くろひつじ(黒羊)🎨 @Kurohitsuji

首里城復元に使うべき木材はスギだ。琉球の歴史をひもとけば見えてくる木材事情(田中淳夫) - Y!ニュース news.yahoo.co.jp/byline/tanaka

"現在、大径木材は世界的に枯渇している。それなのに日本では寺社や宮殿、城郭とくに天守閣の復元が盛んで、大径木材集めに狂奔している。奈良の平城宮・大極殿(2010年)にはかろうじて国産のヒノキ材を使えたが、薬師寺の伽藍再建(西塔が1981年)にはタイワンヒノキを使った。そして昨年再建された興福寺の中金堂は、カメルーン産のアフリカケヤキ(アパ)を使用した。

 しかし、今回はさすがに難しい。タイワンヒノキも調達できないだろう。"

· Web · 0 · 0