Pinned toot

サユリ×ヒロキの短編に、シリーズを振りました。
改めてよろしくです*\(^o^)/*

pixiv.net/novel/series/1048551

Pinned toot

ひさしぶりの新作です
ブックマークや感想をお願いします<(_ _)>

シリーズ「さよならの扉」 第一話 上りの物語 pixiv.net/novel/show.php?id=94

のんびりと3月の原稿を書きはじめます

サユリ boosted

【10月号のお知らせ】
つづき。もう明日発売ですね。

ぽんぽんイタイ先生はお久しぶりの登場ですね。
ボーイッシュ太眉ポニテのオレっ娘との汗だくイチャラブな内容になっております。
ぽんぽんイタイ先生は来年2月に初単行本が発売決定です。
もう少し先ですが、楽しみにお待ち下さい!

彦馬ヒロユキ先生はフェアリーピュア第3話。いよいよ最終回ですね。
新たな魔法少女も加わって触手おじさんとの最後の大乱交です。魔法少女ものにふさわしい最終話になっていると思いますよ。

鬼束直先生は7月号掲載の後日談。相変わらずツンツンな妹さんです。
ツンツンしながらもお兄ちゃん大好きって身体に書いてあるのがかわいい紗和ちゃんです。足舐めるに決まってますよね。

akaneshinsha.co.jp/item/13332/

LINEノベル初投稿作品「思い出」
全3話構成のうち、第1話となります
よろしければ、読書時間の足しにしてください(o_ _)o
novel.line.me/r/general/novel/

本日お越しいただいた方々、ありがとうございました

pixivすらうごさなくなって久しいけれども、コミケで頒布する本は完成いたしました!

当日来られる方はよろしくお願いします! pawoo.net/media/ThmpCZt2S5GijD

サユリ boosted

昨晩のワンドロをpixivに投稿しました。 仕草は面白いですよね。癖だったり、表情だったり、サインだったり。
(それより、pixivの仕様が変わって、tweetでの宣伝がしにくくなったぁ!)
思わず手が
pixiv.net/novel/show.php?id=11

サユリ boosted

【6月号のお知らせ】
COMIC LO 2019年6月号は4月20日発売予定です!

まだまだ花粉でお鼻ずびずばな方もいらっしゃる季節ですね。
懐かしい二人組の表紙の6月号です。

GW進行のせいで準備が滞っているので中身の紹介はまたのちほど。

akaneshinsha.co.jp/item/12923/

サユリ boosted

Preliminary sketches for what I hope will be a more elaborate illustration. I dont know the first thing about ballet, but I do want to make a faithful depiction 😊

サユリ boosted

昨晩のワンドロをpixivに投稿しました。四葉が好きになる男の子ってどういうタイプかなぁ?
意地悪な男の子 pixiv.net/novel/show.php?id=10

またね、すこ~しずつ、このアカウントも動かして行きます( ∩ˇωˇ∩)

サユリ boosted
サユリ boosted
サユリ boosted

昨晩のワンドロ作品をpixivに投稿しました。ゆっくりとした日曜日をお過ごしでしたか?私は熱かったです!
田舎で過ごす日曜日 pixiv.net/novel/show.php?id=10

サユリ boosted

新シリーズ「Satellite Children」スタートです!
第1弾はボイジャー1号と2号!
よろしくお願いします(o_ _)o

pixivに投稿しました 暗闇の旅人-ボイジャー1号・2号- pixiv.net/novel/show.php?id=10

新シリーズ「Satellite Children」スタートです!
第1弾はボイジャー1号と2号!
よろしくお願いします(o_ _)o

pixivに投稿しました 暗闇の旅人-ボイジャー1号・2号- pixiv.net/novel/show.php?id=10

サユリ boosted

「ねえ、藤沢くん。バイオリンやりたいの?」
 教室でバイオリンのカタログを見ていたら、サユリが話しかけてきた。
「うん、なんか沢渡がやっているのを見てたら、僕もやりたくなってきた」
「本当!? じゃあ、今度、おじいちゃんの使ってないバイオリン、持ってくるよ」
「いや、悪いよ。そんな大切なもの」
「いいのいいの。でもその代わり、約束して欲しいの」
 サユリが小指をこちらに伸ばす。
「ちゃんと演奏できるようになったら、私と一緒に演奏で欲しいの。私、ずっとそういうことやってみたかったんだ」
 サユリと一緒に曲を演奏する。考えるだけでも、それは僕にとって夢のようなことだった。
「分かった。約束するよ。一緒に演奏しよう」
 彼女にならい、僕も小指を伸ばすが、彼女の指に触れる前に止めた。そんな僕の指を、サユリの指が捕まえに来た。
「ゆびきりげんまん、嘘ついたら針千本のーます!」
 サユリがリズムに合わせて手を揺らす。
 その日から、サユリによるバイオリン教室が始まったのだった。

『指きりをする』『サユリとヒロキ』を描きor書きましょう。

サユリ boosted
サユリ boosted

サユリ×ヒロキの短編に、シリーズを振りました。
改めてよろしくです*\(^o^)/*

pixiv.net/novel/series/1048551

サユリ boosted

昨晩のワンドロをpixivに投稿しました。ポニテで活躍する三葉をもっと書いてみたいなぁ。

お絵かきはポニーテールで
pixiv.net/novel/show.php?id=10

サユリ×ヒロキの短編に、シリーズを振りました。
改めてよろしくです*\(^o^)/*

pixiv.net/novel/series/1048551

Show more
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!