待避 

ちょっと疲れたー!!!!

DMが果たしてほんとにDMになってるのか不安

02-14-04 

初回のライジングから比べてトド松が正そうとしているところがすごいなと思った。家を出ただけある。
ただ結局四男に押し付けたので自分は痛い目を見たくないところあざとさで推せる。

四男は窮地に立つとどうにでもなれ精神が一番自分の立場が脅かされないところに逃げるところが闇なくて弱い人間の一般的思考なのがたいへん人間ぽくていい。

五男が何も出来ないのは意外だったし自分が出ていくと余計ややこしくなるの指摘されて納得するのすごい自己認識が出来ててすごい。すごい。ただ役には立たない...

長男はその場よければ精神なのに後々自分が不利にならない、面白そうな方向をきっちり把握しているのが怖い。カリスマすぎる。

次男...次男......

02-14-03 

後々この話を弟に持ち出されても
「え?僕あやまったよね?服を畳んできちんとハラキリの姿勢でお前らに全裸土下寝して罰も受けたよね?」って、冤罪に対しては謝るけど自分がダサかったのは理容師のせいにして自分のセンスは疑わないだろう三男が目に見えて怖いキツい危険酷い。

長兄のツートップみ、イヤミ乞食回からほんとどうしたの、付き合ってるのバレバレだよ。その中で次男がいき良く立ち回ってるの最高でしかないしそれをゆるしてる長男の余裕もたいへん美味しい。
やはりカラ松くんはビッチだ

足りなかったタグ追加してもらえてるのありがたい。何をつけて何を外したらいいのかわからないから勉強になるありがたい。

あー思い出し笑い出来ちゃうwwクソダ三男......

02-14-02 

しかし、長兄がどうしてあそこにいたか(セックスしてたんやろ)とか
長男が真相を知ってたかどうか、は一松事変同様に論争起こりそうだけどどっちも楽しめるから楽しい。みんなの話聞かせてほしい。

それより三男だよ三男。あれ素だからやばい

Twittertos投げ失敗したからネタバレはやはりぱうでする...

02-14-01 

しっかり者のチョロ松がそんなことするはずが無いってカラ松から出てくる言葉じゃないだろ、さてはトト子含めて理容室(美容室ではない)で髪染めてるの見て面白がってからかいに行っただろ...

あまりにも次男の設定が激しいもんだから笑って済ますだけのつもりの長男も真顔になるしそれ乗った!ばりに話し合わせただろw

弟に罪を擦り付けてチョロ松を救ったつもりなのかよそれでツートップとか言う次男...酷い。
弟松にその後全裸土下寝しなくちゃいけないの分かってないとするとクズくて萌える

「あの時は助かっただろうチョロまぁつ?」
「は???ふざけないでよ少し間違っただけで茶髪にしたのは間違って無かったし理容室に行ったのが間違いだったんだよ。もう少し髪の長さとか変えればおかしくなんかないし2X年黒髪だったからみんなが見慣れてないだけでしょ。ってかお前のせいで弟達に貸し作ったんだけどどーしてくれんの?」って言いながら弟をわんわんにして突っ込んでる三男が見たいんだよなぁ

やばい、昨日の私にツッコミどころ多過ぎて笑いが起きる。

闇深ぇみたいな事突き詰めてるのは二次創作向けだなあ。
私その路線嫌いじゃないよ。

闇っていうよりは一種のクズなんだよな。基本的におバカでポンコツで、面倒なことはやりたくないけど人に頼られたら嬉しいし、優しいって思われたい兄弟からモテたい。優しい俺かっこいい!!
本人はそんくらいしか考えてねぇんじゃないかな。

まぁとりあえず誰かに聞いてもらおうと思って(そん時たまたまさすがにやりすぎじゃない?って思った三男か、こういう事には参加してこない少し常識人の三男がいたので)話したら練習しようとか言われるし
(やー、別にそういうのではないんだけどな)って思いながらも三男の自己啓発に付き合った。結果面倒がってることは分かってもらえたし(それで扱いが変わるとは断言できない)目先の面倒なことは三男に押し付けられてラッキーハッピーエンドだ!

