田中太郎@2日目エ19b @__JaiL_Black__@pawoo.net

Pinned Toot
Pinned Toot

とにかく冬コミで新刊出すことを一番に、ほぼ背景描かなくても話が通じるもので攻めました。
R-18がついてはいるけれどほぼエロシーンがないギャグ本です。表紙入れて22ページ。

その他サンプルはpixivへ。
‪https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=66379594‬ pawoo.net/media/o--TRKve7vU74P pawoo.net/media/yfP5odS_32sg3u pawoo.net/media/ytpdTnJ58ljhXT pawoo.net/media/PmErB9hCfmRJn6

Pinned Toot

モブショタ同人誌『Let‘s スクラッチ!』のダウンロード販売を本日開始しました!

digiket.com/work/show/_data/ID

買って() pawoo.net/media/4RKeDOw8qUiyJn

ワンドロでカラー絵ラクガキボクブリちゃん
グラデマップで色遊び

道場で出会った綺麗なおねえさんは男の子だった!?
男の娘×ショ夕のおねショタでありおにショタでもある感じの漫画を描きました。
こちらはショタフェス 開催記念アンソロジーに寄稿致しました!

掲載までまだ日数あるけどこんな感じのおねしょた系のえろ漫画描いた! pawoo.net/media/HUVtsawl_alY-y

カラーのシャーペン芯開発した人マジメガリスペクトっす

下描き用に使ってる水色のシャーペンの芯が凄い勢いで減っていく

みんなもガンダムビルドダイバーズを観ましょう pawoo.net/media/evNL3fF2Hscp15

㊗️ Pawoo1周年 ㊗️
みなさんいつもご利用いただき、本当にありがとうございます!

1周年を記念した【イラスト&トゥート募集企画】を開催中 :pawoo:
ぜひお気軽にご参加ください :pixiv_comic:

⬇️イラスト企画詳細はこちら
pawoo.net/@pixiv/9985107866451

⬇️トゥート企画詳細はこちら
pawoo.net/@pixiv/9985109144588

⬇️Pawoo1年の振り返りはこちら!

脱稿したので新刊サンプルをpixivにアップしました~!よろしくお願いいたします!ショタスクには出ません!!!(汗)しかしなんつータイトル・・・😞
[R-18] ショタフェス2 新刊サンプル | こつむぢ pixiv.net/member_illust.php?mo pawoo.net/media/eu8-iRErpcff-X

1年前、開始初日の深夜はすごかったぞ……
見る人がまだほとんどいなかったから、手や足を晒すようなノリで際どめの顔出し自撮り画像をアップする絵描きさんなどいてな……
翌朝には綺麗さっぱり消えておったが、あれはなかなかアングラ感のある面白い時間じゃった……

2017年4月14日に誕生した「Pawoo(パウー)」
明日でリリース1周年を迎えます!

みなさんいつもご利用いただき、本当にありがとうございます☺️

日頃の感謝の気持ちを込めて【イラスト&トゥート募集企画】を開催します !!

そして...【Pawoo1周年記念企画】 第3️⃣弾!

期間限定で、Pawooの隠し機能を準備中...... :chobi1:
多数のゲームで愛された「あの」コマンドをトゥートすると、 Pawooのローカルタイムラインに異変が・・・!?

【4/14(土) 0時】をお待ちください :pixiv_comic:

サッカーのものや道着もなかなかいい線いってると思うけれども、やっぱり男の子に着せて1番いろいろ楽しめるスポーツのユニフォームはバスケのものであると、そう私は主張するのです。

脇から手を突っ込んだときの乳首のいじりやすさなんか特筆すべきものよね。

高校入学してからほんの数週間だけ、なし崩し的にラグビー部というものに属してしまったことがあったせいであの球技はあまり好きじゃないんだ。

小中とさんざんバスケやってたクソショタコン目線で見たラグビーというスポーツは
・コートが屋外にあるせいで日が当たる
・ユニフォームがゴツくて可愛くない
・地面で手足を擦り剥きがちなせいで地肌が見えても傷だらけであまり嬉しくない
・プレイヤーが日焼けガチムチだらけで視覚が楽しくない
・ボールを前に投げると反則になる
等々旨味がほぼないものでな。

特に最後のボールを前に投げられないルールがあまりにも肌に合わず早々に適当な理由をつけてやめたのである。

ただコートの端から端まで一気にパス繋げてゴールを決められる球技が好きすぎただけともいう。