「俺は山……ありすだ。アリスったらアリスだ。偽物なんかじゃない。あと綺麗とか言うな。」
「朝といい昼といい夜といい盛やがって。万年発情期の兎かっての!!」
「なに、夢で終わらせるのは惜しくてな。」
「物が語る故物語。我等は語る側であれど、たまには人の語りに触れるのも良いものだな」
二重のオチ

ネタメモc⌒っ゚д゚)っφ メモメモ...

@jun_k_ragi
一振目鶴丸→俺は鶴丸国永だ!!
二振目鶴丸→人間から見た鶴丸国永。ある意味三日月と通ずるところがある

自然に存在していた神性と人の想いが生み出した神性の違い?˘•ω•˘ ).。oஇ

@jun_k_ragi
・弟審神者は審神者になる前に姉審神者の本丸に居候してて、そこの鶴さんに随分世話になってた
・二振目が顕現した時、何故か姉審神者の鶴丸を思い出してショックを受ける(無自覚)
・姉審神者(&鶴丸)、弟が自分の本丸持つ時に鶴丸初期刀に持ってけって話持ってこうとした矢先に初期刀はまんばに決めてると良い笑顔で宣言されて断念した過去有り
・姉審神者の近侍やってる一期は弟審神者の戦術戦略本丸運営の師匠的存在
・姉審神者の初期刀は清光。近侍は一期に譲って本丸内の人間関係の取りまとめみたいな?弟本丸の鶴丸みたいな立ち位置
・姉審神者&その鶴丸&弟審神者、同じ刀剣複数所有出来ない(例外有り)ので姉本丸鶴丸を弟の所に譲渡はない前提
・弟審神者は初期刀まんば、初鍛刀薬研、その次に鍛刀で鶴さん。本丸3トップ
( ˘ω˘ ) スヤァ…

@jun_k_ragi
・三日月は二振目がどういう存在か理解してる
・三日月:二振目を否定する=小狐丸や今剣の存在を否定すると同じ→普通に受入れ何も言わない
・その存在が確定されてる粟田口一門の一期さん、二振目の存在を受け入れ難くて(審神者の影響もあるかも?)三日月に当たったりする
🍓「貴方はアレを鶴丸国永だと言うのか」
🌙「俺がアレを喰えば満足か?」
🍓「ぐっ……」
・一振目鶴丸は何の疑問も持たずに同位体の存在を楽しんでる。同居してる一期の部屋を暫く留守にして二振目と同居。世話焼きまくる
・微妙な存在だと自覚した二振目、写しの隊長に当たったりする
🐥「君は写として確かに存在してるから良いよな」
・審神者の部屋を訪ねた一期、審神者が隊長と三日月に二振目の事を相談してる所に居合わせる
・オチは何も考えてない

とりあえずここまで

@jun_k_ragi
・同じ刀剣が複数存在する本丸も存在する
・違いは審神者の意識の問題。同じ人間が二人存在する事はないと(無意識下でも)許容できないタイプの審神者は複数本顕現出来ない
・姉審神者の所も各刀剣一振しかいないタイプ
・国広隊長のみかんば・いちつるの居る弟本丸
・二振目はうなじの辺りに竜胆のハバキ&鶴の拵えを模したものがある
・一振目は実在の鶴丸国永なので三日月や一期と会ったことある設定
・二振目は鶴丸国永にまつわる逸話(竜胆やら鶴の拵えやら藤森神社の写しやら)や、それに対する人間の想いから形作られた→一期や三日月がどういう存在なのかのデータはあるけど、実際会ったかと言われると???
・FGOの遠坂凛の姿をしたイシュタルみたいな感じ?
・二振目の面倒を嬉々としてみる一振目
・弟審神者、二振目に戸惑う。他の本丸みたく複数振存在する同じ刀剣が来る訳ない……みたいな
・一期、二振目と見て違和感→うなじの竜胆を見てゾッとする

同じ刀剣は複数顕れない本丸にある日顕現した二振目の鶴丸国永設定
pawoo.net/media/LKR4lFjAtmT_hr

🐥『なあこれ、乳首見えてるぞ……』
🍓『大丈夫、問題ありません。これをつけて』
🐥『イヤリング……………いや、これを何処につけろって!?』
🍓『ちゃんと乳首は写らないように撮りますから』

舞台裏でした(・∀・)
pawoo.net/media/eFEGm_4es2TImX

ラギ boosted

誌面の隅っこに小さく載ってザワザワされるやつ。
『え、これtkb見えてね?』
『いや下着の飾り……?』( ;゚д)ザワ(;゚д゚;)ザワ(д゚; )

pawoo.net/media/r55fKM0p9vbyCY

🐥『なあ……これ、下着の撮影だよな……?』
🍓『ええ、勿論ですよ^^』
pawoo.net/media/HDHHF9wV8q_xxD

@jun_k_ragi
最後の最後に『えわ男??いやいやまさか……え、違うよね??』みたいな1枚が掲載されたのを最後に下着モデルを引退、メンズモデルとして再デビューする鶴さんであった( ˘ω˘ )
pawoo.net/media/EzyUhzK6YOrCR9

Show more
Pawoo

Pawoo(パウー)はラッセルが運営するMastodonのインスタンス(サーバー)です。 「創作活動や自由なコミュニケーションを楽しめる場」として、どなたにも幅広く使っていただけます。