hanaguro boosted

shairport-syncを利用してのAirPlay、GPD WINのWindows10でiTunes起動してshairport-syncに接続し、Apple Musicの曲を再生している。

GPD WINはUSBの有線LANアダプタを使ってネットに接続。
曲が音飛びすることは滅多になく、iOSとshairport-syncで曲を再生した際と違って接続が切れない事が良い。
GPD WINは小型なので机に置いても邪魔にならない。

数日前に別のWindowsノートで同様にiTunesを使用した際には曲再生中に止まってしまう現象が多発したけれど、GPD WINを使い出した昨日と今日は安定している。
別にGPD WINだから安定しているわけではないと思うけれど。

iTunesの操作はiOSのRemoteアプリを使用している。
Apple Musicの曲はミュージックアプリでライブラリに登録したりしないとRemoteアプリから再生出来ないらしい。
まあ許容範囲かな。

hanaguro boosted

MPDで問題が。

ファイルを削除したはずの曲がクライアント(MPaD、GMPC、ncmpc)に表示されてしまい、データベースを更新しても消えない現象が発生。

lsで見るとちゃんと消えている。

データベースファイルを削除して作り直しても問題解決せず。

試しに音楽ファイルを格納しているハードディスクをfsckしてみたらエラーが出る。
前にもファイルシステムが壊れてフォーマットからやり直した事があったので冷や汗が。

automountしているディスクなんだけれど、automountだと壊れやすいのだろうか?

時間はかかったけれど、今度は修復できた。

データベースを作り直してみたら、削除したファイルの曲が消えてくれた。

hanaguro boosted

96kのハイレゾFLACをffmpegで48kのALACに変換しiTunesに登録した曲をApple Music通して聴いてみた。
自分の耳には、これで充分だと思った。

音の劣化が心配だったけれど、自分の耳で気になる程はしていない。

hanaguro boosted

96kの曲だから44.1kにするより48kにする方が音質的に有利なような気がする。

というわけで、48kに変換し直してからiTunesに登録した。

Apple Musicにアップされて、iOS端末から聴けるようになったみたい。

まだ聴いていないけれど。

hanaguro boosted

moraでTrySail新譜のハイレゾ版を購入。

AppleMusicを聴いている時にも聴きたいなと思い、flacを44.1kのalacに変換するアプリを探すもしっくりくるものが見つからない…と思ったがffmpegで出来そうだと考えつく。

ffmpegなら常時起動しているLinuxサーバで動かせるし都合がいい。

とりあえずカレントディレクトリ以下のflacファイルを44.1kのalacに変換するシェルスクリプトを書いた。

iTunesでAACに変換された上でAppleMusicにアップロードされて聴くことができた。

音質の評価はまだ。

hanaguro boosted

Windows10マシンでiTunes立ち上げてshairport-syncと繋げてAirPlayでApple Musicの楽曲を聴いている。

iOSマシンと比べてshairport-syncとの接続が切れる現象が発生しづらいので良いなと思っていたら、曲の先読みが途中で止まってしまい、再生が先読みに追いつくとそこで再生が止まってしまう現象が多発するように。

Macだともう少し安定するのだろうか。

最近Mac使っていないので、iTunes立ち上げるためだけに起動するのも。

初めてブラウザ(Edge)からpawoo.net開いてみたけれど使いやすいな。iPadで横画面にして開いても同様の表示にしてくれたらいいのに

hanaguro boosted

ototoyだとalacで配信されているの?まさか1度aacにしたのをalacに変換した謎ファイルではないよね? >> 小松未可子 / Blooming Maps - OTOTOY

hanaguro boosted

Mojo購入してから、
NUC(Plamo Linux) - Mojo - P7/N60NC/T1/ATH-AD2000X他
という環境で聴く事が多い。

スピーカー使用時は、
NUC(Plamo Linux) - Mojo - L-305(Main IN) - Minima Vintage 。

Plamo Linuxにshairport-syncをインストールし、Apple Musicの楽曲をiPad Pro 9.7からAirPlayで繋げてMojoで聴いている。
AAC 256kbpsらしいけれど、自分の耳ではこれで満足。

