Pinned toot

朝起きたら十年くらい時間が経ってて、十代前半くらいの女の子になっていた男。
目の前には、大人になった娘がいた。
「やっと起きてくれたんだね、お父さん…ううん、もう、お父さんじゃないね。カオリちゃんだね♥」
かつて事故で帰らぬ人となった父。
唯一の肉親を失った娘は、どこかおかしくなってしまったのかもしれない。
魔女と名乗る女と出会った娘は、ある条件と引き換えに父親を娘として産み直す事に成功したのだ。
「さあ、カオリちゃん。ごはんですよ♥」
そう言いながら胸をさらけ出す娘。
娘に突きつけられた条件は、『母乳で育てる事』だった。
娘も最初は乳児期だけだと思っていたが、娘と化した父は、成長しても母乳以外の物を受け付けなかった。そのため、ずっと母乳を与え続けていた。
「最初は困ったけど、今はもう、飲んで貰うのが好きになっちゃった♥さあ、カオリちゃん、恥ずかしがらずに、たぁっぷり、飲んで♥」
実の娘に授乳される。
父親としては受け入れ難い事であったが、身体は空腹で、娘の母乳を求めていた。
(今は娘なんだし、いいよね…)
恐る恐る娘-母の乳房に唇を近付けていくカオリ。
その姿はもう、ただの娘だった。

ある日突然身体が知らない男の子と入れ替わってしまった女子校生。
当初は戸惑うも、男の子が思いの外可愛い顔だったので、試しに女装して出掛けてみたら、女子校生ならではのセンスと中性的で可愛らしい顔が合わさり、誰もが魅力的な女の子のように扱いしてきて、元の自分よりも評判がよくて、ちやほやされるのにハマっていき、元々女性なのに女装沼に沈んでいくお話。

朝起きたら女子校生の身体になっていた男の子。
身体に合わせて高校に向かうと、女子の制服を着た自分がいて、さすがにまずいと思って外へ連れ出したら、紆余曲折あって自分の身体の筆卸しすることになってしまう、ごくありふれたよくあるお話。

憑依能力者の友人の結婚 #TSF妄想 #TSF #憑依 

‪憑依能力を持っており、色々な女の子に憑依しては一緒にエッチなことをしたりしていた悪友が結婚することになったが、相手の女が結婚詐欺師であることに気づいた能力者が悪友には言わずにその女の子に憑依してなりすまして結婚生活を送ることに決めたが、夜のエッチの時にテクや感じ方がいつもの憑依した時と同じだったので悪友にバレるが、よほどのことがあったんだろうと知らないふりをしてくれる悪友‬

桜に取り込まれた慎二が桜の身体を乗っ取る話 

HF2章で桜に○された慎二が桜に取り込まれたあと、桜の自我が失われるタイミングで桜の身体を動かせるような状況になり、それゆえに桜の黒化も止まる。日常が帰ってきたように見えたものの、学校では桜はニヤニヤしながら自分の身体を触ったり観察しており、不審に思った士郎が問いただすと「衛宮ぁ、僕だってまだ気づかないのか?僕が桜に見えるかぁ?まあそうだろうなぁ、ははっ」などと笑う桜。「お前、もしかして慎二!?」「やっと気づいたのかよ衛宮ぁ、鈍いよなあお前って、相変わらず。まぁいいや、変な気持ちだよなぁ……ひひ、自分が散々犯してきた女になるってのはさぁ!」「お前……っ!!」と掴みかかろうとするが寸前で思いとどまる士郎に「なんだよ衛宮ぁ、いつもみたいに胸ぐら掴んでみたらどうなんだ?あぁ桜のことが好きだったもんなぁお前、桜になった僕を殴れるはずないもんな?安心しろよ、桜もお前のことが好きだったみたいだぞ?『記憶を読む』ことができるのも面白いぜ、衛宮と桜はこんなセックスしてたのか、中身が僕でも身体が桜なら衛宮は勃つのかなぁ?」

小学生男子と若いお母さんの入れ替わり 

小学生男子が林間学校前夜に若いお母さんと入れ替わってしまい、お母さんになった男の子がダダをこねるので仕方なく代わりに林間学校に行ったが嫌な予感がして体調悪いということで早めに帰ってきたお母さん(今は小学生男子)が見たのはお父さんとお母さん(中身小学生男子)が絡み合う姿だったのだ。

中学のときTS病で女の子になって、幼馴染の女の子から「あんた女になっても男みたいに貧乳だから大丈夫、男って言っても通用するよ」とからかわれていた頃から数年経って、幼馴染を遥かに超える巨乳にぐんぐん成長してしまったTSっ娘の胸を、高校の修学旅行のお風呂で見ながら悔しがる幼馴染の女の子。

「もうほとんど今は穿いてないもんな……これはもう、要らない」と、大学進学に合わせて今までずっと穿いていたトランクスは全部処分して少しずつ買い揃えていたショーツだけを残すTSっ娘。

レンタルボディバー妄想 

「ういっす、マスター、今日なんかいい身体入ってる?」
「おっ待ってたよ、今日ね、貧乳JKなんていうのが入ったんだよ。いっつも巨乳ばっかりだからたまにはこんなのどうかと思って」
「あ〜普段はあんまし興味ないんだけど……せっかくのマスターのおすすめだしそうしてみようかな」

