文学評論について私はあまりに無知すぎる。

ノルマや利益のために人に物を売りつけるセールスマンの感情というのはどういうものなのだろう。私には全く他者に思われてならない。

呉服店社長ら逮捕 無許可で多額ローン組ませ着物など販売疑い|NHK 関西のニュース www3.nhk.or.jp/kansai-news/202

“支払いが滞ると、「ローンを返すため、販売員にならないか」と誘われて店で働くようになり、販売のノルマに届かないと、商品を買い取るよう言われたということです。”

着物松葉凄いなぁ……

AERAがバカみたいな表紙なのと、AERAの寄稿者がTwitterで権威を得ているというのとを連関させると意地悪な評し方ができるかもしれない。

@Tetsugatyun 別の問題として、私立の方が教員の質が保証されているという通念が補強されてしまう。

Show thread

テレワークは社員を個人に分離して労組的連帯の機会を与えないようにする労働システムである、というのが左翼的発想だろう。

終身雇用だからいじめ自殺の責任を教師が取らない、という主張が発生すると、教員は公務員でなく契約社員でいい論の挟まれる余地が生まれる。

先月の読書量は既に超えた。
まぁ先月はワクチンがあったのでね……。

エリクソンでいう「親密性v.s.孤立」の段階を生きているのか我。

思想的意見は体系に準じて自動的に導出されるが、その出力機械として人が振る舞う必要はもちろんない。人は個的活動的経験的存在なので、友敵の論理に全的に沿う人生は昔の左翼のぶり返しのようなものである。このような当たり前の分別は敢えて言う必要もない。

享楽のコードを切り換えることは難しいことではない。その事実は自我にとって新鮮な驚きをもたらす。

ある大阪自民党議員が自民党の敗北をメディアの維新推しによるものだと分析していたが、番組ではそれに対しクエスチョンマークをつけ、その後松井代表の意見を流していた。
呆れたものだが、テレビメディアは中立でも何でもないということを当然自覚してなければならない。

ヤンキー性というものは意識したことがほとんどないが、先日若い男性客におすすめの本を教えてくれと言われ、その口ぶりから文学趣味への過度な畏敬が感じられた。こういう人間は大学にもいたが、純粋でまさしくヤンキーなのだ。改めて人は自己への規律を憧れに任せてはならないと強く思ったものだ。

アーケードのある商店街の古本屋は、外に本を出しても日焼けしないのでその点は強みである。

昔の東京五輪の記念写真集、すぐ売れたなぁ。ちょっと欲しかったな。

大河、録画で見てるから金曜にやってるんだろうと勘違いしてたが、日曜なんだな。

うわぁ。馬一つも当たらんかったんやが()

Show more
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!