リッピングした楽曲やハイレゾ、DSDはMPDを使用している。
余談だがPlamo Linuxのgccだと最近のMPDはmake出来ず、clangをインストールしてからmakeした。
少し苦労した。

Hugo2が出たらMojoと入れ替えようかと考えているが、幸せになれるかな。

hanaguro boosted

iPad Pro 9.7をiOS10.3.2にしたら、shairport-syncで聴くAirPlayが音飛びしなくなった気がする。
10.3.1だと頻繁に音飛びしていたのだけれど。
他に変わった構成は無いし。

hanaguro boosted

『君の名は。』は5枚組コレクターズ版を買うべき! 4K/HDRの “最高画質” で見る方法、必要なもの t.co/lK44I8f8oz t.co/PdPnATEjPm

プレイヤーがUHD BDに対応するだけでも恩恵が受けられるとか。
先日購入したPS4 Proが対応してないのが本当に残念になってきた。

PS VRでHMDを気に入ってしまったので、PC等専用ではなく普通のプレイヤーで使用できる4K対応のHMDが出ないだろうか。
難しいのかな。

hanaguro boosted

「君の名は。」はUHD BDとやらが付属するエディションにした。でもUHD BDって良く分かっておらず、調べてもいない。4Kが視聴できる環境も無い。

先日購入したPlayStation4 ProがUHD BDに対応してれば良かったのだけれど。

プレイヤーはソニーが4.5万円が販売されるらしいし、そのうち購入しようかな。

所有しているBDP-105(直輸入版)のOPPO Digitalの製品にも興味はあるけれど、OPPO Digital Japanがイマイチ信用できるのかどうか疑問。OPPO Digital本体に不満は無い。

これまた先日購入したPlayStation VR等のHMDも、一般的なプレイヤーで使用できて4Kに対応した製品が欲しいな。
PS VRも今は4Kに対応したらしいけれど、よく分かっていない。

物欲が止まらない…。

hanaguro boosted

Mac用のネイティブなマストドンクライアントアプリは出ないものか、、

hanaguro boosted

羽鳥慎一のモーニングショーのオーディオ用マイ電柱特集、ビデオ録っておけば良かったな

hanaguro boosted

ATH-AD2000XやT1を持っているけど、最近はN60NCを使う時間が多い。ノイズキャンセリングを必要な時間が多いので。他に使うとしてもP7。

N60NCでAKGの音に興味が湧いてきている。特に密閉型のK872に興味がある。けど高い。

HUGO2とK872、買ってみるならどちらが良いかな

hanaguro boosted

HUGOが176,000円か。買ってしまいたくなる。HUGO2はどれくらいの実力になるのかな t.co/L299xFecsS 。自分にはMojoで良いとは思うのだけれど、HUGO2は気になっている。去年はPENTAX K-1を高い金払って買ってしまった。今年はHUGO2を…

mastodonの検索ってアカウントとハッシュタグしかサポートされていないの?

hanaguro boosted

ChordのPolyに興味は有りますが多分買わないと思います。
ポータブル用途でMojoを使用していないこと、NUCのPlamo Linuxのmpdとshairport-syncで間に合っていることなどが理由です。

hanaguro boosted

INTEL NUC( amzn.to/2pgBYEH )のPlamo Linuxをオーディオビジュアル用途に使用しています。
mpdを入れてミュージックサーバーに、shairport-syncを入れてAirPlayレシーバーに、MediaTomb入れてDLNAサーバーにしています。
一時期、Plamo Linuxのカーネルをリアルタイムカーネルにしたりして音質に変化が有るのか試してみたりしましたが、最近はやっていません。
DAC/ヘッドホンアンプとしてChordのMojoを使用しています。
ImpulsoやP-1uも所有していますが、Mojo購入後はほとんど使用していません。
L-305とMinima Vintageという環境も有りますが、実家に引っ越した1月下旬から全く使用していません。

Pawoo

Pawoo(パウー)はラッセルが運営するMastodonのインスタンス(サーバー)です。 「創作活動や自由なコミュニケーションを楽しめる場」として、どなたにも幅広く使っていただけます。