Pinned toot
Pinned toot
Pinned toot

フィードをイイ感じに締めちゃったのでpawooに移動しました
コンゴトモヨロシク

徳「君だってモテるじゃない」
司「厄介事に?」
徳「…人にだよ」
司「えっ!?誰々!?誰ですか!?」
徳「教えない」
司「なんでですか!?」
徳「ちょっと考えたら分かるだろ」
司「え〜〜〜…?」
徳「例えば……僕とか」
司「徳田先生にモテるにはまだ色々足りてないので有り得ないです」
徳「…あっそ」
司「でもでもっ!最終的には徳田先生にモテたいです!頑張ります!!」
徳「あぁ、そう!頑張ってね!?」

一生懸命すぎるのも困りものだと思った

Show thread

とくししょ編
司「徳田先生はモテます!」
徳「面倒事にね」
司「そうじゃないです!人に!モテます!!」
徳「僕がモテる訳ないだろ」
司「少なくとも私にはモテてる!」
徳「はいはい、ありがとね」
司「むきー!本気にしてない!!」
徳「…本気にしていいの?」
司「当たり前です!」
徳「そう……有難う」

この人からは一生モテたいと思った

Show thread

河「司書ちゃんだってモテるじゃん!」
司「えぇ…?誰に?」
河「俺に!」
司「お、おれに?」
河「うん!俺にモテてるよ!!」
司「そ、そうなんだ…?」
河「俺にモテモテの司書ちゃんとか俺も嬉しいな!」
司「え?どゆこと??」

とりあえず俺(河東)にモテてる事は分かった

Show thread

へきししょ編
司「河東先生はモテる人ですよね〜」
河「え?そう?」
司「格好良いし、気さくだし。明るくていつもニコニコしてる」
河「あははっ!ありがと!!」
河「けど俺、司書ちゃんにモテればそれでいいからなぁ」
司「司書にだってモテてるに決まってるじゃないですかー!やだー!!」

この人には一生敵わないと思った

Show thread

松「司書さんもモテますよね」
司「誰に?」
松「え"っ?」
司「?」
松「え、えっと……」※文豪から図書館職員から利用者まで幅広くモテてるのを知ってるけど言いたくない
司「…あっ!困ってる人にはよくモテます!それから年配の方とちびちゃん!!」
松「……ですね」

一生無自覚でいて欲しいと思った

Show thread

〜モテる〜
ゆずししょ編
司「松岡先生はモテるタイプですよね〜」
松「え?」
司「格好良いし、優しいし。品があってとっても素敵」
松「あ、有難う御座います…そんなに褒められると照れ臭いですね」
司「何より!全私にモテてます!モテモテです!!」

一生この人にモテようと思った

〜ボードレールroom〜
ボ「なにっ!?仏語が分からない!?世界で一番美しい言語だというのに!?」
ラ「うん。だから今、僕と勉強してるんだ」
ボ「勉強しないと美しさの片端にも触れられないなんてキノドクな事だ!」
ラ「…あの人も兄貴と一緒で勉強家なんだよ」

【やさしい日本語・慣用句の使い方】

ラ「兄貴が仏語を教えてあげればいいのに」
ボ「ノンッ!僕は忙しいんだ!…ランボー、これはどういう意味だい?」
ラ「あぁ、うん。えっと……」

歩み寄り方は人其々、ということで

Show thread

〜ランボーroom〜
ラ「僕が兄貴の詩を?」
司「訳して頂けないかと思いまして…」
ラ「…兄貴はきっと、貴方に一番最初に読んで欲しくてその詩を渡したんだと思う。だから、貴方もそうして欲しい」
司「うぇ〜…?」
ラ「仏語なら教えるから」
司「…よろしくお願いします」
ラ「うん、頑張ろう」

ランボー先生の仏語教室

Show thread

〜談話室〜
坂「ボードレールの新作だぁぁぁ!?」
司「頂いたのは良いんですけど、仏語は読めないので翻訳してくれませんか?あと声が大きいです」
坂「…いくらだ?」
司「売りません」
坂「バッカヤロウ!翻訳代だ!いくら払えばやらせてくれる!?」
司「え?そっち?……ロハで」
坂「おまっ!?おまっ!?あのボードレールの新作だぞ!?もっと出し惜しめ!!」
司「えぇ…?」

