朝、電車で通勤してたら、いつの間にか地元の怖いトンネルを走っていた。

しばらく恐ろしがっていると、2メートルぐらいの人面ミミズ(彼岸島の亡者みたいなヤツ)が突然現れて、襲いかかってきたので、その辺にあったバスターソードで撃退したところ、ミミズの分厚い皮が溶けて、中から大学の先輩が出てきた。

かろうじて意識があるものの、もう人間に戻ることは出来ないらしいその先輩が、か細い声で殺してくれと懇願してきたので、ドブに捨ててきれいに埋めてあげる夢見た。

Show more
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!