませてくれる。
 男には深みがあった。普段押さえつけられている分、恐怖に震える声帯は素晴らしい楽器となる。まるで年月と共に深みを増すヴァイオリンの音色のように。
 とりわけ好むのは幼い子の悲鳴だ。ガラスの鈴を転がしたような、雑味のない純粋な叫び。毎日でも聴いていたいと思うが、残念ながら私のもとに子供は少ししか来ない。
 今日も新たな犠牲者が来た。肉体を拘束され、不安げにこちらを見上げている。さて、君たちはどんな声で鳴くのだろう。満面の笑みを浮かべながら、マイクのスイッチを押した。
「お待たせいたしました。サンダージェットコースターまもなくの発射となります。背もたれに背中をつけ、安全バーをしっかりと握ってお楽しみください――」

Mr.gomi boosted

そろそろ落書きじゃないことしたい。