MasagoKazyoshi @MasagoKazyoshi

昭和の初め頃になると流石に、活字印刷における読み方読ませ方が整理されてきたので、色々とそのお約束に従った印刷物が流通したわけだけれど、明治初めの頃なんか句読点の形や大きさすら共通のお約束がなかったから、読む方はとても大変だったろうなと。なにしろ今句点といえば「。」の形であるけれど、活字印刷が始まった明治初頭の頃は「◯」が使われたり「━」だったり、文章一区切り毎に改行するなんて方式もあった(この場合文章のケツには約物が存在しない)。続け字とかは、漢字の場合とカナの場合では使用する約物が違う上に、フレーズの連続する回数によっても形が違うわ、縦組みと横組で形が違うわで、しかもその状況は結構長い間続いた(昭和頃でもそうだった)から、活字を作る日本人はさぞや大変な苦労をしていたのだろう。

· Web · 0 · 0