GIGAスクール構想で全生徒分タブレットが導入された。これは市の備品で、貸与という形になる。
ところがタブレットの耐用年数なんて3年程度。今中1の子たちが卒業する頃には、もう限界が来ているだろう。そうなったら新しいのを買う予算はあるのか……?って話は前からあったんだ。

やっぱ無いらしくて、それ以降は家庭に用意してもらう方針でどうか?と県教委は考え始めたらしい。アホかと。
一冊100円のノートを家庭で買って下さい、とは訳が違うんだぞ。

まあでも、1セット数万の制服や、学校指定の体操服・ジャージを当たり前のように強制購入させてるんだから、いけるのかもわからん

Follow

小中学生が公立学校の授業で使うタブレット端末(数万円と仮定)を各家庭購入物品にするのは……

Sign in to participate in the conversation
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!