天界の紳士 is a user on pawoo.net. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse. If you don't, you can sign up here.
Sign up

天界の紳士 @Tenkai_no_Shinshi@pawoo.net

Pinned Toot

もう一枚、pixivにはアップしてない絵を。
だいたいこんな感じのCGを作ってますということで。

Pinned Toot

pawoo.net/media/X1qkRF6hxEbAQo pawoo.net/media/d9NEObK-njNdXm
冠内部をちょこちょこいじっている。設定にはない部分だから凝る必要もないんだけどね。

pawoo.net/media/oG6YsNjNrQJKLC
「ゴースト・イン・ザ・シェル」(2017)
「攻殻機動隊」をハリウッドで実写リメイクした作品。
アニメ版の劣化コピーとかいろいろ不満はあるだろうが、そういうのはお門違いかもしれない。これは日本のファンのためではなく「攻殻」を知らないアメリカ人のための映画だ。
監督は「攻殻」の世界をよく理解していると思う。(ただしアニメ版に限る。原作コミックを知っているかは疑問。)
アニメ版の名シーンを再現し、シリーズのいろいろな要素を盛り込み、日本の作品であることを示し、その上でアメリカ人にも分かりやすいストーリーで再構成する、という点で十分及第点だと思う。
ブレードランナーもどきの背景も世界観をわかりやすく示すには有効だろう。(やりすぎ・しつこいという感はあるが)
たけしの発音もどうせ聞き取れないのだから問題なし。

お絵描き掲示板で描いた素子。(2006年5月制作)

pawoo.net/media/t0I5kjXQIKi9r3 pawoo.net/media/ifnWr608v8fFfk pawoo.net/media/A6yR8ofqtfKS0c pawoo.net/media/1hDz22SkSjNEVk
ホバーパイルダー完成、と言いたいがいずれコクピット内部まで作りたいのでまだ外見だけである。次はマジンガー本体を仕上げなきゃ。今は顔と冠で気になったところをちょこちょこ微修正している。

「メッセージ」(2016)
英語版は「Arrival」、原作短編小説は「あなたの人生の物語」。どれも的確な題で、多様な見方のできる映画ではある。
カール・セーガンの「コンタクト」を彷彿とさせるが、これはもっとコミュニケーションのあり方に焦点を絞った話だ。思考形態が全く異なる相手とどうやって意思疎通を図るか。我々がいかに常識や先入観に囚われているか、それを取り除くのがいかに難しいか。
ネタバレになりそうだが最期の解決方法はちょっとずるいと思う。そういうのカンニングっていわないか?10年前ならもっと高い評価できたかも。
そもそも異星人の言葉が視覚や聴覚を利用したものとも限らないはずだが、まあそこは多めにみよう。
劇中ニュースではアメリカでは民衆がパニックになって暴動や略奪が止まらない状況だが、日本人はそんなことにはならないと信じたい。
ふと思った。日本の習字や印鑑は外人には異星人の文字みたいに見えるかもしれない。
暗いシーンが多くて、明るい部屋で観ると画面がよく見えないのが難点。
あと、異星人の姿がどうしてもタコにしか見えない。ある意味、古典的で正統派ともいえるが。

pawoo.net/media/dqfbum0eXkqShM pawoo.net/media/Lfavsriz_OzIg4 pawoo.net/media/GQvG3XY4kLtpVH pawoo.net/media/nY3ep0v5gD8a1m
毎度のことだが、一度完成したと思っても、一日経つとあちこち直したい箇所が出てくる。
冠の内部をパイルダーがきっちり入るような形状にしてみた。

支部でいいなぁっていう人を見つけて「pawooやってます」を押下した後のトゥートが一個も無いか最初の頃数個で止まってる時の悲しみたるや…

「キングコング骸骨島の巨神」(2017)
2005年にリメイクされたばかりなのに、またやるのは「キングコング対ゴジラ」をやりたいためかと思ったら、実際そのとおりでした。ギャレス版「ゴジラ」(2014)と同じ世界観であることを隠そうともしない。
さすがに同じ物語を繰り返しはせず、コングと骸骨島の設定だけを借りた別の話になっています。ひとつ意外だったのは、時代設定が1973年になっていたこと。アメリカ人にとってはベトナム戦争の時代としてリアリティを感じるんだろうな。1976年版のわずか3年前で、当時はそれが現代版コングだったのが、すっかり歴史上の過去である。
コングのデザインも2005年版よりも人間型に近づいて、親しみやすい。他の怪物も空想度が増して、「怪獣島」と呼ぶにふさわしい。
原住民の描き方も2005年版よりはマシだが、ただそこにいるだけでドラマもセリフもないのが少し物足りない。
悪いのは人間(米軍)であってコングに悪意はないというのがとても分かりやすい。
この30m級コングが2020年に100m級に成長しゴジラと戦うんだろうな、と思ったらラドン・モスラ・キングギドラまで出るらしい。

