鳩屋 boosted
鳩屋 boosted
鳩屋 boosted

明日から長野です。以上。

Nikkorについては50mm f1.2sしか語れない。

一応は現行品だけど、生きる化石に近い何かを感じる。

開放は使えない、といわれているけど距離によってだいぶ違う。ただ非常に柔らかいので、合焦しててもボケているように感じる。

ボケもまた特徴的で、シーンによっては気持ち悪いくらいの立体感を生み出す。f2-2.8くらいがボケのバランスが良い。

ただし開放でキマったときの1枚目は目ん玉飛び出る。

f4まで絞ると「ん?」ってくらいバキバキに解像し始める。全方位で死角がない感じ。すごい。チクチクするくらいにシャープ。

本当に面白いレンズなのでニコンFマウント使ってる人に1度はぜひ使って欲しい。

@ha_to_ya 追記。逆にコントラスト欲しいときは積極的に使ってもいいかなーってレンズ。

Distagonはピント合わせたところの押しが激しい。
やたらと前に前に出てくる。

あと無機物なんかを写すと、とてもマッチするのでお試しあれ。

岩とか、表面にテクスチャがあるとすんごいリアルに写してくれるレンズ。

Planarは水とか植物とか人物(特に女性)を撮ると独特のコントラストの出方がマッチする。

特に水の表現力はすごい。

ただ、コントラスト高いので明暗差がある場合は使いづらい、というより全く使えないときもあるのでそこ注意。

Sonnarはコントラスト控えめの優等生傾向な印象。あくまで個人的にはね。

フラットに写るからRAW現像・レタッチ前提の人は相性良いかも。他にもコントラスト控えめだから明暗差があってもなんとかなる場合が多い。

つまり失敗しづらいレンズ、とも言える。

ピーカンのSonnar
曇天のPlanar
強調のDistagon

ZEISSレンズを買うときに多少は参考になるかなーならないかなーくらいのアドバイス。

うむ。話にならんな。

鳩屋 boosted
鳩屋 boosted
Show more
Pawoo

Pawoo(パウー)はラッセルが運営するMastodonのインスタンス(サーバー)です。 「創作活動や自由なコミュニケーションを楽しめる場」として、どなたにも幅広く使っていただけます。