雪はまだはやいよ 

「雪!です!ロベルト!」
「この辺り、まだそんな季節じゃ……ああ、あれか。山の上から風に飛んできているってやつ」
「なるほど、言われればダイヤモンドダストに近いのでしょうか……ちらちらと、綺麗ですねぇ」
「変わった気色ではあるが……そう考えたらなんだか寒くなってきた。たしかに風が強いよ……平賀、早く居所に帰ろう。そろそろ夕の祈りの時間だ」
「はぁ、もう少しこの美しい風景をですね」
「風邪を引いたら調査に支障が出るぞ。ほら」
「子どものように手を引こうとしてもその手にはのりません」
「のりませんじゃないよ!?平賀!あっ」
☆☆☆
神父さまがたすごいたのしそー
すごい、元気ねぇ、てっぺん雪にはしゃいでるのかしら
ほうおうさまの所からいらした人たちだよねー?
あっ、黒髪の神父さまがつかまった!
え!?にげた!!
すごーい!ねこちゃんみたい!
すごーい!!
☆☆☆
偉い人たち、毎度ちみっこたちに見られている

Show thread

へいわなよでありますように 

@akasens
平賀は宇宙にいる。比喩だ。厳密には調査の資料を読み漁っており、思考が宇宙のように広く、重力もなく、静謐で、闇と星の瞬きに支配された遠いところへ……ダイブしている。
ロベルトの作ったホットサンドも今回はコールドサンドになりそうで、たまにはと淹れたリョクチャも美しい新緑色が枯れそうであった。
ロベルトの方は現在できることはない。明日以降のフィールドワークで解読した古文書と現地の状態を照らし合わせる予定だ。
何時ものように、ぶつぶつと口のなかで呟いて、紙になにかを神経質に書き起こして、平賀はまだまだ帰って来そうにない。
「君の視界に入りたいなぁ」
思わず時間をもて余したロベルトが口にすると、意外なことに平賀が「えっ?」と顔を上げる。
「えっ?!」
ロベルトの方が瞠目して。
珍しいこともあるものだと、ロベルトは破顔して休憩をすすめた。

Show thread

すう→逮捕です 

平賀警察の朝は早い(???
「どうしましたロベルト」
「ちょっと平賀を補充……」
「はあ、おそらくそれでは私は目減りしませんが……お好きにどうぞ」

新刊の中身が頭でシャッフルされた 

ちゃんとたためたかしら…

ちびひら 

ちびろべは一応ちゃんと抱っこさせてくれるのに、ちびひらはまず危ないところから始まる。ロベお兄さんファイッ

僕はもう疲れたよパト●ッシュ…なんだかとっても眠いんだ…けど平賀さんの行動に振り回されたり苦笑したりしつつも幸せを噛み締めてるロベルトのようなほっこり優しいロベ平本があれば目がぱっちり覚めると思うよ

俺…この戦いが終わったら故郷に帰ってセブンで冷やし中華とシュークリーム買うんだ…

冷やし中華を夢見ながら熱々のうどん食べる

カクヨム!今日の内に前回のおさらいしとかなければ〜

※私は平賀さんは天使のように清らかで芸術品のように美しいと信じております

さりげなく絶滅危惧II類という

安直に平賀さんは清らかに百合かなって思ったけど、可愛い見た目なのに「名前?犬の陰.嚢に似てたからつけました」とか言い出すイヌノフグリでも良い(良くない)

Show more
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!