一部にはご褒美なんだよなぁ…

Show thread

〜司書室〜
バンッ!
ボ「受け取りたまえ!僕の新作だ!!」
司「はぁ…?」
ボ「君のような悪魔に魅入られたこと!それが僕の美しさの罪!嗚呼、美の女神よ!何故、貴方は僕に美しさを齎したのか!?」
司「よく分かんないですけど元気になって良かったです。よく分かんないけど」
ボ「ふんっ!オカゲサマでね!!」
司「…ひとつ、宜しいですか?」
ボ「何だい!?」
司「”何故与えられるのか?それは与えるに相応しいから。試練も祝福も等しく同じ事”」
ボ「っ!?」
司「ご回復、おめでとうございます。ボードレール先生」
ボ「…君は悪魔より魔女と言うべきなのかもしれないね」
司「ドキッ!」
ボ「悪魔は歓喜しても称賛はしないものさ…アデュー、救いの魔女よ」

コツコツコツ…

司「…びっくりした。バレたのかと思った」
松「ふふ、流石の洞察力としか言い様がありませんね」
司「こわ〜…」

おお、こわいこわい

Show thread

〜補修室〜
ボ「あの女は悪魔だ……ガタガタガタ」
ラ「兄貴…あの人はそんな人じゃ」
ボ「悪魔に決まってる!詩人は狂気と生きてこそなんだ!……だけど、あの悪魔に少しだけ感謝をしてもいい。また詩が書けるのだから」
ラ「…そうだね、兄貴。生きてないと詩は書けないよ」

詩人の大敵・救済の悪魔

Show thread

〜廊下〜
司「これ(荒療治)に懲りてボードレール先生が今後、無理をしないように祈るばかりです」
河「それはどうかな〜?喉元過ぎれば、って言うからね〜」
司「むぅ」
河「けど、心配する人がちゃんといるんだって思い出させてあげるのは大事だよね…司書さんもよく頑張ったね」

ぽんぽんっ

河「お灸を据える役割は結構キツいでしょ?偉い偉い」
司「…じわぁ」
河「俺も気をつけるからさ、司書さんもあんまり無理しちゃ駄目だよ?」
司「あい…ぐすっ」
河「(心を鬼にするのは大変だよな〜……本当に、偉いね)」

鬼にだって心はあるのです

Show thread

司「お待たせしました、ランボー先生。もう大丈夫ですよ」
ラ「本当に…?」
司「本当です。司書は信じなくても良いですけど、ボードレール先生の生命力は信じて下さい。こんな所でくたばるタマじゃないはずです」
ラ「タマ…?…分かった、貴方"も"信じるよ」
司「光栄です。ではでは、次の方が待ってますのでこれで」
ラ「………」

司「フィッツジェラルド先生〜?もう大丈夫ですよ〜。ボードレール先生はこてんぱんに治しましたからね〜」
フ「あぁ、全部聞こえてたよ。親友……Thank you」
司「ユアウェルカムです!」

ラ「…いい人だね」
河「でっしょ〜!いい子なんだ!!…たま〜に怖いけど」

無理は許しません☆

Show thread

〜補修室〜
ボ「贅沢な苦悶だ……これぞ詩人にふさわしい」
司「そいやっさー!」
ボ「ノォォォォォン!?!?!?」

ラ「…あれで治るんだよね?」
河「平気平気!司書さんの腕を信じて!!」
ラ「………」

ボ「き、君……天才になんて仕打ちを…」
司「痛いですか?痛いですね?でも、貴方を心配して待ってる側はもっと痛いです」
ボ「僕を待ってる…?」
司「これは貴方を心配してるランボー先生の痛み」
ボ「はうっ!?」
司「これは貴方を潜書中に守れなかったと落ち込んでるフィッツジェラルド先生の痛み!」
ボ「ひぃっ!?」
司「そしてこれは人様に心配掛けておいて詩人がうんちゃらとか何言ってんの、早く元気になってね!という司書の心配というか八つ当たりの痛みだぁぁぁ!!」
ボ「最後だけちょっと種類が違うじゃないノォォォォォン!?!?」

