綾瀬 @ayasemashiro@pawoo.net

ふるやさんが結婚すると聞いて「失恋で構いません。ただ好きだって伝えたくて」ってK察庁前で言い逃げた名探偵が翌日東都大正門に現れたRX7見て硬直する降新
「アンタ自分がどれだけ目立つか自覚しろよ」「昨日君が僕の職場でやったことを思い出してくれたらそうしてもいいよ――あと、僕も君が好きだ」

ふるやさんに断れない縁談があるせいで絶対に一線を越えない降新とてもSUKI
「オレに傷を残してよ」って懇願する名探偵VS「君は僕のことなんて忘れて幸せに生きるべきだ」って説得する公安エース
出世を犠牲にして見合いを断って戻ってきたふるやさんをずっと待ってる名探偵妄想して仕事乗り切ってる

カフェの黒板みたいなメニューをしゃがみ込んで読んでる降新て尊くないですか
「mix fryって『ミックスふるやさん』みたいだよな」とかゲラゲラ笑い合ったりして「僕にこんな普通の恋ができるとは思わなかったよ」とか目の端の涙拭くふるやさんが明日断れないお見合いに行くことを二人とも知ってる降新

誕生日ケーキ代わりにセブンのサマーポンチにしたナンダカトッテモアムロサントコナンクンポイハイショクニココロヒカレテシマイ
ついでにねんどろちゃんも夏っぽいお洋服にしてみましたふるやさんに麦わらぼうし似合い過ぎてずっと笑ってる t.co/qJOhBlZRLI

ハッピーバースデーわたし(*^^*)
またムダに歳をとってしまったけど毎日降新のことを考えて充実した一年でした
これからの一年もきっとそうなる予感(笑) t.co/iGy2rKbIkS

匂いに敏感な後天性オメガ名探偵による政略結婚降新
お帰りなさいっていつも抱きついては「他の人の匂いがしない」ことに安心してたのにある日帰宅したふるやさんからかすかに香水とオメガの匂いがして浮気だって目の前真っ暗になるけどまだ番ってないから諦めなきゃいけないのかもって絶望する名探偵

既婚匂わせするくどーしんぃちよくないですか
捜査協力した捜一に「お礼にご馳走するよ」とか誘われても「疲れて帰って来ると思うんで…夕食作って待ってたいんで帰ります」って笑う名探偵
「くどーくんが結婚!?」「相手は誰だ!?」とか大騒ぎだとかざみさん経由で聞いた公安エースが帰り支度始める

とりあえず2→1で返しました
上司「今年新しく入ったAさんもこなん好きらしいよ話合うんじゃない?」
あぁうん知ってるでも彼女はお隣の大きい沼にお住まいなので
上司「うちの子も好きだよくどーくんだっけ?早くLANちゃんと結婚して欲しいってさ」
えっくどーくんもうふるやさんと結婚してるからムr

会社のまあまあ偉い人とのLINEにこなんスタンプを送ってしまったピンチ
おまけに上司に「これあむろさんでしょ人気あるんだって?」と気まで遣われてしまったわたしの取る道とは!?
1.「すみません履歴から送ってしまい」
2.「よくご存知ですねすごいです!」
3.「違いますそのひとふるやさんです」←

Wポンコツ
新「あの人の好きな相手ってめっちゃ頭切れる年下らしいんだ。美人だけど男前でいいとこの出身だとか。いくら推理しても分かんねぇけどそんな相手じゃオレなんか勝ち目ねーよな…」

降「彼の思い人は年上で有能で顔がいいそうだ。僕が全力で調べたが分からない…さては余程の手練れか…」

父親の力も使って公安エースが自分と政略結婚するように仕向けた後天性オメガ名探偵が「これで誰かに奪われることはない」って内心大よろこびしてたのに新婚生活始めたふるやさんは堅苦しい敬語だしよそよそしいし挙句に「実は好きな相手がいたらしい」って聞かされて目の前まっくらになる両片思い降新

深夜帯なので唐突な降新ERO
自分がどんだけヤバいことを口走ったか自覚ゼロな名探偵DAISUKI
きっと翌朝起き上がれなくて恥ずかしくて拗ねる名探偵が立てこもってるベッドに朝食運んでくれるスパダリふるやさんまでがデフォ t.co/WwqIjScprL

ふるやさんはきっと「待て」のできるスパダリ
新「あの…今日はダメ、です」
降「――分かった。いいさ、無理強いしたい訳じゃない。もしも今日だけじゃなく永続的にこの関係をやめたいって言うなら」
新「ちが…っそんなこと考えてない!ただオレふるやさんが好きすぎて!」
降「…………は?」
新「だからその、今日シたらオレ…女のコになっちゃいそうで」
降「…正直グッとくるけど大丈夫、君が嫌なら僕は我慢できるから」
新「バーロォちげーよ!」
降「しんいちくん……?」
新「ガマンしなくていいから気をつけて抱けよぉ…!」

周囲の目を盗んでキスする降新っていう浪漫
突入寸前の公安エースから仕掛ける余裕のないキスもおいしいし名探偵が奪うかすめるみたいなキスもとても萌える
うっかり目撃しちゃってヒュゥって口笛ふくAKIさんと恥ずかしがってふるやさんの胸に顔埋めて隠れようとする名探偵と痛む胃を抱えるKZMさん尊い

降新の交際を聞きつけて「騙されとるんや」「弱味握られてるなら盗んでくるぜ?」「父に相談しましょうか」とか言ってたのに「付き合ってなんかない…色仕掛けも泣き落としもダメだった」って聞かされて「俺の親友の何が不満なんや」「脅して来ようか?」「父に相談しましょうか」ってなる3/4組推せる

会議DE現実逃避
Aさん「わーけーしょん(職種的に無理)とかいいですよねー…恋人に会いに東海岸のホテルとか…」
わたし「いいですよねー…恋人に会いに日比谷公園近くのホテルとか…」
通りすがりの上司「おっ、お二人仲良しですねー」
あぁうん脳内登場人物的に決定的に話かみ合ってないですけどね

昨日upした降新で名探偵の胸中考えて深夜に悶えてる
「巣が気に入らなかったのかな」「本当はオレのことなんて好きじゃないのかも」「でもきっともっといい巣を作れば今度こそ最後までシてくれる」って一生懸命巣作りするしんいちくんはふるやさんが隠し撮りした巣の写真を待受にしてることを知らない

「一度でいいんです」って言う名探偵とオメガバ足し合わせ
「項を噛んでくれなんて言いません。思い出にして嫁に行きますから」って懇願した名探偵が無言のまま自宅に連れ帰られたから「脈なしか」って悲しみにくれてたらふるやさんがご両親に「くどーくんを嫁にください」ってハキハキと宣言するやつ

本ばかり読んでると肩が凝るよってマッサージしてくれるふるやさん妄想
きわどいところまで触られて「さては!?」って内心で心の準備したのに最後まで色っぽい展開にならずに終わってしまって「オレってそんなに魅力ないのか」って落ち込む名探偵VS心の中で日本国憲法唱える公安エースはジャスティス

通勤時間にぐつぐつ煮詰まってた降新
甘々な腕枕を書くはずが…妙だな?🤔相変わらず安定の拗らせ両片思いですが久しぶりに降新書けてわたしとてもうれしいです! t.co/jDl2gZCGC1