Pinned toot

まだ無題その三 

居間に戻って、
ヘッドフォン使用で録画した番組を見て、
日付が変わった頃に布団を敷いてトイレに行ったついでに、
ふすまをちょっと開けて梨沙ちゃんの様子を確認する。
よく眠っているようだ。
自分も布団に入って。
しばらくスマホでSNSをチェックして、眠りについた。
眠りから覚めると、
カーテンの隙間からの光が射し込んでいる。
腕時計を見ると六時半ば。
十月下旬のこの時間は結構冷える。
急に尿意を感じてトイレに行く。
部屋に戻って、隣の部屋を仕切るふすまをゆっくりと開けた。
あれ?もう起きてるのか。
布団に上半身を起こした状態。
それにしては、様子がちょっとおかしいかな。
「あっ、おじちゃん・・・」
こちらに気づいた。
「おはよう梨沙ちゃん、よく眠れた?」
「・・・・・・」
無言の梨沙ちゃん。
「どうしたの?もしかしておねしょしちゃったのかなぁ?
そんなわけ無いよね、はっはっはっ・・・」
冗談めかして軽いノリで言った。
梨沙ちゃんは小さくコクンとうなずいた。

このオジ×ロリ<(合法)は*まだ*付き合ってない!その1

芽色とおっさん詰め合わせ

仕事中におパンツが何かしらに引っかかったメメちゃん

11月27日発売の一迅社様『生意気なメスガキに大人が負けるわけないだろ!アンソロジーコミック』に漫画をかきました!ゲームでバトルするお話しです!けんぜんなので皆様どうぞよろしくおねがいします~!
amazon.co.jp/dp/4758068291/

「・・・(なんでちらちらこっちを見てるんだろ?」

すっっっっごい好みの絵柄!!
ほかに活動されている方なのかなぁ?
このお名前では検索できないだろうし。

Show more
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!