病んでる基山正直好きだけど自分で生み出せないから供給待ち🙆‍♀️

基緑はゲロ甘派ですがグラレゼは一方的な糖度低めが好きです。無糖ではないです。エグいこともしてていいよ

伏せられるの神機能すぎん?自分で見なくていいから垂れ流し余裕
もっと皆さんのエグい妄想聞きたいです🙋‍♀️

このあと逃げようとしたことへのお仕置きセッ○スが始まります多分

これでほぼ500文字なんですが、多いようで短いような。書きたいシーンだけ書くならいいサイズ感

怖めなグラレゼの雰囲気文(行為後描写有) 

夜闇に浮かぶ青白い寝顔を、レーゼは息を潜めてジッと窺う。…数分の後、隣に眠るその人が完全に寝入っていると確信すると、今度は起こさぬよう慎重に身を起こす──瞬間、酷使された箇所にズキンと痛みが走った。
「ッ、!」
思わず怯みそうになるのを歯を食いしばって耐え、痛みを堪えて震える爪先を冷たい床の上に降ろす。
とにかく早くこの場から立ち去りたいと、その一心で。
細心の注意を払って抜け出すと、しゃがみ込んだままそっと背後を窺う。その人は先程と変わらない姿勢で、静かな寝息を立てていた。
(今なら…)
ホッと胸を撫で下ろし、床に散乱する服を拾って立ち上がろうとした──その時。
「っ、!?」
手首を掴む強い力。ハッとして振り返れば、血のように赤い髪の隙間から覗く鋭い眼光に射抜かれ、レーゼは見る間に青ざめていく。
拾った服が手から零れ落ち、行為の痕を色濃く残す肌が青白い月明かりに照らし出された。
「…ぁ、…」
喉が張り付いてしまったように息が詰まる。
グランは掴んだ手首を軋むほどに握り締めると、泣きそうに歪んだその顔にゾッとするほど綺麗な笑みを浮かべてみせた。

秘書さんむしろ声高くなってるまであるんだよなぁ
やっぱり社長に抱かれすぎてホルモンバランスおかしくなってる絶対。腰つきとかちょっと丸みが出てる可能性大

☺️ 

緑川くんの薄い陰毛指でさわさわする基山好き
基山より生えてないの若干気にしてる緑川くんはやめろって言うけどやめない

基緑の世界じゃんここ…幸せすぎる

アイドルパロちまちま続けていつか長文にしたいなぁ

公開範囲設定毎回変えなきゃいけないのは怠いな…

きらぴは見た目が不良っぽいからタツヤのが気楽と思ってる緑川くん。実はヤバイのはタツヤの方というオチ

続きは皆さんの妄想通りの感じです
アイドルパロ本にしてくれ〜😭

こんな感じになるんだ
隠れるのはいいけどでかいな😅

基緑のアイドルパロ突発文 

(俺何やってんだろ…)
女性ばかりの長い列の中で、緑川は小さく溜息を吐いた。周囲の期待に満ちた様子とは裏腹に、表情から既に疲れ切っているのが見て取れる。
興味のないアイドルの握手会に半ば無理矢理巻き込まれたのだから、それも当然の反応だが。
(えーと…あっちが吉良ヒロトで、こっちが基山タツヤの列か)
今更ながら案内を見て確認する。
適当に選んだが、どうやら握手をする相手は赤髪の方らしい。
どちらにせよ最近人気が出始めた二人組の男性アイドル、くらいしか知識の無い緑川には大差はないが。強いて言うならこっちの方が気楽ではある。
「次の方どうぞ」
「…!あっはい」
ぼーっとしていた緑川は、スタッフの誘導にハッとしてスペースの中に移動する。
中にいたのは当然だが、先程ステージで見たアイドルの一人。間近で見るとより格好いい立ち姿に思わず感心していると、スッと片手が差し出された。
「今日は来てくれてありがとう」
にこっと向けられる完璧な営業スマイルに、緑川は何とも言えない表情でおずおずとその手を握る。握ってから、どうしようと言葉に詰まった。
(とりあえず何か言わないと…)

Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!