Show more

漁業権争いのノリで戦争……までいくかはわからんけど一つの要素ではあるかもしれない

味方組とアスタが一緒に漂流してしまって、アスタに食べ物分けて少し仲良くなったりする

敵ロボは怪獣に騎乗状態がデフォ、とかはどう
(この場合騎乗が様になる怪獣を用意して、変すぎる形のやつはたまに出てくるとする)
リンドロボの怪獣はかっこいいとかで…

騎乗とは言ったがドダイとかベクターみたいに上に乗ってるだけでも全然あり
怪獣のしなやかさについてくためにロボもしなやかさ重視の進化を遂げてるかもしれない

ナルノが水泳やってる理由(多分テーマに直結してるやつ)

8.14.17(オキシス、シリシス、クロロス)らはバイオテクノロジーが専門のリッカ博士が自分の遺伝子から作ったデザインベビー
見た目年齢と実年齢が一致してないかも
それぞれ得意分野があるかも
8…なんか戦闘に役立ちそうな、超能力的な何か…(だから一人だけ軍服)
14…頭が良さそう計算できそう
17…アイドル 練習しなくても振り付けが覚えられる(だから運動不足(こじつけ気味))
(全部未定で仮)

リッカ博士がバイオテクノロジーに長けているということは要するに宇宙怪獣(ヴァサージ)についてもなんかやってると思う

宇宙怪獣の繁殖方法は…?
雌雄があるのか、無性生殖なのか、分裂するのか、なんか植え付けるのか、マザーがどっかにあるのか……

↑世界設定の根幹に関わる系な気がするのでゆっくり考える系

やっぱりナルノとリリヤはどこかで一度は喧嘩して離れ離れになって再会して仲直りしてほしい

ナルノかアスタかリンドか誰でもいいんだけどこの3人「に」片想いする側のキャラクターがいていい(そして死ぬ、主人公側としては気持ちに応えられずやりきれない思いをする、など)
いやリンドは普通にパートナーがいてもいいかもしれんけど(アスタのことも気にかけるいい人、もちろん死ぬ)
(ツリーにつなげなおし)

だいたいがストーリーに対して設定を受け持つキャラ、感情(?)を受け持つキャラ、両方持つキャラみたいにわかれてゆくんやろうという感

一人称?
ナルノ→わたしかあたし
リリヤ→私
リンド→俺か私
アスタ→私
下手したらみんな私になってしまう

ナルノが敵陣営との価値観の違いに驚く前半
ナルノが今まで暮らしていた陣営の本当の価値観を知って戦慄する後半
いい落とし所を探る終盤

やっぱり2号ロボ乗り換えイベントは物語の転機なので大事にしたい……

ナルノは何かと無茶をしてはリリヤを(心配から)怒らせている
「リリヤ、その……ごめん」「リリヤ〜〜許して〜〜泣」など

アスタの勢力が本当に一人称ありませんとかになるなら、勢力移って一人称を得る過程でわたしちゃんもあり得るし服を買いに行ったりして衣装チェンジもありえる
(アスタ無限ポン説)

続デザインベビー組

8.14.17(オキシス、シリシス、クロロス)らはバイオテクノロジーが専門のリッカ博士が自分の遺伝子から作ったデザインベビー
見た目年齢と実年齢が一致してないかも
それぞれ得意分野がある
他のナンバーも居ると思うけど女子とは限らない

オキシス(8)…なんか戦闘に役立ちそうな、超能力的な何か…(だから一人だけ軍服)
遠隔操作端末使える系かも(死ぬとしたらこの人)

シリシス(14)…頭が良さそう計算できそうという意味ではリッカ博士に1番似てる
設定世界観周りをナルノに解説する役の可能性がある

クロロス(17)…アイドル 練習しなくても振り付けが覚えられる(だから運動不足(こじつけ気味))
なんかの能力の代償かだいたいいつも眠い
クロロスだけアイドル用の芸名があるかもしれない

シリクロは学校制服着てるけどコスプレかもしれない(博士の趣味)

(全部未定で仮)

ニカイドウ・リッカ博士自身は多分見た目も中身も26歳

縦長になった 

最初宇宙スタート→どっかの星に不時着して、そこにヴァサージの秘密があった、次の戦場はここ、となったときに何かその星に住む古代人じみた人らの生き残りがいたりもするかもしれない

この作品にとっての便利粒子が多分ヴァサージ(の持つ力)という位置付け

前半は、戦艦で漂流まがいな事になりつつもどっかの星にたどり着く、ことになるかと考えていたが、よくよく思い直すと、水泳できたりアイドル活動できるくらいの施設は常にないといけないかもしれない

敵がいない時は泳いでる、戦闘のストレスを振り払うように一心不乱に泳ぐとかしてる
しかしプールつっこめるくらいにあまりに艦がでかいとそれなりに守れる規模の軍隊がいることになって、ナルノが戦わねばならない圧が弱まらんか心配

