ディスコ・ゾンビ#104 @discozombie@pawoo.net

このへんはヤンキーのための教育には必要。それがおれらに火の粉のようにかかってきて虚無を感じるだけ。べつに俺らのためだけに公教育があるのではない。ヤンキーの馴致が公教育の大部分

しかしたかふみさんも「B&G スク水」で検索するあたり常にレーダーで見張っているな。

お前がタンクトップに腕を通すとき、俺は必ずどこかでお前を見ている。絶対に忘れるな。

seesaawiki.jp/rokusyaku_aniki/

「B&G スク水」で検索するとプールを汚染するような女装スク水おじさんが出てきて、この人のエキセントリックな思考に難儀してしまうと同時に更新が止まっているのが気になる。

「熊本地震で震災にあった皆さまへお見舞い申し上げます。
政府が指定した物資物流拠点に出向きたいと思います。

その施設でも私の水着姿を見せつけたいです。」

支援物資はいいけど女装の水着姿を見せつけられるのはちょっと…

ウルトラマンや仮面ライダー(初代)に設定なんて無かった。全部後付だし仮面ライダーブラックRXでも「その時ふしぎなことが起こった」の一言だもんな。ついには初代ライダーがウルトラマンと同じくらい巨大化しちゃうもんなぁ。後に仮面ライダーJで巨大化するけど。他にもゴジラに出てくるジェットジャガーも「正義の心に目覚めた」の一言で巨大化する。岡田斗司夫が作った電話帳サイズの設定資料集を「設定なんか要らん!」と言ってゴミ箱に捨てた庵野秀明のようだ。

東大歴史は思考力が必要とかよく言われるけど暗記力一本の有村悠さんが通るんだから、本当はいらねーんじゃねーのとか思ったり

あ_むーって中退した大学のSF研にOBとしてドヤ顔でやってくる印象が。究極超人あ~るの鳥坂先輩みたいやな。

ありむーには生で会ったことがあるぞ

しかし乱暴な男児はほんとうに糞だからな。某フェミが殺すみたいに言ってた気持ちはわかる

今年は頑張ってオリジナルの同人誌作ってコミティアの主張編集部に持ち込むかなぁ。
別に連載漫画家にならんでもスポット的になんか描かせてくれる作家になれたら嬉しいね。

今は東方のweb公開版漫画をグリグリと作ってます。そのネーム。2ページに一度は咲夜さんのパンチラがある漫画にしたいです。

とらのあなで在庫切れの少女発育年次の傾向と展望はboothで買えるぜ。たのむ
yasudajyuku.booth.pm/items/722

花粉が飛んでてキツいんやが、空気清浄機は効くね。3時間くらいフル稼働すれば部屋の花粉はほぼなくなる。ありがたい。

偏見だが女性作家の描くエロマンガは
①女性性器がリアル(リアルすぎて一部男性がひく)
②女性下着もリアル(記号化されていない市販パンツ)
③おっぱいがぞんざい(男性作家が異様な思入れを書きすぎ)
という感じがな

グルメ料理同人誌書いているやつらには負けんからな(え)

森薫のパクリ作家の養分になるような本とか作っているやつにもまけんからな

ニューウェーブ作家の特徴として、漫画の会話のリアリズムを持ち出してきたのが彼らで、漫画の心理吹き出しを無くして、状況説明的なセリフや独り言を無くしてリアルな会話をするように漫画を作っていった。時にそれはわかり易さを犠牲にしていて何をやっているのか解らないという事態を生み出していた。それはカッコいい技法なんだけどそういうリアリズムに則って漫画を描くのは物凄く難しい。映画並の構成力が必要となる。それこそ大友克洋や士郎正宗レベルでないと独りよがりなニューウェーブになってしまう。

山のような資料をかき集めてリサーチしまくって描いてる漫画も沢山あるけど、でもそういう漫画が「アストロ球団」や「キン肉マン」より面白いのか?となると別問題で、漫画がいい加減でも許された時代があって、今の漫画はコロコロのシモネタ漫画も完成された「うんこちんちん」の方程式に則って計算されつくして作られている。漫画がいい加減でも良かった時代は70年代~80年代末までの頃であったと思う。

youtu.be/Qm509gYHAe0

youtu.be/bxZOzPE0MjE

かつてのVHSみたいな滲んだ画質と80年代のシティポップ、心暖まる。
セーラームーンの一場面というチョイスもいい。
こういう平和な時代はもう来ないみたいな悲しさを内包しているのが切ない。

まあ陳腐なアニメもそれはそれで味わいがあって好きなんだけどね、サイコアーマーゴーバリアンとかね。ただそれは個人的なマイナー嗜好で、テレビじゃなくて映画館でやるようないわば大作となるとやっぱりそれなりの物を求めてしまうなぁ。