ただのアイス @ice_delicious@pawoo.net

@ice_delicious 表紙の椅子(?)のYUNA側に影が無いのはわざとです。

ショタはショタで好きだけどやっぱりエイジ(鋭二)さんが描きたーい!と原稿の息抜きに漫画描いたり…(?)
エイユナじゃない、でもエイジが出てくる。エイアスでも無いよ(てか描けん)。そうですエイキリです。腐じゃないけど。
以前に言ってた酒に酔ってキリトに絡むエイジさんが見たい〜ってやつを形にしてみた。ついでに『過去の自分を〜』の補完的妄想を。一応pixivとか検索かけたけどまだ無いよね…?どうだろ…R指定ついてるのは見れないようにしてあるからな〜まあそもそもエイキリ自体が少ないみたいだし大丈夫だよね。
既にネームは出来てる。あと結構気に入ってる。あくまで息抜きだから気軽にやりたい。

復習としてサチの話をメモデフで読み返してたんだけど新居買った日にギルド壊滅って相変わらずエグいことするよな〜赤鼻のトナカイの回割と引いてたの思い出した。

飽きもせず両手でお絵描き。
左手でもラフなら遜色ないわ〜と思ってたけどこれ元々(右手)の時点で雑いからじゃね?とかそんな
でもまあ良い顔かけたと思う。清書するなら顔のパーツ拡大縮小再配置不可避だけど。 pawoo.net/media/s9BcYGRm17Wn82

逆ifのイメ絵ちゃんと描いたやつ。
ノチユナはいつもマントしてるから甲冑とかほぼほぼ初めてでやらかしてる。でもそこを見てほしいわけじゃないしセーフ(セーフとは)。
髪の毛は帰還後からずっと切ってない感じが良い。一応口紅してる体で描いてるんだけど失敗。これは反省。正史じゃ見られなかった大人な悠那が見たかったなーと。19歳だしキリトを(色々と)可愛がる大人な悠那さんとか良いですよね。
生足が良かったけどパワス着てる予定だからそれに沿ってタイツに。もっとヤンデレな表情にしたかったな。

黒の成長を見守ることが僕の贖罪みたいな鋭二さんも好き。

鋭二には悠那のことずっと想ってて欲しい。黒との生活する中で『悠那ともこんなことあったな』とか『こんなことがしたかったな』とか。
ただ黒を悠那と見てるわけじゃなくて黒は黒で傍にいてくれる人だから大切に思ってる、みたいな。悠那を過去にするわけじゃないけどでも生きる目的として黒も見ていく、、みたいな?

【傍にいてくれた君へ】
自分が思ってるエイYUNAを描いたやつ。日々思い描いたこうじゃない?ああじゃない?こうかもしれないな?ってのを詰め込みまくった。私の個人的解釈(オーグマー越しに歌声が聞こえるなど)はどれもTLに流したことあるからマメな人は何かそんなこと言ってたな〜って感じるかな?多分
『3万人の前で〜とってもドキドキしない?』ってフレーズが1番に降ってきてYUNA側の話から作ってる。で、それからエイジ側の話作って〜と。
エイジさんの1文『君の夢は叶った』とYUNAの最後の2Pのセリフが全然決まらなくて1ヶ月悩んだ。これでいいのかとずっと悩んだ結果がアレ。満足したって言い聞かせてるからもう読み返したくない。そうすれば良本出せたってずっと思っていられるから。

スパコミ新刊 | スガアイス@新刊通販中 pixiv.net/member_illust.php?il

鋭二さんみたいに後悔ばかりだな…

そもそもβテストに当選してたらFNCの不具合解決してから本番スタート出来たのにな…

重度のFNCで悠那だけSAOに囚われて毎日病院へ見舞に行く鋭二さんめっちゃ見たいな…

悠那を守れなかったことに執着していたらSAOスキャンだけで鋭二さんは救われるわけだけど悠那がいないこの現実が耐えられない鋭二にとって救いにはならないと思う。
スキャンはSAO生存者にとって救い足りえるか?ってことをCC後の鋭二さんに考えてもらいたいし結局のところSAOでの日々も今を作る大切な思い出だったんだとアスナさんの考えにたどり着いてほしい。

オーグマー(AR)の安全性から"有るもの→無いもの"っていうのは無理だと思うけど"無いもの→有るもの"には出来る(というかそれが"拡張現実"なんだけど…)。だからPvPしない限りプレイヤーが存在するかどうかなんて証明できないわけで上手くすればそこにいなくてもOSに参加できる(?)

SAOでは帰れるかどうかずっと不安なんだけどお互いそんな弱い面を見せると怖がらせてしまうからと気を強く持ち続けるんだけど現実世界に戻って顔を見せあった瞬間ホントは不安で不安で仕方なかったんだって抱きしめあって号泣しててほしい。
鋭二さんに生還したことを誇りに思ってほしい。

ナーヴギアが高額だからかそれとも元々欲しいものは小遣いから買いなさいって教育方針だったからなのか。後沢家の家庭事情めっちゃ気になる。人並みには愛されてたとは思うんだけど…結局親権放棄されてる点がな…

"ユナ"が「トップダウン型AIの行きつくところ」って言われるの寂しさがある。トップダウン型の限界…

悠那のあの写真が中学の卒業写真だったから中学鋭二さんは詰襟だし第二ボタンの行方について我々は検討する義務がある。

鋭悠どっちが家事やるか話は悠那が気づかないうちに鋭二さんがやっちゃってる説を挙げる。

ごはん美味しく食べてる鋭二さん見たい…画力高めたい…

悠那を思って苦しむ鋭二を見て、YUNAが悠那の記憶を鋭二から消す話とか良かれと思ったAIと人間との関係が浮き彫りになって良い。