それに気付いたのは偶然だった。

「おーいノーマンどこだー。ママが呼んで……る、ぞ……」

 大きな木の下に見慣れた白くて丸っこい頭を見つけ、声を掛けようとした。が、出来なかった。
 探していた彼は木陰で幹にもたれ、遠くを見ていた。そよぐ風に短い前髪がふわふわ揺れ額をくすぐっている。静かな面持ちはいつものことだが、その横顔は見慣れぬ色を湛えていた。白磁のようにつるりとした頬にほんのり滲むピンク色。僅かに細められた瞳は眩しいものでも見ているかのように煌めいていた。瞳に閉じ込めたきらきらしたものを零さぬようにゆっくりと瞬きを繰り返している。そうして溜め込んだきらきらしたものが薄っすら開かれた唇から溢れて小さな音を紡いだ。
 
 「────────エマ」
 
  この世のものとは思えぬほど綺麗な音だった。ひっそりと呟かれたこの音が、彼女の耳に届かないのが酷く惜しいと、当事者でもないのにそう思った。風の中にほどけて消えた一つの名前は、自分以外たぶん誰にも届かなかっただろう。それはとても勿体ないことで、同時にこんなに美しいものを独り占めしてしまった幸運と背徳にぞくりと得も言われぬ感覚を覚えた。

帰りたい帰りたい帰りたい帰りたい

明日は休み……明日は休み………明日は休み………………

なんかめちゃだるい…くそねむい……低気圧のせいか???
そこに畳み掛けるように残業確定!!!!
ぬっころ!!!!!

今日何か変な雲出てるなって思ってたらやっぱ地震あったのか

あーーー出張行きたく無さすぎて辛い
平賀のアクキー連れてくか、こめだじじい連れてくか、或いはその両方……両方かな!!。゚(゚´pωq。`)゚。つらい!!行きたくない!!!!

自分用メモ 

殺しても死ななさそうな人が好き

生命は奪えてもその人の「何か」が殺しきれない感じ

本人は死んだけど、残したものは生き続ける、とか

死んだ筈なのにもう居ないのにそこかしこで影がちらつく

その人が残したものでどんでん返しのハッピーエンド?
或いは誰かの生き方が変わる?
死んでしまった以上永遠に越えられないとか?

そうじゃない
生命活動に依らない価値
精神性?結果?

殺すというのはその人を終わらせる事
またはその人の何かを断つという事

生命活動を停止させても尚止められないものに価値を見出している?

やっぱり『殺しても死ななさそう』『生命は奪えても殺しきれない何か』が一番表現としてしっくりくる

そう「死なない」のではなく「死ななさそう」なのがポイント

ビターorハニー? | 有栖 pixiv.net/novel/show.php?id=92

今年は間に合った……!!

王様達のヴァイキングやっぱ面白い。12巻やっと読めたけど超胸アツだー!!次初夏かぁ…遠いなーーー!!!!楽しみ😊

あ、でもゴールデンカ〇イのラッコ鍋(?)はちょっと気になる

あーあったま痛い……くそぅ低気圧め……

何か書きたい欲はあるけど思いつかない( ・᷄ὢ・᷅ )とりあえず書けよって話ですね 萌えあがーっれー!萌えあがーっれー!!

燃料不足ーーー!!!!
本読みたいぃぃ!!!!

久しぶりにこっち来たけど自由度高いなほんと。好きだわー

雨の日って全然集中できない……頭いてー

弓凛
「着いたぞ」
アーチャーは腕に抱えた凛をそっと床に降ろした。所謂お姫様抱っこの状態で、深夜に街の巡回をするのが最近の日課だ。
「ありがとアーチャー」
優雅に立ち上がった凛は、さっとスカートを払うとソファに腰掛けた。
「ふー、今日も異常なし!何も無いのはいい事だけど…備えるだけっていうのも疲れるわね」
小さく苦笑を漏らす凛に微笑みを返し、アーチャーはキッチンへ足を向けた。
「ならば私は紅茶でも淹れるとしよう。君はゆっくりするといい」
「そうするわ。貴方の紅茶はとびきり美味しいんだもの。ご褒美に丁度いいわ」
「お褒めに与り光栄だよ、お姫様」
茶化してみればすぐさま怒りの声が飛んできて、それが心地よく、愛おしい。
茶器の奏でる音がゆったりとリビングに溶けていく。
「美味しかったわ、ありがとう」
そう言ってカップを置くと、給仕に徹していたアーチャーが隣に腰掛けた。重さに沈んだソファにつられ凛の体が傾く。ぽすっと頭を預けた凛は、瞬き三つ。徐にアーチャーの膝に座った。
「うん、座り心地は悪いけど悪くないわ」
悪戯っぽく見上げれば眼前に呆けた顔。さあ、真っ赤になるまであと…
#座る

不適切なコンテンツって表示されるのちょっと笑う

ねむい帰りたいねむい帰りたい

うおぉ……3日ぶりに朝ごはん食べたら気分悪い………

Show more
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!