すごい!誰一人としていない!というか誰もフォローしていませんって出る!フォローしているが!?!?!?

一、二ヶ月程度じゃ気にもしない。半年程度はいつも通り。一年が過ぎた頃にようやく違和感を覚えた。鳴らした十一桁の番号から聞こえてきたのは、妙に耳に心地よい低音なんかじゃなく、機会音声の無機質なアナウンスだ。『現在使われておりません』。二年が過ぎて怒りと諦念が胸の中にわだかまった。三年経って、納得する。
なるほど、俺は捨てられたらしい。

コールタールのようなため息が降谷の爽やかなオレンジ色をした唇から垂れ流されて、その音を聞いた背後の赤井が眉を顰めた。後ろから抱き締めるようにして降谷の戦闘服たるグレースーツのボタンを外していた赤井が、降谷の頬に軽く口付ける。ルージュも佩かない女の唇は清潔だ。ぬるつきもべとつきもしない。無頓着故に些かばかりかさついた荒れ様が肌に引っかかるような場合もあったが、それはそれで赤井を手ずから整える流れに持っていけるので降谷としては悪くなかった。
総じて赤井からもたらされる愛撫は降谷のお気に召すものだったけれども、特に与えられる口付けは好ましく思っていた。愛情を感じる気がするからだ。降谷がそう思っていることを赤井も知っていて、つまり大体において赤井からのキスというのはご機嫌伺いの様相を呈することが多い。今この時も、正しくそのために儀式めいてそれは行われたのである。
マスカラをしなくとも長い女の睫毛が頬を掠め、近付くことで濃くなった赤井の愛飲する煙草の匂いに抱きすくめられる。機嫌を窺うように赤井が不埒な指をボタンから外して上目遣いに降谷を見た。
「どうかしたか」
気分じゃない?密やかな声が問うた。

上は黒で下はピンク。
──どうせなら逆の方がまだよかった。その方が恐らくまだ見栄えがよかった。恐らく。多分。きっと。口惜しさに唇を噛む。
思わず握りしめた手のひらの中で、綺麗に可愛く丁寧に整えた自慢のネイルがきしきしと音を立てて掛けられた負荷に悲鳴を上げている。こんなことするからネイルが剥げるんだ。分かっていても指先から力は抜けない。折角髪もメイクもネイルもスーツもパンプスも頭から爪先まできっちり万全に繕ってあるというのに、そういった美しいテクスチャは予想外の事態に内側からこそ叩き壊されそうだった。
降谷零はいつだって完璧でなくてはいけない。己に課した義務である。意図した隙で親近感を持たせるのであれば話は別だとしても、今この時においてそんな計算は想定の埒外だった。というより、そんな計算など、この女相手に一度でも出来た試しがない。
ああでもだからこそ!降谷はいつだってこの女の前では完璧な自分でありたかったのだ。内面が誤魔化せないからこそ、表面こそ確実に。
赤井秀一の前に立つ降谷零はいつだって完璧に美しくありたかった。だって女はいつだって美しかったから。赤井は不完全でも美しい女であるから!

完全に趣味嗜好すぎる 輪郭線すらぼかしてトーンの削りで表現された白抜きtntnが三度の飯より好きです

僕は完全白抜きtntnが好きです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

愉月さんの安コ、「道交法ーーーーーー!!」って叫んでるページラフの時点から大好きすぎて絶対読みたい

やっぱり好きな解釈を持つ人のかくものなら大概受け入れて読めるから根は雑食なんだよな 受け入れられる解釈がハチャメチャに狭いってだけで

嫉妬する話しか書けんのか?(でも恋愛感情的な意味での嫉妬ってあんまり書かなくない?)(書かないわ!)(いけるで工藤)

「アバズレ」
吐き捨てるような声だった。実際その時の降谷は、秀でた額に嫌悪も顕に深い皺を刻んでいた訳だから、失望と怒りがあったのは間違いがない。​──赤井という、女に対しての。
君も今更俺に失望するようなことがあるのか、と笑みすら零れそうだったから、赤井は努めて口を噤んだ。気付かれないように、息をひそめる。
けれども今赤井の前にいるのは降谷だった。ほかの誰が気付かずとも、そんなものは当然、気付かれる。
寄せた眉根を更に引き絞り、降谷は赤井を睥睨した。無造作に無抵抗にベッドに倒れ込む赤井を観察するように、女王の如き高慢さで赤井の腰を跨ぐようにして乗り上げる。
下眦をなぞるように下瞼をうっそりと撫でる指先に佩かれた薄いピンクが、視界の隅にぼやけて映った。常ならば頭から爪先に至るまで完璧に整えている見目美しい女が、額の端から僅かに崩れた化粧を直しもせずに赤井を睨みつけている。
指先ばかり優しげに、降谷は赤井の乾いた肌を撫でた。その青い瞳の中に轟々と燃え盛る怒りと嫉妬が、赤井を焼き付くさんと機を窺っている。嫉妬。そう、嫉妬である。女は、降谷は、まさしく赤井に怒り、失望して、嫉妬していた。

えっちな話書いてもいい?

ツイッターに人がいなくなってツイ廃悲しい

あむあか♀読みたい……………………………………………………………………

あむあか♀ 

すけべなSS書くの楽しくて原稿が全く進まないのは由々しき事態

ん?pawooも画像複数投稿できるの?

いやあ、楽しいですね寝ましょうね

Show more
Pawoo

Pawoo(パウー)はラッセルが運営するMastodonのインスタンス(サーバー)です。 「創作活動や自由なコミュニケーションを楽しめる場」として、どなたにも幅広く使っていただけます。