Pinned toot

<固定ツイート2020/1/25現在>
不定期ですが二次創作で活動しています。
いつもは大体アニメの感想を話したりしてます。
最近はポ●モン剣盾、仮●ライダー555、戦隊、Dなどの話題が多いです。長文が多いのでご注意してください。なるべく最新作のネタバレやカップリングなどは伏せてトゥートするようにしてます。

私基本リメイク作品には疑問に思ったことは率直に話す方なんだけどただの誹謗中傷なら話は別だよ。ハンターも旧派だけど新を必要以上に文句言うつもりも無かったな。ただどうして…?って悲しくなることはある。

ルビサファは思い出補正というものもあるんだろうな。でもカガリは旧派だしリメイクのミツルくんは心配になるし新キンセツシティはどうしたんだよ一体って素直に疑問抱いてはいる。リメイクは難しいよなHGSSが奇跡的だったんだよ。

マ●ナビの広告見かけてスタンドバイミーか…と勘違いしてしまった。そういえばマ●ナビのキャラクタードラえもんだった。就活当時なら反応逆だったわ絶対。

セラムンの場合は200話ある分キャラの心情が多いから比較として出すのもあれだけど、亜美ちゃんは真面目すぎて周りとズレてるのがコンプレックスな面が度々あってれたすちゃんもそういうとこありそうだなって

れたすちゃんはいじめから無事に脱却できたっぽいのは良いとして普通に周りに馴染めてるのが突っ込んではいけないけど謎だな。実はコミュ力はそれなりにあって周りに恵まれてなかっただけ?と、漫画にツッコミすぎてもあかんな

ミュウミュウ楽しく見れてるけど個々人のエピソードはこれから増えるのかな?今6話くらいだけどいちごの心情しかわからない状態

あと作者が外国人説上がってるんだけど正直あっそうなんだレベルすぎる。人気になると本当に色々起きるな。作者さんお疲れ様だわ。私はツイッターで無駄なことは話さない作者さんのことが好きだ。

正直作者の別作品見てればあの漫画も普通のほのぼの系じゃないのはわかるだろうし完全に光側の漫画と断言されても何か違う。だからといって主人公を病人とか障がい者だって決めつけられてその解釈が拡散されまくってるのもなんだかなあって感じ。個人的には光あれば闇ありだと思ってるんだがなあ。

わいの好きな作者の漫画がどんどん有名になっていってるのは嬉しい反面読者たちの対立が起きててかなしい。何というかまさか可愛い系のキャラクターで解釈違い論争起きるとは思わなんだ…

その漫画当時買ったの小学生だったし16歳から結婚できるなら大人って思ってたからなあ。今の時代ならアウトだね。いっそ結婚も酒と同じく20歳で統一した方がいいんじゃないかとは思ってる。

恋雨は未読(いつか読みたいとは思う)だけどおじさん側が手を出さないのは知ってる。でも一部のフェミニストはJKとおっさんが並んでるだけで嫌悪感あるらしい。もうそのジャンルの漫画に触れるなとしか言いようがない。JKが16歳の誕生日迎えてずっと好きだった教師と結婚する漫画(昔ちゃおで載ってたやつ)持ってるけどそれよりはドドド健全だろ恋雨は。

今日は猫の日か。ねこ娘、ミュウイチゴ、キュアマカロン👏👏👏

二次創作の超2飯は「れたすさんはあんなに真面目で良い人なのにお前ときたら…元が同じレタスとは思えんな」ってタレを煽る。

昨日描いた別の絵よりもレタスちゃん可愛く描けてる気がするから昨日の線画直すか

おそらく私くらいしか得しないであろうクロスオーバー(ミュウレタスと孫悟飯)

ミュウミュウ5話、いちごカフェで働いてんのにしかも学校も通ってミュウミュウになってその上新体操部に入部って過剰労働で普通死ぬだろww

その小説版なぞらえると悟チチというよりカカチチっぽいんだよね。羅刹女の強気な態度に一目で惚れ込んで結婚してくれって悟空が求婚してくるんだけど羅刹女はふざけんな猿に言われても嬉しくないってガチギレする。これはパラレルワールドのカカチチで見たい。

チチの母親が羅刹女だと思ってたんだけど(原作だと確か牛魔王の妻か愛人だったような)最近はチチ自身が羅刹女説推したい。昔の(どこで出版されたか思い出せない)西遊記の小説版だと悟空が羅刹女に惚れてる描写があるんだよ。惚れてる立ち位置は逆なんだけどこういうの読んだ後だとチチ=羅刹女でも納得できる。性格全然ちゃうけど。

何でこんなにスーパーサイヤ人が自分に響くんやろな…って考えてみたら金髪緑眼じゃん?そりゃ好きになるわ。二次元の推しが大体金髪青眼or緑眼なんだよ。月野うさぎ愛野美奈子ブラックマジシャンガールな??ほらな????

やべ〜セルゲームの師匠とおそろスタイルの悟飯ちゃん描きてえぞ

Show more
Pawoo

Pawoo(パウー)はラッセルが運営するMastodonのインスタンス(サーバー)です。 「創作活動や自由なコミュニケーションを楽しめる場」として、どなたにも幅広く使っていただけます。