DIGITAL🔞 @digital001@pawoo.net

眼鏡かけたり髪を編んだり
△4944、5kポリの壁は頑なに守る

大げさな表情とか、目隠れとか

自動瞬きの表情との干渉回避は難しすぎたので、瞬きはやめて瞳の視線追尾のみにして、瞬きの代わりに猫耳が動くようにした。これはこれで良いかも

視線追尾と自動瞬きの設定ができたけど、表情との干渉回避がわからない
目を閉じてるのにさらに閉じようとしてシェイプが崩れてしまう。
いろんなやり方があるようだけどどれも大変そうだ。

Questは手軽でいいけれど、やっぱりPCVRに行きたいなあと思う
デスクトップPCの買い替えなあ…。

アニメーションオーバーライドが適用できなくなってUnityと戦ってる

まだテクスチャ描いてないけどVRCで動作テストしてきた。VRC標準の歩行/走行モーション程度では足がスカートを突き抜ける事は全く無く、座っても大丈夫だった
素体の大半を削除できるので4190ポリまでさらに減った

手は無くなったけど、指のボーンを完全に削除するとBody IKが見失って機能しなくなるようで、関節までは要らないながら各指1本はボーン残す必要があるみたい。

手を隠して、さらなる頂点数削減と指の関節に使ってた30本のボーンも無くせるやんけ、という服

スカート実験②
足のボーンへのウェイト調整だけでこれだけ動けばローポリなら十分使えると思う
小細工として、スカート前側は振り上げる足に追従するためほぼ1.0のウェイトを乗せるけど後ろ側は足以外、下半身のウェイトを20%か30%か、適量残すことで足への追従が鈍くなりいい感じにクシャっとなるポイントがあったりした

後ろ髪をなじませるウェイトの知見を得て、ウェイトのみのロングスカートの実験

Quest版VRCはダイナミックボーンが無いので、後ろ髪のウェイトを上半身に割り当てる事で干渉防止とそれっぽく動くようにした。
ポリゴン黎明期に考えられたテクニックなんだろうけど、1本もボーン使わずそれっぽく動くのは非常に合理的だね。ローポリゴン面白い。
でもやっぱりPCアバターが見えないのは残念

表情はまだ無いけどやっと動いた。
ハンドサインで表情操作って難しそうなので基本微笑み固定でもいいかもしれない。

シェーダーなんもわからん・・
影が無いとローポリ感際立つなあ。
ただ破綻しててもバレにくい利点もある

好きなだけ頂点数増やして作ってみたいと思う反面、5000ポリでまだ改善できるのではとも思う

ローポリならではの、関節部の頂点を可能な限り無くしてしまうやりかたで基本ボーンだけで結構柔軟なポーズ取らせられるようには作った
ただし腕も足も捻りには弱くすぐ破綻する どうするんだろうね

全体で△4984、1マテリアル1テクスチャ(1024) 素体削除なし
ただしボーン数が68本で、目標の66本より2本多かった
素体削除しないとポリ数厳しい以前に服を貫通してくるのが苦労するけど
作業してるうちに色々手直ししたくなるのでそのままにしてある

パーカーと靴を作った
素体削除なしで合計△4996に収めた
素体の不可視部分削除すればもうちょっと服のメッシュも増やせるけどまだ弄れる所がありそうなのでそのまま。