---

「あっ……♡この娘確かに貧乳だけど性感帯が最ッ高に敏感じゃん♡んんっ♡」
「だろう?その状態でこの組み合わせ……」
「なっ……あんたマスターか?」
「ああそうさ。これは俺からのサービス。そのJKのお母さんは巨乳なんだよ。今日は俺がこの身体に入ってやるから、──ママにたくさん甘えていいのよ……?♡」
「あっ♡貧乳JKボディになって巨乳ママのおっぱい擦り付けられるのめっちゃ気持ちいいっ♡マスター、これ最高の親子丼だ。やっぱりあんた天才だよ」
「今はあなたのママなのよ♡」
「そ、そうだったね♡ママぁ、今度は下の方も……♡」

朝起きたら十年くらい時間が経ってて、十代前半くらいの女の子になっていた男。
目の前には、大人になった娘がいた。
「やっと起きてくれたんだね、お父さん…ううん、もう、お父さんじゃないね。カオリちゃんだね♥」
かつて事故で帰らぬ人となった父。
唯一の肉親を失った娘は、どこかおかしくなってしまったのかもしれない。
魔女と名乗る女と出会った娘は、ある条件と引き換えに父親を娘として産み直す事に成功したのだ。
「さあ、カオリちゃん。ごはんですよ♥」
そう言いながら胸をさらけ出す娘。
娘に突きつけられた条件は、『母乳で育てる事』だった。
娘も最初は乳児期だけだと思っていたが、娘と化した父は、成長しても母乳以外の物を受け付けなかった。そのため、ずっと母乳を与え続けていた。
「最初は困ったけど、今はもう、飲んで貰うのが好きになっちゃった♥さあ、カオリちゃん、恥ずかしがらずに、たぁっぷり、飲んで♥」
実の娘に授乳される。
父親としては受け入れ難い事であったが、身体は空腹で、娘の母乳を求めていた。
(今は娘なんだし、いいよね…)
恐る恐る娘-母の乳房に唇を近付けていくカオリ。
その姿はもう、ただの娘だった。

【発売中】【R18】『魔法少女★すわっぷ!〜新米教師の俺が魔法少女と入れ替わっちゃったら〜』

JK魔法少女と新米男性教師の身体が入れ替わっちゃうえっちなお話です! :yanagiyuu_heart3:

中身男の魔法少女と同級生のJKの女同士?の絡みあり、魔法少女になっちゃって誰も見てなかったら鏡の前でやる事はひとつ……!
皆月ななな原作、孝至さん作画でお送りします!

dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=

tootdon.club

せっかく500文字も書けるので書いてみた。とりあえずここまで。

言い忘れてたけどR15くらいのTSだと思う試し書き 

ゴローの身体が、明らかに小さくなっている!
大柄な男らしい体型だった身体は、小さく華奢な細身に縮んでいく。
肩を抱きしめる手は小さく、細くなった指は簡単に折れそうなほどに頼りなかった。
服はぶかぶかになっていたが、胸元だけは逆にどんどんキツくなっていく。まるで女のおっぱいのように深い谷間を作り上げ、シャツのボタンが弾け飛んだ。
「きゃっ!」
女の悲鳴のような高い声をあげ、胸を隠すように抱くゴロー。
多くの女性を虜にしただろうハンサム顔は、その女性達と同じ、やわらかい表情の顔つきに変わっていた。もはや誰が見ても男だとは思わないだろう。
「あとは、下の方だけ~♥」
青肌女の声に反応し、ゴローは自らの股間に手を伸ばした。
「や、やめ、おれの、おれのち〇こが、ち〇こがぁ!」
女のような手が股間を抑えるが、その手に押しつぶされるように股間の膨らみがなくなっていく。
やがてぺたりと股間に貼りつく手のひら。
「お、おれのち〇こ、なくなっちゃった……」
そう呟くゴローの声は、高いソプラノボイスで、まるで女のような声だ。

ゴローは、女になってしまった!

Show thread

名付けはいつも困る試し書き 

「ごめんごめん。はい、ゴローちゃん♥」
そう言いながら青肌女は自分の翼から羽根を三本毟って、ゴローに手渡した。
「それを投げてね」
「……外したらどうなる?」
「んとね。前に来たお客様のお仲間になるかな?」
ゴローの質問に曖昧な答えを返す青肌女。教える気はないらしい。
「ちっ……いくぞ」
ゴローは舌打ちしながらも、羽根を構え、的へと投げた。
羽根は意外にも真っ直ぐ飛び、的のピンク色に塗られた部分に当たる。
「ピンク!ピンクです!ピンクに当たったゴローちゃんはえっちな女の子になりまぁっす!」
青肌女が高いテンションでとんでもない事を言う。

次の瞬間、ゴローの身体に変化が起きた。
「ぐっ!な、なんだ…」
突然苦しそうな悲鳴をあげたゴローは、自分の肩を抱きしめながら身をよじらせる。
まず最初におきた変化は、髪であった。暗めの茶色に染めた髪が伸びていく。まるで滝が流れるようにまっすぐと腰まで落ちていく髪。その毛根あたりから明るい色調の茶色に染まっていく。
髪の変化に驚いていた俺だったが、よく見ると変化はそれだけではなかった事に気付く。

Show thread
Show more
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!