なにやらグーグルのサジェストがネタになるとかならないとか…

全長は300メートルを超えます
実は「パナマックス」やら「スエズマックス」などの制約がないためこちらの世界では未だに大艦巨砲主義がのさばっております

防御面では、旧日本海軍の技術者が流れ着いているという設定のため、「大和」やらから装甲板が受け継がれ、最近ではエネルギー兵器を乱反射させて無効化する「対エネルギー乱反射装甲」が新たにつけられています。
なお原理は装甲をザラザラにするだけ。中学生レベルの発送です。

武装に関しては改装がたくさん施されていますが、2連装40センチ砲を主砲とし、さらに船体中央には13センチ砲を4つ、さらにその下には6門の水中魚雷発射管と、若干どころじゃない過剰武装です
副砲は甲板の下にあり、航空機による攻撃を極力防いでいます。なおミサイル
更にVLS、艦橋の後ろには8連装再装填可能型対空ミサイル垂直発射管、その周りを囲うCIWSと、まあ動く火薬庫です

まずは作られた経緯から。
日華、UWと共産主義連合(以降共連)が大戦争、さらに詳しくいうと核戦争が起こったわけです
そこで、敵を見た目で威嚇、更にプロパガンダの道具、最新鋭の設備をぶっこんだチート艦がこの「鶴舞型」です
5隻が建造され、1番艦「鶴舞」はある程度の戦果を残しました。
2番艦「東山」はUWに売り払われ、「ダコタ」という艦名を新たにつけられました。
残りの3隻「伏見」「栄」「熱田」は戦争終結に間に合いませんでした

気分的にアレなんで日華海軍の主力(?)の鶴舞型戦艦について解説しましょうかね

シ「このアカウントはブラウザで動かしてるからまだまだエラーがあるな

グ「不定期のこのコーナーも結構続いてるな」

Show more
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!