《補修ガ完了シマシタ》

司「…ふぅ、成し遂げたぜ☆」

今日のお仕事終了☆

へきししょ編
河「〜〜でさっ!のぼさんが〜〜〜」
司「じぃ…」
河「そしたらきよがね〜…あれ?もしも〜し?司書さん?」
司「………」

ちゅ♡

司「う、うばっちゃった?な〜んて…」
河「え?こんなちょっとでいいの?」
司「え?」
河「司書さんは謙虚だね〜…もっと、もらってくれてもいいのに」
司「…え"?」
河「俺の愛、ちゃ〜んと受け止めてね?」

(ぶっ)ちゅうううう!!

Show thread

〜司書から先生にキスを仕掛ける〜ゆずししょ編
松「すー…すー…」
司「じぃ…」
松「(…ん、あれ?寝てた…?)」
司「………」

ちゅ♡

司「な、なんちゃって…?」
司「さ、さ〜てと!?お茶でも淹れよっかな!うんっ!!」

ぱたぱたぱた…

松「……」
松「(あれはちょっとずるいっ!!!)」※おまいう
松「(何も、寝てる時を狙わなくったって………あ)」
松「いつも……僕が先にしてしまうから…」

イグザクトリー☆

司「とっても心強いです!どうもありがとう!!」

司「さすが、私の助手です!松岡先生はやっぱりすごい!!」
松「…光栄です、僕の司書さん」
司「あっ!ごめんなさい!つい勢いで手を握っちゃいました!!」
松「いえ、まだ……どうか、このままで」

ぎゅ

松「必ず、貴女を守ります。僕の大切なヒト」

松「こういう事を言うと怒られるかもしれませんが…ちょっと嬉しかったです。貴女の中で僕の存在って結構大きいんだなぁ、と」
司「あれっ!?楽しんでます!?もしかして楽しんでました!?」
松「少しだけ……あ、でも。ちゃんとヤキモチも焼いてますよ」
司「そうなのっ!?」

そうなの

Show thread

司「皆さん、あんまりどう呼ばれるかって気にしないんですね。ついでに人がどう呼ばれるかも気にしない」
松「(気にしない訳じゃないんだけど黙っておこう…)」
司「…馴れ馴れしいのは良くないかなって思ってたんですけど、そうでもないのかな?どうなんだろう?」
松「そればかりは人によりけり、としか言い様がありませんね。許容する範囲や尺度は人其々ですから」
司「泉先生や萩原先生の件もあるのでちょっと難しいです」※師匠大好き過激派s
松「そ、そうですね…ですが、司書さんが皆に対しての呼び方を変えても、批難をするような人は図書館にはいないと思いますよ」
司「どうして?皆さんがいい人だから?お目溢し?」
松「貴方は決して…」

松「決して、人を軽んずる方ではないと分かっているからです。分かっていないとしたらその方は、貴方という人をきちんと見ていない」

松「…なんて、分かったような口を利いてしまいましたね。すみません、反省します」
司「そんなことないっ!そんなことないです!!」

ぎゅ!

Show thread

*話を(ry*
漱「おや、それは嬉しい相談ですね。勿論、私は構いませんよ」
子「俺の事ものぼさんでいいからな!」
碧「えっ!?自分だけズルいですよ、のぼさん!俺も!俺も碧梧桐でいいからね!!」
虚「張り合うんじゃない、子供か……俺の事も好きに呼んで良いぞ」


寛「俺はカン!ヒロシでもいいけどな!菊池?あんな奴の事は忘れろ!俺はヒロシ・カンだ!!」
直「三十五って呼びにくいか?ショーイチでいいぜ。ショー、は勘弁な」
有「こらこら、アンタ達。そんなに捲し立てたら司書が困るじゃないのさ。いきなりじゃなくていいんだよ。少しずつで…けど、早めに慣れてくれると嬉しいねぇ。あぁ、急かすつもりはなくてね?アンタはアンタのペースで〜〜〜」

司「…私、もしかして大分空気読んでなかった感じですか?」
松「えぇ、と……読んでないといいますか、読み過ぎたといいますか…」

石橋を叩きまくって満足しちゃった感じ

Show thread
Show more
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!