æ€Ĩいでčŋ‘é“ã—ãŸã‚‰čˇ¯åœ°čŖãĢたむろしãĻãŸé‡Žč‰¯ãƒ”ãƒĨエナマゎホãƒŧãƒĒãƒŧクイãƒŗテッドãĢįĩĄãžã‚Œ
「ãģã‚€ã‚‰ãĄã‚ƒã‚“ãŖãĻいうんだâ™Ĩ」
「いい匂いするねâ™Ĩ」
「おうīŧŸãĄã‚‡ãŖと寄り道しãĒいâ™Ĩ」
ã¨ã‹č¨€ã‚ã‚ŒãĻ
キ゚されたりå°ģč§Ļられたりするį”Ÿį˛‹ãŽå—けäŊ“čŗĒ、įœŧ鏡ãģむら。

「あ、あぎæ€Ĩいでぞすからâ€Ļ」ãŖãĻ断ろうとするんだけお「えīŊžãƒ›ãƒŗトãĢīŊžīŧŸã“ãŖãĄã‚ˆã‚Šæ€Ĩぎぎį”¨äē‹ãŖãĻあるかãĒīŊžīŧŸã€
ã¨ã‹č¨€ãŖãĻčŠąãŽæĩã‚Œã‚’過る上ãĢ下半čēĢをもãŋããĄã‚ƒãĢするもんだから、
゚トッキãƒŗグぎ上からでもわかるくらいãŗãŖãĄã‚ƒãŗãĄã‚ƒãĢãĒãŖãĄã‚ƒãŖãĻ「す、少しだけãĒらâ™Ĩ」
ã¨ã‹č¨€ãŖãĻčŋ‘くぎ魔æŗ•å°‘åĨŗハッテãƒŗå ´ãĢį§ģ動するãĒりį››ã‚Šã¯ã˜ã‚
「んãĢゃああああâ™Ĩâ™Ĩâ™Ĩ」「やīŊžãŖãąã‚Šâ™Ĩãģã‚€ã‚‰ãĄã‚ƒã‚“ãŖãĻとãŖãĻもえãŖãĄã•ã‚“ã ãŖたんだねīŊžâ™Ĩ」ãŋたいãĒ感じãĢãĒãŖãĻもãŋããĄã‚ƒãĢされるįœŧ鏡ãģむら。

最įĩ‚įš„ãĢ「おうīŧŸãģã‚€ã‚‰ãĄã‚ƒã‚“ã‚‚é­”æŗ•å°‘åĨŗãĢãĒãŖãĄã‚ƒã†īŧŸã™ã”いよâ™Ĩ魔æŗ•å°‘åĨŗãĢãĒãŖたらâ™Ĩ毎æ—Ĩã„ã¤ã§ã‚‚ã“ã†ã„ã†ã“ã¨ã§ããĄã‚ƒã†ã‚ˆâ™Ĩ」īŧˆãąã‚“ãąã‚“ãąã‚“ãŖâ™Ĩīŧ‰
「ãĒã‚Šãžã˛ã‚…ãŖâ™ĨぞãģうしょうじょãĒã‚Šãžã˛ã‚…ãŖâ™Ĩ」ãŋたいãĢãĒãŖãĻã€æˇąå¤œã€é Ŧを上気させた魔æŗ•å°‘åĨŗデビãƒĨãƒŧしたãĻぎįœŧ鏡ãģむらがâ€Ļ。