風間ぼなんざ @k_bona@pawoo.net

マイカルデアアップデート。
残るはホームズのみ。 pawoo.net/media/KQq8qks4Q3fvrK

ココスでお昼食べた後の記憶がひどく曖昧だ……何をしてたか思い出せない。

リンクしとけば良かった…こちらです。

‪くるみ饅頭@BOOTH sprekelia-nazo.booth.pm/

ずっと欲しかったけど、売り切れ続きで中々注文できなかったくるみ饅頭さんのアクリルチャームがようやく手に入れられた。嬉しくて取り出して見つめてはニヤニヤしてる…ふへへ。 pawoo.net/media/1oMJN8WkerWsWI

来年の8月インテに向けて色々企みますね…と逃げ道を塞ぐ作戦(こちらで言ってる時点でまだ覚悟ができていない)

外が暴風雨なのでパソコンつけるか迷うとこです…仕事はしたいが、作業中に落ちることがあると困る。

同人誌は作りたいんですけど、今何も書ける気がしないんですよねえ…あと、1月インテちょっと考えてたけど「絶対出ない」ことにしました。
去年「行きたくねーよー!うわーん!」って言ってた理由が復活してより厄介になったからです。ははは。

8月に…ベオぐだ♀再録出したいなあ…。

【メモ】カルデアのサーヴァントと恋仲になったぐだちゃん。
契約期間(カルデア存続期間)だけ夫婦として過ごすと二人で決め、結婚式を挙げて仮初の新婚生活を行う。
いつか別れると決まっている二人だけど、一緒に居る時は全力で新婚夫婦としての生活を楽しむ。ラブラブと不安と切なさとそういうの全部混ぜたアレにできないか。どうか?

書きたいと思ったら、公開限定でぷらいべったーとかに上げりゃいいのか?などと思うなど。
今、仕事以外の物書きまったくできてないので、なんかしたいなーという気持ちがデカイのかもしれない。

藤丸立香ぐだちゃんとは別で、創作マスターとかも考えてその時の、カルデアレギュラーメンバーも決めてあるんだけどその話は別にどこかでするわけでもないし、話を書く気もない。でも、その人達を選んだ理由も、カルデアに来てくれる理由もちゃんと考えてあるんだ…という与太話。
添付した画像は上記内容からお察しくださいというアレ。 pawoo.net/media/mW2CyvbLxXYojA

「いつも半裸だし、バカンスの時だと水着みたいだよね」
「いや、別に水着じゃねえが…まあ、あんまり変わらねえか」
「ふふふ。今度、何かの機会があったら一緒に泳ごうね」

なんて話していたのに、まさかあんな形でベオウルフに会うなんて思わなかった……裏水着剣豪に続く!!(続きません)

わー。なんかアロハ着てサングラスのおっきい人が……あれ?!ベオウルフ?!みたいな感じでフリーの時に会って二人でデート。

「このシャツはクー・フーリンが用意してくれたんだが…マスターと揃いみたいだな」
「えへへ…そうだねえ。嬉しい」

みたいな話をさせたい。

「いつも同じ格好だし、ちったぁ違う格好もしてみちゃどうだ?流石にカジノに半裸はマズイだろ」
「カジノに行くつもりはねえが…まあ、いいか」
「あんたのガタイじゃ着られるもんが限られそうだな。よし!俺がいいの見繕ってやる」
「わりぃな」

メモ・ベガスでアロハとグラサンのベオウルフに会う話。プロデュース by.クー・フーリン(槍)

ちげーんだよ!そうじゃなくて!!!あー!あー!!ってなることが最近とても多くてしんどい。自分の趣味はつくづく自分向けで、誰かと共有できるもんじゃないなあって…。

自分が見たいものは自分が生み出すしかないんだけど、いかんせん今はそんな余裕がない。仕事テキストあっちもこっちも書いてる中で、趣味テキストまで回す頭がない。精々アニメ見て映画見て漫画読んで、インプットした感情を仕事テキストにぶつけるだけだ。ちょっと最近、趣味の物書きできてなくてしんどいな…。

すまん、諦めてくれって耳元で言われる。
あーもー!最初からそのつもりだったくせにーって一応言ってみると、よくわかってるじゃねえかってニヤっとされる。
そのままベッドに押し倒されて、雑に服脱がされてえっちされる。
ちょっといつもより激しくて強引。
愛撫してから身体ひっくり返して、バックから挿入、フィニッシュ。
終わってからベッドの上で抱きしめて満足気なベオウルフ。
くったりしてるけど、嬉しそうだからいいかーと思う立香。
終わり。

この途中の【ちょっといつもより激しくて強引。
愛撫してから身体ひっくり返して、バックから挿入、フィニッシュ】を曖昧にしとくと、後で自分がしんどいのはわかってるけどメモの時点だといつもこんなもんだ(笑)

メモのようなプロットのようなアレ。

特異点の微小な歪みを調査する為のレイシフト。
調査自体は特に問題なく起こり、エネミーとの戦闘も軽いもの過ぎてみんな物足りない感じ。カルデアに戻ってシミュレーションルームでもいくかーみたいな雰囲気。
そんな会話しながらカルデアに戻って、部屋に帰るとベオウルフが来る。
どうしたの?って思って聞いてみると抱きしめられる。
帰って来てばかりだから色々気になる立香。
ベオウルフは気にせずぐりぐり顔を押し付けて匂いとか嗅いでる。
「あのー、ベオウルフ?」
「悪いな……ちっと高揚感が抑えられねえ」
「はい?!」
あれ、なんで?と思ってたけど、さっき戦闘物足りなかったからかーと気付く。
シミュレーションルーム…とか、と聞いてみるけど離してはくれない。

梅雨明けないと湿度と気圧で体調ぐずぐずに悪くなりすぎてどうしようもならんな。

ちょっとテンション上げる為にエロい話でも書いてやるかー!って夢の中でベオぐだのなんの脈絡もないエロ書いてたみたいなんだけど、起きたら当然ながら何にも残ってないので「あああああああ!!」ってなった。

内容は覚えてるんだよ。レイシフト先から戻って来たベオウルフがマスターの部屋行って、戦闘の高揚感治まらないからえっちするっていうそれだけの話。

アイコン新しくしたいんだけど、今なんも描ける気がせんな。