どう使えばいいのかいまだにわかってない、とりあえず数ヶ月前の私は俳優パロが書きたかったことだけわかった

俳優パロが書きたい…ほんとあの、インタヴューとかの光景とかパパラッチされたときのこととか…今まで貯めてきた俳優おっかけの知識をフル装備して俳優パロの生々しいの書きたい…

みたいなお話が読みたい。どうしても零君が日本という国に、自分の行動に疑問を持って立ち止まる話が好き…。
そしてぱうー🐘長めの妄想にいいね。

「いつかヒーローが来て僕の目の前でなにもかもを解決してくれるんだと思ってたころもありましたよ。でも、そんなの現実にはありえないから。だなら、僕は自分がヒーローになるって決めたんです。テレビで見たような正義のヒーローに。けどね……僕がしていることは正義なんでしょうか。僕にとっての正義は誰かにとっての悪で、僕が殺人者を殺せば世間的にはヒーローだ。でも、誰かにとっては父親を殺した悪人なんです。今だって……国のためと言って情報を渡して、人を殺して……僕が憧れたヒーローってなんなんだろう……」
そう言って涙を流す彼を美しいと、とても清らかなものだと思った。そんなことをすべきでないと頭は警鐘を鳴らしているのに、赤井の手は止まることなく降谷の頬をすべり、唇を重ねた。殴られるかと思ったのにいつまで経っても拳は飛んでこず、ただ赤井の行為を受け入れていた。

初めてみたけど使い方わかんない😂

Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!