さすがに心臓が痛すぎてだめ(ただの弱音) 

勝手にパカカラだと思い込んでる一カラの一松くん 

いちづさんちのいちからちゃんは『どちらかが泣かないと出られない部屋』に入ってしまいました。 

えっちなお兄ちゃん萌えるという壁打ち 

一カラ 

一カラ 

アクア 

白書/♡ 

白書 

11月のイベント白書本だすからコピー本も白書のを作ろうかなぁ〜〜〜〜! とあるお方のコピー本で、300ページ越えで和製閉じ、表紙は和紙というものすごい本があるのだ…それをリスペクトして和製閉じコピーをずっと作りたかったんだ…!10月くらいからコツコツ作れば40部くらいは頑張れるんじゃないかな…!?

あまり言ってないけど白書がめちゃくちゃ好きなのよな〜〜〜!大正ロマン最高なんだなぁ〜〜〜〜!素直になれない好きな子はイジメちゃう系いちまつ坊ちゃんと、清貧でうつくしい書生からまつくんよき…(;;)♡ だから愛を込めて白書コピ本作りたいんだな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

午後の戯れ42 

おめざの42 

いちまつくんの重い愛とからまつくんの深い愛でつよいちからで結ばれて欲しい!!

でも、
「あのときはころしてごめん!でも俺お前のこと好きだからどこにもいかないで一生俺のそばにいて!そしてできれば俺のこと愛して!!」
「えっすまない…それは、ちょっと……」
「な゙ん゙で゙だ゙め゙な゙の゙ぉ゙!!!」
「俺はレディのことがすきだし……」
「やだやだ!からまつは俺と結ばれる運命なの!!!!」
「ノーセンキュー」
「やだぁぁぁぁ!!!!!!」
みたいなギャグ調だって可愛いんだからもーーーーっ!ってかんじ… 本家さまがギャグだからシリアスなこと妄想して沈んでもすぐに元気になれる!やったね!つまりいちからちゃんめっちゃすき!!!!!!!!!!ってことです!!!!

1期5話で、いちまつくんがからまつくんにトドメを刺した(ころした)って解釈してるんだけど、ココがすごい萌えなんだなぁ…!!
一度は自分で相手をころしたくせに、いざ相手が手に入ると、「どこにもいかないで。ずっとそばにいて」って痛いくらいに願ういちまつくん。重い重い愛なんだけど、でもその愛はエゴでもあるんだよね。自分が相手を傷つけたのに。ころしたのに。それなのに、今度はどこにも行くななんて!その上自分を愛してくれだなんて!
でもね、そのエゴごとからまつくんはいちまつくんの愛を受け入れちゃうんだ。いちまつくんは一度からまつくんに沈み込んだらもう二度とその深みから抜け出せないけど、それでいいんだよ。だってふたりでいることがふたりの何よりの幸せだからね!

でもね、いちからちゃんは家族設定じゃなくてもすきなのよ 派生しかり いちまつくんとからまつくんが、ふたりでいてくれればそれで幸せなのよ…
といいつつも、本家いちからみを感じられない派生ちゃんもいて、それが苦手でツイッタから遠ざかっちゃうんだなぁ…色々頑張ってミュート設定してるけど文字のキーワードしか拾ってくれないし、〇〇さんがイイネしました!で見えちゃうこともあるしでむずかしー!

私ほど趣味がわかりやすい人ってそうそういないと思う…!
つまり、幼女みたいに無邪気だけど聖母みたいな心の広さがある年上ちゃんと、ちょっとヤンキー気質なツンデレで年上ちゃんを拗らせたジト目が似合う年下ちゃんの組み合わせが最強に好きすぎるんだな…cawaii…cawaii……

Q:人生の中で大好きな3大カップリングを挙げてください
A:いちから、ふとじこ、かすみ姉妹

こっちも全然使ってないな…! 頭のわるいいちから妄想めっちゃ書きたい… 夏の塩分摂取にからまつくんの汗ペロペロしてるいちまつくんとか、急な夕立でからまつくんのエロエロ透け乳首にドキドキするいちまつくんとか、催眠オナニーしようにも夏は暑くてヘッドホンつけるのがちょっと億劫(でもやっぱり催眠オナニーしたいから暑さは我慢する)ないちまつくんとか、夏の暑さに頭がヤられてからまつくんとえっちするためにペニバン買い始めるいちまつくんとか、汗でべしゃべしゃのからまつくんのタンクトップをスーハーしてもぐもぐしながら栄養摂取するいちまつくんとか、サマー仮面と一夏の恋に憧れて頑張ってサマーを貯めるいちまつくんとか、二輪挿しできるぜやったァな猫又いちまつくんとか……

一松「お掃除フェラってロマンですよね」 | いちづ pixiv.net/novel/show.php?id=88
このシリーズすごくくだらないんだけど、この一カラの関係性というか距離感というかあり方が存外に気に入ってるよ、という感じです

一カラ 

Show more
Pawoo

Pawoo(パウー)はラッセルが運営するMastodonのインスタンス(サーバー)です。 「創作活動や自由なコミュニケーションを楽しめる場」として、どなたにも幅広く使っていただけます。