今回のコミケでもお若いかた狙って声をかける行為は見かけたので四半世紀以上この業界の青田買いと飼い殺し構造は変わらないのね……

3年も4年も漫画一本も書かしてもらえずネームやって没やってを繰り返していくうちにどんどん精神病むし漫画を完成させないから漫画自体の腕が上達しないし完成することの意義や達成感、世界に向けて発信することの重要さをわからないまま編集・出版社を納得させることだけに固執するようになり漫画の世界が閉じていく。

元々の所属の関係で一般漫画家志望の若い子もいっぱい見るんだけど基本一般漫画目指してるから目が出るのメッチャ遅いしその間に目標見失ってみんな実家帰っちゃったりアシスタント専門になっちゃったりしてるのよね…。でもそういう人たち凄い商業誌にステータスを感じてて商業誌で連載する以外価値なしって子ばっかりなのよね…

商業誌やったことのないピュアな若い人に声をかけて回るのはもう、単純に商業経験ある人は取り扱いが厄介だからなんだろうなーって。何も知らない新人はコントロールしやすい…

艦これ界隈って元々イチソ艦の時雨派は先鋭化されてて気難しい部分だあると思ってるんですけど、ここ最近は藤川艦の夕雲一派が面d…先鋭化されてきている気がする。

まの字はフミカネ艦だから平和ーと思いきや、最近ドイツ艦に手を出しているので一概にはニントモカントモ。でも平和な方だけどネw

まぁ引き続き私なグラーフを描く次第。大鳳さんは創作思考的には地味に詰まっててこれどう打破しようと考えている最中です。
というPawooだしという事で追加の発言をしてみるw

鎮魂の大西洋は私の復帰後最初のイベント戦闘という事で思い入れはかなり強い。
呉に海外艦が集まっている……これは布石だったんだ!

有明の女王と揶揄される鹿島をとにかく良い子に、真面目な子に描きたいのが私の作品ですw

てか一次稿はとっくに出来上がってるんですけどねw

最終更新から1周年となる6月までには続きあげたい。
鹿島が漫画版では結構従順な理由にもなってるんで、ここからが。

伊吹が如何にして渚を越えるのか。んで何故渚を越えないのか。そう言う話なんで。本編。

艦これの新しいサントラ聴いてるんですけど、丁度休眠期だったのでイベント曲に「渚を超えて」という曲名がある事を知らずに小説本編に「渚を越えて」というタイトルを付けた。
イメージはネビル・シュートの小説「渚にて」だったのでw

FANBOX色々と面倒い部分がある。エロ系の人が虎の穴の支援系使ってる理由がちょっと解ったw

伊吹さん作中では19歳なのにお酒飲んじゃうしあれやこれやもあるしなぁ。
その辺も色々言われ始めるとホント面倒い。そこにおける倒錯もやりたい場合は特に。

別に性的コンテンツ公開してないんだけどね、今のところ。

わぁい。こちらすっごい久々!
と言う事でアイコンとか今のモノに適宜更新しておきました。ヘッダはまた後日調整します。

学生時代から創作の根源であるオリジナル作品「電脳天使」を和風に何とかアレンジ出来ないかと模索中。
流石に学生時代の流行で構成された作品を今そのままリブートするのはキツいw

冬コミ?予定の本のネタはある程度まとまりつつ。

しかしながら渚を越えて本編の改訂版は相変わらずどうなることやら的な。

プリンツオイゲン可愛いなぁ。
当初の計画では初月がライバルになる予定だったけどプリンツでもいいかもと思い始めた。

Show more
Pawoo

Pawoo(パウー)はラッセルが運営するMastodonのインスタンス(サーバー)です。 「創作活動や自由なコミュニケーションを楽しめる場」として、どなたにも幅広く使っていただけます。