「パッセンジャー」(2016)
録画したのは12月でようやく観れた。冷凍睡眠で移住先の惑星に向かうというSFとしてよくある設定の中で、独特のドラマが展開する話。
まず宇宙船から独特だ。宇宙戦艦ではありえない「客船」としてのデザイン。一見複雑に見えながらも正面から見ると車輪型になっていて、人工重力を生むための理にかなった形状。内部もふつうは限られた空間を効率よく使用するための機能的なデザインを考えがちだが、逆に広大な空間を贅沢に使った、ショッピングモールのような人間性優先のデザイン。美しいが徹底して無機質なのはラストシーンへの伏線にもなっている。
序盤は主人公ひとりきりで話が進み、登場人物は実質的に4人しかいない。そして、パニックから狂気にいたってもおかしくない状況であくまで理性的に最善の行動を選ぼうとするのは感動的だ。ラストで主人公とヒロインがどうなったかをあえて見せずに観客の想像にまかせているのもいい。
多少ご都合主義的なところもあって、決して傑作だとはいわないが、SFでおこりうる未来をまじめに描いた良作だと思う。

pawoo.net/media/ceMgzux1OW9ilx pawoo.net/media/JEjWgwDtBUVbRZ
ホバーパイルダーひとまず完成。
しかしマジンガーの頭にのせてみたら大きすぎたようなので10%縮小した上で、あちこち修正が必要だ。コクピット内部はマジンガー本体を完成させてからにしよう。

「プリキュア」の最新3週分まとめて観た。最終回で次回作のヒーロー(ヒロイン)が唐突に助けに来るのは、最近の東映ヒーローによくある展開だな。
「宇宙刑事ギャバン」(1982)の最終回に「宇宙刑事シャリバン」(1983)が登場して驚いたこともある。
そしてその嚆矢は「マジンガーZ」(1972)の最終回に登場する「グレートマジンガー」(1974)だろう。
だいたいヒーロー番組がシリーズ化されて次週から新ヒーローに交代するのは「帰ってきたウルトラマン」(1971)→「ウルトラマンA」(1972)が最初だったと思う。
意外なところで「オバケのQ太郎」(1965)の最終話で「パーマン」(1967)が活躍するというのもあったらしいが、調べてみるとオバQは実は最終話ではなく放送枠が変更されて継続していたので、これはちょっと違うか。

昔聞いた噂だけど、四本指キャラや六本指キャラを(気付かずに)描いてしまうと、「それは差別表現である!」とブチ切れて怒りと恨みのクレーム出す変人が居るらしい

pawoo.net/media/Gn7NVCO8lWm9S8 pawoo.net/media/Z75vakpHr5TWNI pawoo.net/media/GM7XYJUw11jC5g
ホバーパイルダーのテンプレート。
下半分が空白なのは、底面を原点に合わせるため。
実際にマジンガーの頭部に乗せたら、また微調整が必要になるかも。

pawoo.net/media/0RTYTO0eT1g2Me
外形はもう一息。
ローターはコスモハウンドの小型ヘリから移植。
あとでコクピット内部まで作りたい。

pawoo.net/media/clng15twniCG34 pawoo.net/media/vbKqTE1fuiarPr pawoo.net/media/oLDLspoQ5NI2i6 pawoo.net/media/-W6JGZDu2gE6fJ
「宇宙戦艦ヤマト・冒険王オリジナル復刻版」
こういう本を43年間待っていたといっても過言ではない。
というのも、冒険王は当時リアルタイムで読んでいて、連載終了後に雑誌から切り抜いて自分で製本していたから。(1枚目)子供のことなので、あまり綺麗な製本とはいえないが。
今回の復刻版では白紙になっているが、連載第1回の表紙の裏は、ヤマトと関係ないコインの広告、第3回の表紙の裏はミクロマンの広告だった。(2枚目)雑誌から切り取るときに失敗して破損が大きい。
また、漫画と並行してアニメ版の記事も毎月載っていた。ただし絵は松本零士ではない。(3枚目)
4枚目は冒険王の表紙用に描かれた古代進。今回の復刻版も含めて、いままでどんな資料にも再録さていないと思う。たぶん。

pawoo.net/media/-9RQPcdyDThvvg
ホバーパイルダーの進捗状況。
機体下部の曲線が難しい。

CDラジカセがCDを読み取ってくれない。クリーニングディスクをかけても効果なし。こいつも壊れたのか・・・困ったもんだ。
CG作りの作業効率にそれなりに影響するのに。

pawoo.net/media/TeE5lzUqD4H9IR
超合金魂の記事からホバーパイルダーのテンプレートを作った。。合体前後で高さと幅のバランスが変わってるのをどうするか・・・