アニメの考察としてはこれでいいや。
あとの自己解釈は適当に創作に使う。

長男はさ~自分はこうであるべきっていう「おそ松像」を皆の期待と自分の理想(怠惰が許される環境)で上手くまぜこんで立派にやってるよね。なってあげてるというか間ぁそれおれも楽だからやっちゃうよ~!?見たいな緩いけど芯がある感じ。あるでんて~~~~

02-10-01この回想軸はカラ松が総受けですが愛されている事に対して愉悦を感じるのがカラ松という路線です。 世に言うサイコパスな次男の路線です 

ん~、早いうちにまとめなおそ;

Show thread

02-10-11 屋根上と最後の居間(水陸というかカラ松) 

おそ松のモテたい派女性に対してなんだけど(性的な意味でという事)
カラマツノモテたいは兄弟(ひいては世界の人)からって事で、イヤミレースでのリピート発言がタダのポンコツリピートじゃないのかもって思えるようになった。

ポンコツはポンコツなんだ。努力する方向性が間違っているんだ...。
(あと、格好いいの規準は明らかに間違っている。)
頼られて嬉しい気持ちで舞い上がるカラ松は本当に可愛いし良かったねぇって思っちゃうから罪がふけぇよ。

02-10-10 屋根上と最後の居間(水陸というかカラ松) 

後がまを誰がやるって言った時に「自分がやるって言ってるだろう」って言わなかった次男はさ
三男に対して三男に対して義理がたいんだって言われそうだよね。
やさし~~~!確かに優しい。あると思う。でも三男に対しても練習した(してねえけどな)結果「チョロ松の求める断れる俺」って事を体現したかったと思いたい...。
それをすると皆から頼られる(やっぱり面倒事は面倒)

(後ろ姿でどんな顔をしてたのか見えないのが妄想を加速してしまうんだけど)この時どんどん消去法で後釜が絞られていって、このままだとチョロ松に白羽の矢が立つ事がわかったカラ松は面倒事も押し付けられてチョロ松の欲している「断ることのできる自分」も体現できる(チョロ松一人に対して断るのは楽)と思ってにやけてたら、むしろそれを早々に見越して「計画通り...」の顔をしていたらと思うと、最後のイイ物語だったぜぇ、ハッピーエンド(俺にとって、な)が成り立っちゃってんも~~~!カラ松お前ってやつはくずだなぁ~!好きだ~~~!ってなるんだよな。

02-10-09 屋根上と最後の居間(水陸というかカラ松) 

なんか正解を探しているように考えが働いて私の萌えかたってこうだっけ?もっとざっくりしてない?ふわふわしてる中で「こうだったらいいのに~」をもぞもぞ作り上げている感じじゃなかった?
ってなってきて、る。
いや、そういう所から導き出されるものってパワーがあるんだよね。説得力なんだろうけど。
固まった自分論を探そうとしているのは、長い話を描きたいって欲が最近あるからなのかな~
ぶれない軸を持ちたいって思ってしまう。可能な限り自分なりでもいいので分析をして。
なんだこれ解釈厨の始まりか!?
まぁいいや。続かなかったらそれまでだし、それじゃなきゃだめって気持ちは全く持ってないし。

なので続ける。
気が弱いから断れないのは本当
めんどくさがってるのも本当
めんどくさい事を引き受けてストレス抱えるぐらい、カラ松は自分で自分をセーブできなんだよなぁ。
求められている事を引き受けることで「世界で最も優しい俺ェ!」を表現したいのも本当
本音を言っているのはまちがいないんだよなぁ。

カラ松が優しく頼れる人間でありたいという理由に
一番でありたいという気持ちが含まれてるとつらい。

おそ松という一番総取りの人間の真下で影になってきた唐松の心境が産んだ闇。

おそ松にない「頼れる」「兄弟に優しい」を分捕れば、自分はそこで一番になれるんじゃないかって考えるんじゃないかな、単純だから。
でも、そんなものに触れた事がないので、「頼れる・優しい」の本質がわからない。
何か面倒事を代わりにやったら感謝された。そういうことか!とどんどん優しさと頼りになるを履き違えていくんだよ。

自分の面倒を押し殺して代わりにやってやる。すると、もてはやしてくれる兄弟ランキングで一位にもなれる。
それがどんどん膨らんで今のカラ松が形成されていくと考えると心臓が痛いほど不憫でかわいそうでかわいい。

学校からいじめをなくすためにカラ松はカラ松やってんのかよ...いみわかんねぇし、末弟が海外留学の話視点の中の人の事入れてくるの本当、さぁ?????

ほぼ自分の記録なので見苦しい事炉ばっかで申し訳ないあらぶってるんだ赦してw

Show older
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!