序盤だけ泳いであとは中盤以降の惑星まで泳ぎ要素はお預けとかもありえる

(日常の頃)不意にどっかの寂れたプールに迷い込んだだリリヤ
そしたら星の光がテラスプールで一人だけ泳いでる女の子がいて……
的な馴れ初めがあったかもとか考えてた
でもそれしたいならプールが物珍しい趣味になるくらいでないといかん

うーんまともに考えるとやっぱり数話だけ水泳させてあとはしばらくお預けか、妥協して戦艦の中に普通にプールがある(即ち他の人も泳いでる)かが妥当なな…

泳ぎが最初の数話だけであとは永遠にお預けとかにならなければいいので地上で泳げばいいと言うのはわりと妥当な落とし所ではある

むしろあらかじめ3博士たちのラボが独立して艦艇になっていて、リッカ博士の区画になんか水槽があってそこに入り浸って泳げる風にするか…

リッカ博士のところにナルノ入り浸ってる方が何かと都合は良さそうではある

戦艦まわりの設備は一年もので言うと下手したら通算半年くらいは使うかもしれんのでわりと間が持つような設定に決めておきたい…
肝心の戦艦の形が全然だが

ナルノらとリッカ博士とデザイナーベビー組とはそれなりに仲良くなっててもらいたい
後々便利そうだから…

ナルリリがなぜかアイドル活動に巻き込まれて一回だけアイドルやらされる回がある

クロロスアイドル活動は、平時は普通に生身でやってるけど、戦艦が母船集団から離脱する運びになって、クロロもついてくるとするならば、しばらくの間は配信のスタイル…… 即ちYouTuberみたいになるということになる

あんまし関係ないけど、期せずして脳内アフレコをホロメンでやってしまう
そのくらいにはホロライブの配信をだいぶ見てきたのかもしれない…

リンドアスタ側も仲間居るんだけど軍人ばかりであんまほのぼのしてない多分

リンアスの仲間をアスタ中心で考えるとほんまにザフトになってしまうのでどちらかと言うとリンド側の年齢頭身に寄った人たちで考えたいいまのところ……

リンアスは座りがわるい
ナルリリの座りの良さがすごい

Follow

ナルリリは巻き込まれ型なのでお話の極序盤は学生やってると考えるのが自然は自然か…

リリヤは敵勢力の姫様で、話の進行でバレになる
本人の認識
①最初からわかっていてその自覚もあって黙っている
②そうらしいと言うことはわかっているが自覚はない
③知らないが、みんなより先行したタイミングで知る
④知らない、みんなと同じタイミングで知る

完全に話の都合なのでなんとも言えないけど勘だけでいうと②か③かな…?
でも本人の人格形成にも関わる話

なんか最低一人付き人(ガンダムWみたいに親を装ってるかも)がいそうだけどいたとしてどんな人か
速攻死ぬかしばらく生きるか

③だと、知ったタイミングで大規模戦闘が発生→考える時間あんまない中、ナルノ側の絶体絶命の危機→敵は姫を探していて、それはもうみんなが知っているが、自分であることは自分しか知ってない→私が姫だから連れて行ってください、その代わりみんなに手を出さないで! 系の身代わりムーブができる

それをリリヤにリークするのは、サイボーグおじたん
何者なんだ誰の手先なんだサイボーグおじたん…

リリヤは偽名なので都合敵に通信傍受されても敵はわからない

姫、支配階層としての根拠にヴァサージについて何かの力を発揮できる立場にあるかもしれない
時折勘の良さみたいなものも出るかもしれない
姫として敵勢力に連れ去られてからは利用される中、両方の立場を知って深く苦悩して云々

ナルノだけでなく、リリヤをも話の主軸に持ってきつつ葛藤をさせたい…

絵的に萌えそうなら能力利用されてる時にブラックリリヤ的なのになるのはあり(なんか色や表情が悪っぽく変わる…?)

宇宙怪獣(ヴァサージ)へのアプローチ
敵→乗ったり飼ったり軍馬的使用
味方→兵器への転用(解体して粒子生成器を作るために必要なレアマテリアルを取り出したりしてる……?)

敵がなんでほっとくと襲ってくる宇宙怪獣をそんな使い方できるかというと多分敵の王(リリヤの親?)がなんかヴァサージを支配できているとかあるのかもしれない
そんなの無い味方側は普通に解体するという

どんなキャラでも弱みというかポンなところをもっていると良いと思っている……
ポンなところをかんがえてみよう

ナルノの初恋の人が敵になってたとかありかなと思ったが
いやしっちゃかめっちゃかになるだけやな…

初恋の人が蒸発したからアンニュイになって一人夜な夜な泳いでいたのか…?

アスタに負けないように他のキャラにもある程度ポンを仕込んでおきたい

Sign in to participate in the conversation
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!