Follow

ヴィク勇勇利くんお尻開発 

勇利くんはね、ヴィクトルさんが好きだし、ヴィクトルさんを受け入れたいと思うの。だからエッチするってなったら自分の中に挿れて欲しいなって思うし、そのために頑張ってお尻開発するの。ヴィクトルがいない間にお風呂場でしきりにお尻を弄って、でもヴィクトルの体温が足りなくて、早く挿れて欲しいと思いながら開発していくの。そういう話が書きたい。

Sign in to participate in the conversation
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!