Follow

私、ユーザー数にしてもトゥート数/ユーザー数にしても、多ければ多いほど良いとは思わない。
Twitterみたいな既存の中央集権型ならユーザー数も投稿数も多いに越したことはないんだろうけど、マストドンの場合、分散が前提なんだから、むしろ「どれぐらい分散させるのが一番効率的か」という命題が立つ。みんなお一人様箪笥にするべきかも知れないし、.jpクラスがわんさか立つべきなのかも知れない。
どれぐらいの規模が適切かを知るためにも、快適さや賑わいに関わる指標は多いに越したことはないのは認めるけど、現段階で、仮説的に提示している指標の伸びだけに注目するのは慎重になってほしい。物差しは沢山あるし、今ある物差しが適切なものかわからない。何より、物差しや仮説が独り歩きする程危険なことはない(優性学やルイセンコ農法みたいに)。

少なくとも、私が と言って出してる図表については、そのあたりを差し引いた上で、冷静に見てください。

· · Pawoo · 0 · 9 · 9

@TaiseiMiyahara 関心空間は、毎日全体がみられる規模がちょうどよかった。そっから先の成長設計がうまくいかなかったなあと思う。けっきょく、違うものへとスケールすることは避けられないような。

@psty マストドンの場合、マストドン全体としてスケールが大きくなるのは良いとしても、その基本的なコンセプト上、特定のインスタンスにユーザーや投稿が集中しすぎるのは避けるべきだと思います(集中してしまうとTwitterと変わらない訳で……)。
そこで、インスタンス毎の快適なユーザー数はいかばかりかと。つまり、20万人がトゥートしても大丈夫なインスタンスを1つ用意するのと、10万人対応のインスタンスを2つ用意するの、はたまた1万人定員のインスタンスを10こ用意するのとでは、どれが(マストドン全体・ユーザー・管理人にとって)望ましいのか、といった話です。

Sign in to participate in the conversation
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!