せっかくなのでえっち絵に魔改造してみたドン pawoo.net/media/v_pkAj4S3zwEnJ pawoo.net/media/jkevaSUPUPFrxE

シルビィに敗北したルカは捕らえられ、薄布一枚の姿で牢につながれていた。「ふふふ、神官よ、無様な姿だな」「く…」せめてもの抵抗としてシルビィをにらみ返すルカ。「おや、まだそんな元気があるようだな…それでは残りの薄布も剥がしてやろうか」ルカの下着にシルビィが手をかける。「い、嫌っ…!」 pawoo.net/media/6IoK-A37diF7k3

「だ、だめっ…!それだけは…!」しかし両手両足を拘束されたルカに抗う術はなく、なすがままに下着を剥ぎ取らてしまう。「い、嫌ぁっ…!」ルカは身をよじってなんとか身体を隠そうとするが、鎖につながれた状態ではどうにもならず、その幼さを残す肉体を全て晒しだされてしまうのだった。 pawoo.net/media/cbqAZSKK9AFRQC

Q☆550🔞 @Q550

「ははは、惨めな姿だな、神官よ…!こうしてみるとなかなかかわいらしい身体をしているではないか…!」ルカの小ぶりな胸の、その先端の突起を指で突きながらシルビィが嘲笑う。「うあぁっ…!」敵の目の前で情けない姿にされ、さらに身体を弄ばれてしまう屈辱と羞恥に、ルカの目からは涙がこぼれる pawoo.net/media/NRM9rVhAx7gE0f

· Web · 0 · 1

ルカの身体を弄びながらシルビィは何かを思いつくと口元をゆがめ、一際大きな笑みを浮かべる。「このまま処刑してしまってもいいんだが…せっかくだしお前はリザードマンに好きにさせてしまうというのも良さそうだな」「ひっ…!」シルビィの恐るべき提案に、思わずルカは怯えた表情を浮かべる。 pawoo.net/media/NL7LmPjqVjCOwz

「はははっ…!冗談だ…!しかし、お前の心がけ次第だということを忘れるなよ…!」「うぅ…」もはやルカは恐怖によって屈服させられてしまい、抵抗する意志も失われてしまっていたのだった…。 pawoo.net/media/iKlgHIWXvxHENR

「処刑は三日後だ…!それまでせいぜい、我々に刃向かったことを後悔するのだな…!」一糸まとわぬ姿で鎖につながれた惨めな姿となり、抵抗する意志も折られ、身も心も屈服させられた敗者にそう言い残すと、シルビィは満足気に牢を去っていくのだった…。 pawoo.net/media/XxEur1-75VcjOe